認定こども園への移行で、地域に永続する園づくり  ~保育園・幼稚園コンサルティング~


参入条件対象業種私立幼稚園
商圏人口基本的には問わない
必要投資額(施設整備を伴う場合)3,000万円程度~
※ ただし、補助金活用により事業者負担は1/4
収支立地条件、園児数、生徒数等から収支計画は大きく異なってきます。
詳しくはお問い合わせください。


こんな方にオススメ!

  • 幼稚園として10年後、20年後もしっかりと存続させていきたいとお考えの理事長様
  • 3歳未満の子どもたちにも「幼児教育を提供したい!」とお考えの理事長様
  • 幼稚園としても保育ニーズに対応していきたいとお考えの理事長様
  • 過去3ヵ年で園児数が減少傾向にある幼稚園様

少子化&共働き世帯の時代に、幼稚園が選択することができる一つのカタチ

業界で注目の的となっている「認定こども園」は、これからの日本における幼児教育機関の柱になっていくと考えられます。

日本のGDPを上げるために欠かせないことは、女性の社会進出(=労働力化)と言われています。ご存知のとおり、昨今では保育を必要とする子育て世帯が急増しており、待機児童問題はなかなか解消されておりません。一方で、日本は少子化が進んでいます。

子どもの人数が減少する中で、保育所は定員を越えている状態が何を示しているかというと、「幼稚園へ通う子どもたちが減少している」ということです。このような時代背景において、幼稚園に今求められていることは、「低年齢児からの保育機能」です。

認定こども園化は幼稚園に求められていることを体現することができるひとつのカタチであると考えられます。

自園に最も適したパターンで、認定こども園への移行を検討する

認定こども園化のメリットは大きく2つあります。

ひとつは「低年齢児からの入園機会の創出」、もうひとつが「園児一人当たりの補助金収入の増加」です。認定こども園への移行においては、業界内でいろいろな話が飛び交っています。しかし、中には誤った認識に基づいた話なども数多く存在しているようです。

ひとくちに認定こども園と言えども、数多くの類型が存在します。上記ではメリットのひとつとして掲げましたが、低年齢児からの受け入れを強制されているわけではありませんので、自園の環境や状況を踏まえた際に、低年齢児の受け入れをすべきでないと考えられる場合には、3-5歳の子どもたちだけが通うことができる認定こども園に移行するという選択肢もあります。

自園の現状をしっかりと分析した上で、自園に最適な認定こども園への移行をすることで、 地域の保護者に求められる「教育と保育を両方提供できる新しい教育機関」へと生まれ変わることができます。

詳細レポートダウンロード

関連する専門サイト

保育園・こども園経営ドットコム

保育園・こども園・幼稚園・企業主導型保育事業・学童保育などを運営される法人様に向けた経営情報提供サイトです。マーケティング施策やマネジメント施策など経営の様々なノウハウを配信しております。個別無料経営相談も実施しておりますので、経営で何かお悩みであればいつでもご相談ください。

保育園・幼稚園コンサルティング