スクール経営コンサルティング

船井総研の教育グループが運営する、学習塾や英会話教室・習い事教室・各種スクールの経営についての情報ページです。大学入試改革・教育改革対応や生徒募集、社員研修、事業拡大、新規事業など様々な教育ビジネスについての経営情報を集めています。

メイン画像

コンサルティングメニュー

オンライン授業導入サポート

このような方にオススメ

取り組み概要

コロナショックによってオンライン授業の価値は再認識されました。

オンライン授業の導入“新型コロナ対策”としての手段と考えるのみでなく、中長期の新商材として活用可能です。


オンライン授業・オンライン活用学習には様々なパターン・コンテンツがございます。

御社に最も適したモデルを構築させていただきますのでまずは無料経営相談にてご相談ください。

コンサルティング費用

無料経営相談実施後にお見積もりさせていただきます。

まずは無料経営相談をお申し込みください。

新規集客サポート

このような方にオススメ

取り組み概要

コロナショックによってどの教室でも新規集客は困難な状況となっております。

その休校中・自粛ムード中でも新規集客可能なを取り組みサポートをさせていただきます。


WEBからの情報発信、内部生向けの情報伝達による紹介を駆使、休校中・自粛ムードの中でも新規集客が可能なコースや商品を用意するなど、御社に最も適したモデルを構築させていただきますのでまずは無料経営相談にてご相談ください。

コンサルティング費用

無料経営相談実施後にお見積もりさせていただきます。

まずは無料経営相談をお申し込みください。

スクール・学習塾向け社員研修(人材育成プログラム)

このような方にオススメ

期待される効果

研修カリキュラムには数字目標達成・組織づくりといったマネジメント研修から、教育業界で働くうえで心の強い企業人を育てる育成プログラムまで、現場で業績アップが可能な研修パッケージを取り揃えております。

スタッフの「人財化」を真剣にお考えの企業様に、ぜひお役立ていただければ幸いです。

目標達成までのスケジュール

1日~年間数回の年間スケジュールカリキュラム。

貴社における人材教育の目的・テーマによって柔軟に構成、対応いたします。


対象者:内定者・新入社員から経営幹部・管理職まで階層別にコースがございます。


実施事例:
※守秘義務がありますので企業名は伏せさせていただきます

・A学習塾(生徒数2万名規模)=内定者向け研修、 校長向け研修、校長候補向け研修
・B学習塾(生徒数1万名規模)=校長向け研修、校長候補向け研修、
・C学習塾(生徒数4万名規模)=校長向け研修
・D学習塾(生徒数1000名規模)=一般社員向け研修
・E学習塾(生徒数2000名規模)=幹部向け研修
・F学習塾(生徒数500名規模)=校長向け研修
・G学習塾(生徒数1000名規模)=校長向け研修
・H学習塾(生徒数800名規模)=校長向け研修、一般社員向け研修
・A個別指導塾(生徒数5000名規模)=経営幹部向け研修、校長向け研修
・B個別指導塾(生徒数2000名規模)=校長向け研修

・Aパソコンスクール(会員数3000名規模)=校長向け研修、一般社員向け研修
・Bパソコンスクール(会員数2000名規模)=幹部向け研修、校長向け研修
・Cパソコンスクール(会員数1000名規模)=幹部向け研修、一般社員向け研修
・某英会話スクール(会員数1000名規模)=幹部向け研修
・某カルチャーセンター(会員数1万名規模)=幹部向け研修
・某資格学校(会員数3000名規模)=校長向け研修
・某子供向け習い事教室(会員数3000名規模)=内定者向け研修、校長向け研修
・某フィットネスクラブ(会員数10000名規模)=支配人向け研修
・某フィットネスクラブ(会員数3000名規模)=一般社員向け研修

費用と期間の目安

お問合せください

教師力・組織力診断

このような方にオススメ

期待される効果

現在のスクール業・学習塾業は、まさに「人財力」が企業の業績を大きく左右します。優秀な人財が高いモチベーションで業務に打ち込んでいる組織状況をつくりあげることが業績アップへの近道です。

教師力・組織力診断コンサルティングでは、貴社の社内にてアンケート調査を行い、貴社の人材のスキルやモチベーション状況、組織の状況を診断し、今後の業績アップのためのマネジメント面での課題を明らかにするものです。

