明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

モデル企業ルポ(グレートカンパニーレポート)

無料コンテンツ

学習塾




株式会社Grow-S (さくらんぼ教室)

代表取締役社長 伊庭葉子氏 

<第4回グレートカンパニーアワード ノミネート企業>




伊庭葉子氏

則岡貴美子

2014.1.31

発達障がいの可能性のある子どもは通常の学級の中に約6.5%存在するといわれている。
昔に比べ、メディアで取り上げられる機会や診断できる機関も増えたことで、障がいと認識する人も、理解する人も増えた。その一方で、支援・指導機関が無いと感じている人も多い。


障がい児教育では早期の段階でその子の特性を知り、適した課題で学習を積み重ねることが能力を伸ばし、引きこもりなどの二次障がいを防ぐことにもつながります。しかし、特別支援学校や特別支援学級では必ずしも一人ひとりに合わせた授業ができるわけではありません。教科学習よりは就労・自立のための作業学習が重視される傾向にあるようです。学習したい(させたい)という前向きな気持ちがあっても、専門的な指導を受けられる機会が少ない。民間に求められる役割がここにあります。


   


    [さくらんぼ教室の成長ステップ]

   ・2002年~2008年までの6年間、2教室体制のままで売上1億増

   ・10年間で売上約5倍へ成長


   2013年10月現在 生徒数 1,300名







福祉の枠を超えたニーズに応える

私は大学卒業後に教育関連企業で障がい児の指導研究をしていました。退職した1990年、地域で発達障がい児の親たちと共に個別指導を行う学習サークルを作ったところ、予想以上の問い合わせがありました。「そんな教室があるなら通いたい」という声に後押しされて1996年に事業化し、障がいを持つ子のための学習の場「さくらんぼ教室」が誕生したのです。


(写真左)教材はバラエティがあり、中身もスモールステップで設計されている。個々の
      状況にあわせられるのが生徒を成長させる秘訣。
(写真右)教室に通うことが楽しくなる工夫が随所に用意されている。

文字や数字を覚えて理解するまで長い時間を必要とする子どもたちから、学び方の多様さを教わり、「こういう理解の仕方もあるんだ」と私たちも一緒に学んできました。開業当初、教材は一人ひとりに合わせて全て手作りしていました。しかし生徒や先生、教室が増える過程で教材とカリキュラムが標準化し、このノウハウを活かした教材が出版され、今では全国の通級指導教室など特別支援教育 の場で使っていただけるようになったのです。

ただ、実際の指導現場では、指導教材・方法は生徒の特性や学習ニーズに合わせてアレンジする必要があります。 ここが他では簡単に真似できない、生徒に成果を出させる当社の強みでもあります。研修を充実させることで、アルバイトの先生にも任せることができます。



 (写真)生徒の作品。型にはまらない表現は親も先生も驚くレベルの高さ












成果を出すことで社会参加への道をひらく

当塾のコースでよく利用されているのは、生徒2人に先生1人のスタイルです。生徒2人の特性と学習課題は違うので、集中力を欠かないよう手際よく指導していかなければなりません。1人の生徒に対し、先生は4~5人のチーム制をとり、生徒はどんな人とも学習できるように意図的にローテーション指導をしています。
人の面倒をみたいという優しい気持ちだけで現場は回せません。福祉ではなく民間のサービスですから、授業時間内に課題が終わらなければクレームにもなります。

  (写真)個別学習クラスの授業風景。個々の状況に合わせて指導












自ら働いてお給料を得て、社会参加しながら生きることが彼らの目標です。当塾では自立のチャンスを増やすべく、2007年には業界初の高等特別支援学校(職業科)の受験対策クラスと模試をはじめました。

障がい児向けの学習塾は増えていますが、私たちには長年の経験から得た確信があります。はじめた頃は我が子の将来を案じるお母さんの話を聞いて、一緒に泣いたこともありました。でも今は、「この子はきっと成長する」と先輩生徒たちの進路実績という裏づけを持ってアドバイスができます。

現在は、千葉、東京、神奈川を拠点としていますが、公教育は地域による違いもあると感じています。今後は新たな拠点でも挑戦していきたいと考えています。


(写真左)10年通った生徒を表彰する制度やコンクール、成果発表会などでやる気を引き出す
(写真右)10年以上通った生徒から後輩へのメッセージ。成長が伝わる






株式会社Grow-S (さくらんぼ教室)
          
  • ■株式会社Grow-S (さくらんぼ教室)
  • ■創業:1990年
  • ■代表者:代表取締役社長 伊庭葉子(いば・ようこ)
  • ■資本金:800万円
  • ■従業員数:100名(アルバイト含む)
  • ■所在地:千葉県市川市八幡3-4-1アクス本八幡2階
  • ■業務内容:障がいを持つ子、発達障がいのある子、勉強や友達関係が苦手な子供たちへの学習支援
  • ■教室:7教室(本八幡本部、千葉、船橋、東京、船堀、川崎、柏ジュニア)

  • ■企業HP:http://www.sakuranbo-class.com/
     

■この記事は参考になりましたか?

無料経営相談 インターネットでの経営相談はこちら FAX用紙をダウンロードする

メルマガタイトル
全てのメルマガを見る>>