戸建リノベーション新規参入&業績アップメルマガ

住宅着工棟数減少時代の今、今後の生き残り戦略が求められている住宅業界。

そこで、船井総研では住宅・新築・リフォーム会社様でも簡単に新規参入できる戸建リノベーション事業のビジネスモデルからその立ち上げ方法までを詳しく解説しております。

当メールマガジンでは、現場の最前線に立つ戸建リノベーション専門コンサルタントが最新の成功事例や業界動向、超実践的なノウハウなどの優良情報をすべて無料でお届けします。

ぜひご確認ください。

このメルマガの配信を希望
専門サイト

メールマガジンの例

1500万円をかけて戸建リノベーションをするお客様を集める広告とは

読者の皆様

こんにちは。船井総合研究所の味園健治です。
船井総研発!住宅リノベーションコンサルタントニュースをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

私たちは住宅会社様や工務店様、
リフォーム会社様に1000万円以上の大型リフォームを狙う戸建てリノベーション専門店の立ち上げを提案し、業績を上げていただいております。

この事業は他の住宅事業やリフォーム事業と同様に業績を伸ばしていくためには集客が欠かせません。
それも1000万円以上をかけて我が家をリノベーションしようとするお客様を集めなければいけません。

さて、前回の私のこのメルマガでは、「1500万以上をかけて戸建リノベーションをするお客とはどのような人なのか」について書きました。

そこでは、成約につながる戸建リノベ客は一般的に思われているものとは違いがあることを紹介しました。

一般的には、
「子供が巣立った50代くらいのご夫婦が自宅を快適にするためのリノベーション」、
「中古住宅を買って自分たち好みのリノベーションを考える30代夫婦」、
「親から譲り受けた我が家が古くなったのでリノベーションを考える家族」と思われているのですが、実際は違います。

続きはこちら▼▼▼
https://fhrc.funaisoken.co.jp/remodeling/column/12058.html

このメルマガの配信を希望
専門サイト
TOPページへ戻る