取り組み概要

①スタッフアンケート

対象の講師・スタッフの方に約100項目からなるアンケートに回答していただきます。


②分析レポート作成

約1週間で、アンケートの集計結果と、結果から読み取れる組織上の強みと課題をレポートにまとめます。


③報告

調査レポートをお渡しします。ご希望の場合は貴社にお伺いして現状の組織の状態と今後の対策を学習塾専門コンサルタントがアドバイスいたします。(追加料金あり)

費用と期間の目安

費用目安:100,000円(税抜)(5名様まで)

以後1名追加ごとに +1名につき5,000円(税抜)

※御社にお伺いする場合の交通費は別途ご請求させていただきます。

商圏分析&顧客データ分析&販促提案コンサルティング

このような方にオススメ


対象業種:
・パソコンスクール 
・子供向け教室
・英会話教室
・キッズカルチャースクール
・学習塾
・ダンススクール
・個別指導塾
・スポーツスクール

成功事例


    • 1 チラシの反響率200%UPを目指す
    • 2 無駄な販促費・労力をカット
    • 3 その教室でまだ生徒が集まるのかわかる
    • 4 新しい顧客層を開拓できる
    • 5 スクール専門のコンサルタントが担当
【学童保育】約1600部の販促で外部反響を17件獲得
  • 「悩み・課題」
  • 学童保育を立ち上げたばかりで、集客面で苦戦をしていた。特に「どこに」「どのような」販促を行ったらよいかが不明確で販促費・労力の最適が必要であった。
  • 「行ったこと」
  • 商圏分析に加えて、顧客データ分析を行い、販促エリアと手法、またどのような商材で集客を行うかを明確にした。
  • 「After」
  • 上記の分析を行った結果、時期的なものも含めイベント集客の実施を行うことに決定した。また、あまりマンパワーをかけられないので、特定の小学校への校門前配布と2棟のマンションへのポスティング、計1600部の販促を行い、新規外部生17名の集客に成功した。

取り組み概要

1 調査設計

何を目的にどのような調査・分析をするのかを打合せ。

教室ごとにカスタマイズ可能です。


2 調査&分析

専門コンサルタントが調査・分析を実施。

自校の特徴を明確にします。


3 レポート作成

調査・分析結果を実際にどのように活用するのかをレポートに落とし込みます。


4 写真等が入った調査結果レポートを用いてわかりやすく報告。

社員研修の場にも使えます。

費用と期間の目安

■A 商圏分析 1万円(税別)

■B 商圏分析+顧客データ分析 5万円(税別)

■C 商圏分析+顧客データ分析+販促提案 10万円(税別)



明確になること

商圏分析:

交通手段別商圏人口

年収別世帯数

年齢別人口

商圏内の競合状況


顧客データ分析:

自校に於ける商圏範囲

年齢別、エリア別、学校別のシェア率

近隣商圏と遠方商圏の獲得率の違い

重点エリアの獲得有無の違い

狙うべきターゲット年齢


販促提案:

ターゲット別、エリア別の販促手法

自校に最適な販促手法

スクール・学習塾経営
新規立ち上げ&業界参入サポートコンサルティング

このような方にオススメ

成功事例

  1. ①主婦の方が英会話スクール立ち上げ。3か月で約40名集客&単月黒字化を実現!
    • エリア:都内
    • 業種:英会話スクール・プリスクール
    • ご依頼主:主婦
    • 初期投資:1000万円
    • 単月黒字化:開校3か月
    • 初期投資回収:18カ月(予定)
  2. ②ネット業者がスクール業界参入わずか6カ月で生徒約100名の集客に成功!
    • エリア:都内
    • 業種:通信教育
    • ご依頼主:経営者
    • 初期投資:1000万円
    • 単月黒字化:開校6か月
    • 初期投資回収:24カ月(予定)
  3. ③自動車業界がスクール業界に参入。初年度2校舎開校で生徒数150名集客!
    • エリア:関東エリア
    • 業種:自動車販売業
    • ご依頼主:経営者
    • 初期投資:1500万円
    • 単月黒字化:開校10か月
    • 初期投資回収:24カ月
    • 地域教育に貢献したいという考えのもとスクール企業への参入をご希望。
    • 初年度から2拠点を開校し、150名の生徒募集に成功。その後も順調に拡大し、現在は8拠点1000名規模のスクール企業へと成長。
    • 今後は複合化、拠点展開などさらなる発展が期待できる。
  4. ④学童保育がスクール事業付加で2年で年商規模3000万円へ
    • エリア:関西エリア
    • 業種:学童保育
    • ご依頼主:個人
    • 初期投資:300万円
    • 単月黒字化:開校12か月
    • 初期投資回収:18カ月
    • 学童保育をされていた企業が売上向上・利益拡大に向けて、スクールサービス付加を検討。
    • 英会話スクールに加え、ロボット・プログラミング教室といった新規モデルを開発。
    • 開業2年で売上3000万、3年目で4000万規模の成長を実現。
    • 今後、複数展開、FC化を想定している。
特徴

