重要モーターチャネルで収益拡大に向けた手法を一緒に構築できました

損害保険ジャパン日本興亜株式会社 様

2018年10月1日

弊社にはさまざまな代理店チャネルがありますが、中でもモーターチャネルはとても重要なチャネルです。取引社数は約35,000社で、損害保険会社の中でも最も多い取引数であり、モーターチャネルにおけるマーケットシェアはトップとなっています。
船井総研とお付き合いがはじまったのは2011年です。当時、モーターチャネルにおいて営業推進策 を策定するにあたり、真に整備工場や中古車販売店の方々に役立つものを検討するには、専門のコンサ ルティング会社に教えを請うことも必要だと考えていました。船井総研も、モーター事業者の安定的な 経営において、自動車保険を中心としたTCS(トータルカーライフサービス)の取り組みが重要であると認識されていて、クライアント向けにコンテンツ作りを検討されていたようでした。そのような両社の状況の中で、モーター事業者の自動車保険の取り組みにおいて何かできないものかと、意見交換させていただくようになったのがお付き合いのはじまりです。その後、打ち合わせやトライアルを重ねて、自動車保険の収益拡大に向けた手法を構築することができました。そして2013年から船井総研と弊社でモーター事業者向け自動車保険獲得セミナー「保険アカデミー」を、2016年から「保険ラボ」を開催しており、弊社の多くのモーター事業者の自動車保険収益の拡大に貢献しています。両セミナーの運営においては、日頃、船井総研さんに大変お世話になっております。
今後も一層パートナーシップを強めながら、モーター事業経営に役立つ新たなコンテンツの創設に向けてご相談させていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

[所属研究会]オートビジネス経営研究会 / パートナー企業会員オートビジネス保険アカデミー




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様からの声
TOPページへ戻る