貸出増強ソリューション

短期継続融資を活用した、取引先の財務改善手法を習得する研修

導入事例数

4金庫(全て信用金庫)※2019年10月時点

概要

中小企業の資金繰りを支援する切り札として、金融庁も取り組むように促している「短期継続融資」。

業種別事業性評価、及びキャッシュフロー改善を目的とした資金繰り管理のポイントから、ご支援先から高い評価を得ている「船井流財務コンサルティング」の支援方法を、具体的な営業ツール及び営業同行を通して、中堅から若手職員を対象に行う実践型の研修です。

業界内の脅威

低金利政策の影響による、他金融機関との低金利競争に対し、効果的な解決策が見出せていない業界。

伸びるマーケット

近若手職員の早期戦力化で、2年連続で貸出金利息増収を実現するなど、業績の底上げを確実にしている。

成功のポイント

●導入前

経営幹部向けのオリエンテーション、審査部と営業推進部とのすり合わせ、ターゲティング及びリストの精査を実施。


●研修

実績に裏付けされた「営業ツール(財務分析システム)」や「営業マニュアル(トークスクリプト)」を使った実践的な研修を実施。


●同行支援

全店展開をゴールとして、まずはトライアル店舗を選定。トライアル店舗への営業同行を通して、本部との情報共有及びPDCA管理を実施。

期待できる数値効果

≪モデルケース≫

■資金繰り改善と金利引き上げを実現(1)

上下水道工事・給排水設備工事会社

年商:1億円弱

・バンクフォーメーション

 メイン:第一地方銀行・サブ:自金庫・その他:第二地方銀行

・(実行前)返済後CF=CF-年間約弁額

 ▲230万円=500万円―730万円

・営業切り口

 他行長期借入金の肩代わりによる資金繰り改善を提案

・成果

 当座貸越2000万円、金利2.8%(他行証書1.5%)

・(実行後)返済後CF=CF年間約弁額

 80万円=500万円-420万円


■資金繰り改善と金利引き上げを実現(2)

介護事業会社:

年商:2億5000万円

・バンクフォーメーション

 メイン:自金庫(従来専属)・その他:地銀・メガ積極攻勢

・(実行前)返済後CF=CF-年間約弁額

 返済後CF=プラス

・営業切り口

 資金繰りヒアリングの中で介護報酬の回収までの間、一時的に役員借入金充当にて対応している場合があることが判明。

 (役員個人で別途口座を持ち資金過不足補填)

 業容拡大を機に、資金調達方法の見直しを提案(運転資金=役員借入金→短期継続融資)、当座貸越設定にて対応。

・成果

 当座貸越3,000万円(実残2,000万円)、金利2.7%