1 ロイヤリティ不要!売り切り型パッケージ

他のFCのように月々のロイヤリティは発生いたしません。

多くのスクール様からのお声として、ロイヤリティが経営を圧迫しているケースがあります。

また、複数展開の際にも追加で費用は不要です。

1拠点目開校時にノウハウをお伝えしておりますので、複数拠点展開も安心です。


2 複合型スクールが可能!高利益モデルへ

船井総研では複合型のスクールを推奨しています。

人件費・家賃などの固定費や長期安定経営を考えると複合型がおすすめです。

しかし、多くのFCでは単一業種のみの取り扱いとなり、その他の業種付加は禁止といったケースがあります。

高利益化・長期安定経営をお考えの方は複合型がおすすめです。


3 エリア規制なし!複数展開に最適

一般的なFC企業では、エリア規制が存在し、出店したいエリアに出せないケースがあります。

複数展開をお考えの方にも優しいサポート内容となっています。



船井総研FC企業
加盟金コンサルフィー
100万円~/1回
※コンサルフィーは内容によって、
大きく異なります。
目安として100~500万円になります
加盟金100万円~/1拠点(拠点ごと)
ロイヤリティー
なし
×
売上の5~20%
発展性・展開力
自由。複合型もOK
×
その業種のみ
エリア制限
制限なし
×
エリア制限・出店制限あり
教材・教務面
自由だが開発が必要

揃っているが縛りが多い
物件契約費200万円
設備・内装費50万円
開校販促・HP作成費100万円
人材採用費50万円
教材費50万円
コンサル費100万円~
合計530万円~

費用と期間の目安

お問い合わせください

新英語モデル実現コンサルティング

このような方にオススメ

大学入試改革・英語教育改革の方向性が発表されました。30年ぶりの大学入試の改革となり、また少子・高齢化が進行する日本の未来を活気あるものにするための教育制度の変更までもが視野に入っています。そのため、

今回の改革の影響は、これまでの教育業界・教育ビジネスを大きくゆるがすものになることは間違いありません。


また、上記に伴い、小学校~高校での教育も変わります。まとめると大きくは以下のようになります。


①小学3・4年生で「外国語活動」が導入

②小学5・6年生で教科として「英語」が開始し 成績がつく

③中学・高校の英語授業は「英語で行うことを基本とする」

④大学入学共通テストで「4技能評価、資格・検定試験」の活用


いち早く時流適応していくことが重要です。

期待される効果

大学入試改革・英語教育改革に適応してビジネスモデルを変化させ、売上・利益ともに大きく飛躍されている法人様が続出しております。

大きな特徴をまとめると以下です。


①平均月謝2~3万円 ※一般的なスクールは1万円弱

②平均在籍期間が4-5年(一般的なスクールは2~3年)

③小学生中~高学年での退会が少ない

④小学生高学年~中学生の新規入会も多い


中には、拠点年商7000万円、利益率30%の法人様も存在します!

取り組み概要

英語教育改革に対応したビジネスモデルを展開し、売上・利益を向上します。

コンサルティング費用

お問合せください

習い事付き学童保育事業付加コンサルティング

このような方にオススメ

期待される効果

(参入条件)

対象業種 新規参入OK、こども園、保育園、幼稚園、学習塾

必要投資額300~800万円


(収支)

初年度 売上 1,500万円 営業利益 0~100万円

次年度以降売上 3,000万円 営業利益 800万円


上記は民間企業での一例です。立地条件、生徒数等から収支計画は大きく異なってきます。

取り組み概要

“小1の壁”の問題解消や、子ども達の“居場所づくり”や“心身のケア”を行う

昨今、皆様もご存じのように女性の社会進出、就労形態の多様化、核家族化が進むとともに、加えて、 地域のつながりが希薄し、子どもが幼稚園や保育園を卒園し、小学校に上がる際に、保護者が就労体系を変えざるをえない状況に直面する「小1の壁」問題があります。


