来院患者数の日による偏りを防ぐ方法

来院患者数の日による偏りを防ぐ方法

「こうなりたい!」と思っている経営者様におすすめ

  • 平日の午前中や、土曜日の午前中への患者集中を解決したい方
  • 午後の診療枠への誘導をより推進させたい方
  • 午後の患者予約が少ない状態をなんとかしたい方
  • 曜日や日による患者数のばらつきを平らにならしたい方

目次

1、患者数が集中してしまうよくある原因

2、時間帯での予約

3、WEB問診活用

4、他の枠への誘導のコツ

レポートの内容

患者がどうしても午前中に集中したり、土曜日に集中してしまうことで、患者数が曜日によってばらついてしまい、仕事がルーティン化できず、忙しい時と閑散としている時の差が激しくなってしまう「あるある」に状態に陥ってしまっている泌尿器科クリニック様は必見!患者数をクリニック側が自然に制御することで、忙しさを制御し、本来やりたかった仕事に着手できるようにされたい方はまずは本レポートをご覧ください。少しの施策で解決するかもしれません。

このレポートを読むメリット

①患者が偏ってしまう原因が分かる

自院がどの原因で偏ってしまっているかをまずは正確に把握しましょう。


②偏ってしまう患者を無理矢理ではなく、自然と誘導する方法が分かる

ちょっとした工夫と、伝え方を変えるだけで患者の来院タイミングは制御できます。本レポートでポイントを押さえてすぐに実施してみましょう!


③予約を上手く活用するための理屈が分かる

予約制度がうまく機能していない場合、患者数の制御は難しいこともあります。予約体制から見直すことで、待ち時間も抑えつつ患者数も管理できます。

ダウンロード特典

【無料経営相談】

1回60分程度の無料個別経営相談を設定させていただいております。

東京本社・大阪本社ではもちろん、オンライン会議でも行うことができるため、全国どこの場所からでも相談可能です。


無料経営相談をぜひお気軽にお申し込みください。

【経営研究会】

経営研究会では、貴社の経営、マーケティング、マネジメントを会員企業様、船井総研と共に進めていく機会を提供します。

初回の無料お試し参加を随時受付けております。

また、初めてご参加する方に現在のお悩みを聞きながら、どう研究会を有意義に利用できるか、その他ご不明な点・ご質問にお答え する機会として、すべての参加者様に事前の30分間の個別事前ガイダンスを実施しております。

この機会に、ぜひご参加ください。

>> 経営研究会について詳しくはこちら
関連する無料ビジネスレポート
関連するセミナー
TOPページへ戻る