また、仮に子どもたちが小学校に併設されているいわゆる公立の学童保育(放課後児童クラブ)などに入れたとしても、地域や小学校によっては人数が多いため、あまり面倒を見てもらえないなどの問題もございます。

そして公立の学童保育は「宿題のサポート」程度しか行っていない施設が大半で、子どもたちが習い事をしたくてもできないのが現状です。

それに加え、小学校に入学後、数か月経過しても小学校生活になじめない子どもが増加するなどの問題も耳にされたことがあるかと思います。


この「習い事付き学童保育事業」では子どもたちに様々な教育機会を提供し、また子どもたちを公立や公設学童よりも少ない人数で丁寧に預かりやフォローを行うことで、子ども達を「小1の壁」始め、前述した様々な問題から守れて、救える手段・方法で社会的に意義や意味のある事業です。



学童保育内に子どもたちに必要な“21世紀型スキルを身につける”ための最新の教育コンテンツを導入!!

船井総合研究所が提案する「習い事付き学童保育」の特徴はその「運営形態」と「品質」にあります。

公立の学童保育では前述した通り、あまり面倒を見てくれない、ましてや習い事など多くの学童保育ではできないという現実があります。

そんな公立の学童保育に対し、民間企業や認定こども園などではきちんと子どもをサポートし、習い事もできる環境を整えることができます。


ただ習い事と言ってもただ学童保育に習い事をつければいい、というものではなく、子どもたちがこれからの社会の中で活躍する糧にしてもらえる教育、つまり「21世紀型のスキルを身につける」というコンセプトのもと習い事のジャンルや内容を決めていくこと重要です。


また、同時に「エビデンス(実績・科学的根拠)」などがなければ、保護者の信頼を勝ち取ることができません。※特に都市部

これらのコンセプトやエビデンスに基づいて、講座ジャンル・カリキュラムを構成していくことで、保護者に求められる教育効果の高い習い事付き学童が出来上がるのです。


特に2020年、教育改革に伴い今の小学生向けの教育における時流かつ人気のある2つのコンセプトはロボット・プログラミングに代表される理系教育を中心とした「STEM教育」と英会話を中心とした「グローバル人材教育」です。これらのコンセプトに基づいて、講座ジャンル・カリキュラムを構成していきます。


より具体的には「宿題サポート」「体操」「国語・算数」「ロボット・プログラミング教育」「英語・英会話教育」「アクティブラーニング(キャリア教育)」などが挙げられます。

特にその中でも21世紀型スキルの要になる「ロボット・プログラミング教育」「英語・英会話教育」「アクティブラーニング(キャリア教育など)」についてご説明いたします。


①「ロボット・プログラミング教育」・・・・2020年の教育改革で取り入れられる大きな要素の1つとして挙げられます。子どもたちが楽しく学べかつ能力がつくようにロボットを使用したプログラミング教育を行います。


②「英語・英会話」・・・・今後、子どもたちが国際化する社会の中で生きていくために必要な「国際共通語」としての英語を指導します。自分の思いをはっきり伝え、相手の言葉をしっかり受けとめることのできる、きちんとしたわかりやすい英語の指導です。

特に、

・英語教育の改革に対応できるように「読む・書く・話す・聞く」の4技能をバランス良く習得

・英語の苦手意識を払拭する小学校時からの授業対策

・英検対策や受験対策

を意識した教育を行います。


③「アクティブラーニング(キャリア教育など)」・・・・従来の受動的な教育から「どのように学ぶか」といった一人ひとりの学び方に注目して、「主体的、対話的で深い学び」について指導し、生涯にわたって学ぶ力を身につけるための教育です。例えば一例としてキャリア教育が挙げられますが、これは子ども達に“社会で必要な力”を身に付け“夢”や“目標”をもって充実した生活を送れるようになって頂くための教育コンテンツです。子ども達が夢・目標を持てるための「キャリアビジョン」と、夢・目標を叶えるための「ビジネススキル」両面を育てます。



認定こども園・幼稚園・保育園に習い事付き学童保育を付加するのも効果的!!

実際に、認定こども園や幼稚園、保育園の先生方の中では既に感じられている方も多くいらっしゃると思いますが、卒園後も通い慣れた認定こども園に学童保育として通わせたいと希望する保護者は想像以上に多く存在します。

例えば、関東の地方都市にある幼稚園様でのアンケートで保護者の57%が「卒園後も通わせたい」と答えました。

このような保護者のニーズを捉えて保護者満足度の高い園にしていくのも重要です。


そして何よりも利用する子どもたちと認定こども園時代から接しているからこそ可能になる、小学校入学後の子ども達の「居場所づくり」や「心身のケア」ができるという点は、 認定こども園などが運営する学童保育ならではの強みです。


また通常民間企業が運営する学童保育では生徒(会員)を募集するために当然のことながらチラシを撒いたりポスティングを行ったりするため、販促コスト、そして家賃が必然的に掛かってしまいます。

しかし、認定こども園などでの学童運営の場合は対象が自園の卒園児のため販促を含めた運営コストがほとんど掛かりません。そのため一般的に民間企業では掛かるはずのコスト分、月謝を安く抑える、教務や教材に掛けられるため、「民間の学童保育」より「安価で質の高い習い事の提供」が実現できるのです。

コンサルティング費用

お問合せください

ビジネスレポート無料ダウンロード
オンライン授業導入解説
オンライン授業導入解説 コロナウイルス拡大の影響を受けオンライン授業の導入を検討される経営者様も増加されていることと存じます。
弊社にてオンライン授業導入のポイント解説をさせていただきいた資料を作成させていただきました。
皆様の今後の方針にお役立てください。
  • 1.オンライン授業導入のポイント
  • 2.オンライン授業導入の目的
  • 3.オンライン授業導入パターン・コンテンツ例
ダウンロード

緊急事態宣言が出たエリアの開校・休校状況(4月20日時点)
緊急事態宣言が出たエリアの開校・休校状況(4月20日時点)コロナウイルス対策レポート第2弾を作成させていただきました。
最新の業界動向や今後想定されるリスクについてまとめさせていただいております。
皆様の今後の方針にお役立てください。
  • 1.スクール・学習塾業界の現状
  • 2.緊急事態宣言エリアの動向
  • 3.今後のリスクについて
ダウンロード

新型コロナウイルス・コロナショック対策緊急レポート
新型コロナウイルス・コロナショック対策緊急レポートコロナウィルスの影響により、スクール・学習塾業界でも生徒・保護者に対し様々な対応が迫られます。
本レポートでは、日々変化する状況の中で今後スクール・学習塾業界の皆様がとるべき方針についてまとめさせていただきました。
皆様の今後の方針にお役立てください。
上記、市場の中で「学童保育」に加えて、新しいビジネスモデルが数多くが誕生しています。
レポートでは、市場の変化に加えて、学童保育・アフタースクールモデルなどの特徴・メリット・課題を詳しくお伝えいたします。
  • 1.今後スクール・学習塾業界の現状
  • 2.今後想定される様々なリスクに
  • 3.教育業界として取り組むべき内容
ダウンロード

スクール向け 幼稚園保育園開拓営業レポート
スクール向け 幼稚園保育園開拓営業レポート 【幼稚園や保育園内に展開する教室の存在】
皆様は幼稚園や保育園の中で「体操教室」や「英会話教室」「サッカースクール」など、習い事教室が運営されていることをご存知でしょうか?
実は民間の教育事業者が、幼稚園や保育園の中で「正課授業」「課外教室」として、教室開校したり、教材購入をしたりすることは珍しくありません。
実際に民間の企業の中で、全国に1000教室以上を園内に展開している事例もあります。
本レポートは、スクール・学習塾などの教育企業・及びFC・教材会社の皆さま向けに「幼稚園保育園開拓・連携」をどのように展開していくのかのポイントをまとめた冊子です。

【幼児教育無償化が追い風に!】
今後、幼児教育無償化が施行される中で、幼稚園や保育園としては、保護者の利便性の強化、教育価値の向上のために、上述した「課外教室」「正課授業」を強化する流れになってきます。
この時代の流れに乗り、幼稚園・保育園向けの事業展開を進めていくことが、皆様の教育事業の大きな成長に役立つと思われます。

学習教室・学習塾・幼児教育・英会話スクール・サッカースクール・体操教室・ダンススクール・プログラミングスクール・科学実験教室・音楽教室など、幼児向けの教育事業を展開されている企業様のビジネス展開におススメのレポートです。


このような方におすすめ
●自社のスクール・レッスンを幼稚園でも導入してもらいたいスクール・学習塾様
●自社の教材やカリキュラムを幼稚園などでも展開をしたいスクール・学習塾様
●幼稚園向けのFC展開や教材販売をしたい教材会社・FC本部様

本レポートを読む「メリット」(*効果には個人差がございます)
本レポートでは、教育業専門の経営コンサルタントによる考察で以下の内容が学べます。

●幼児教育無償化の主なポイント
●幼児教育無償化による教育事業者にとってのリスク&デメリット
●幼児教育無償化による幼稚園保育園連携のビジネスチャンス
●幼稚園保育園向けの事業形態
 ①講師派遣
 ②園内での教室開校
 ③FC展開
 ④教材販売
●幼稚園、保育園側の導入スタイル

 正課授業
 課外教室(卒園児・在園児)

●幼稚園、保育園開拓のビジネスメリット
●幼稚園、保育園開拓を進めていくためのステップ
「お客様の声・実績」
●関西地方 「アフタースクールモデル」で年商7,000万円・営業利益20%を実現
●ビジネスモデル解説:少子化時代の残された成長市場! 幼稚園保育園連携のビジネスモデル
●東海地方 教育付き学童保育新規参入 開校3年で年商4,000万円を実現
目次
  • 1.時流解説:幼児教育無償化スタート こども教育業界に訪れるピンチとチャンス
  • 2.共働き世帯獲得に向けて
  • 3.事業開始手順:幼稚園保育園開拓の始め方、ステップ
ダウンロード

共働き世帯にも対応“アフタースクールモデル”
共働き世帯にも対応“アフタースクールモデル” ”減収分”を補いましょう!
真の薬価改定、船井総研がズバッとお伝えします。
共働き世帯にも対応“アフタースクールモデル”を無料進呈中!共働き世帯が増加している中で、子ども向けの習い事市場が大きく変化しています!
上記、市場の中で「学童保育」に加えて、新しいビジネスモデルが数多くが誕生しています。
レポートでは、市場の変化に加えて、学童保育・アフタースクールモデルなどの特徴・メリット・課題を詳しくお伝えいたします。

このような方におすすめ
●学童保育参入を検討している
●収益性の高いモデルを探している
●生徒数が以前に比べて減少傾向にある・・・
●地域において預かりのニーズ(共働き)が増えている・・・
●新しいビジネスモデルに挑戦したい

本レポートを読む「メリット」(*効果には個人差がございます)
●現在の教育業界の動向が明確に!
●少子化の中でも急拡大する「共働き世帯」対応ビジネスの実態について
●共働き世帯に対応するためビジネスモデルを徹底比較
●共働き世帯に対応して拠点年商7000万円を実現したモデルとは?
●夏休みなど長期休暇時限定の人材確保なども不要なモデルとは?

「お客様の声・実績」
●関西地方 「アフタースクールモデル」で年商7,000万円・営業利益20%を実現
●関東地方 共働き世帯に対応したモデルで新規反響120%UP
●東海地方 教育付き学童保育新規参入 開校3年で年商4,000万円を実現
目次
  • 1.教育業界を取り巻くの環境
  • 2.共働き世帯獲得に向けて
  • 3.共働き世帯に対応したビジネスモデル
  • 4.ビジネスモデル参入のステップ
ダウンロード

市場が年120%成長“ロボット・プログラミング教室”成功事例レポート
市場が年120%成長“ロボット・プログラミング教室”成功事例レポート現在、子ども向け習い事市場で最も勢いてのある“ロボット・プログラミング教室”。
上記の市場規模をGMOメディアが運営するポータルサイト“コエテコ”と共同発表させていただきました。
また、コエテコのセミナーでお伝えさせていただいた市場予測についてもレポートで記載させていただきます。

このような方におすすめ(*効果には個人差がございます)
●ロボット・プログラミング教室を運営している方
●これから参入を検討している方
●競争激化により生徒数・入会率が低下している法人様

本レポートを読む「メリット」(*効果には個人差がございます)
●ロボット・プログラミング教室の市場規模・教室数推移がわかる!
●上記推移から読み取れる業界で起こっていることが明確に
●ロボット・プログラミング教室の発展の可能性について
●今後強化すべきポイントがわかる
  • 1.ロボット・プログラミング教室業界の市場推移
  • 2.ロボット・プログラミング教室の課題
  • 3.これからの業界について
ダウンロード
TOPページへ戻る