明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

対談集

プラス会員様限定

菓子



横山:最近では日本各地で、6次産業化や農業による地域活性化が聞かれるようになりました。とはいえ、うまくいかない地域もある中で、鎌田社長が地元の恵那やその他の産地、または農家の方と一緒に進められた、成功のポイントとはどのような点でしょうか?

鎌田社長:連携と融合という言葉がありますね。例えば融合というのは素材どうし、連携というのは資源の交換をするんです。
これ実際にあった話なんですけど…。僕は長野の松本が好きで、松本の居酒屋に通っていたら、そこのオヤジが「オレはこの店に来るやつで好きなやつが二人いるんだ」とポロッと言ったんです。「一人はお前だ」って言ってくれて。「ありがとうございます。もう一人は誰ですか?会わせてください」って言ったんです。そしてその人と一緒に飲むことになって。
彼は僕と同じ年齢でしたね。すごく苦労されていて、お兄さんと二人で掃除から始めて、長野でビルメンテナンスの会社をしていました。その彼がポロッと言ったのは、「今まで自分の仕事ができなかった」と。好きな仕事をしたいと言うので「農業やりませんか?」って言ったの。栗やりませんかって。やらしてくれるか?ってところから始まりました。そしたら、たまたま彼の友達が長野県の安曇野でりんごを作っていて、その人の空いている土地に栗を植えたんです。

横山:ええ。そこがスタートですか?

鎌田社長: 「安曇野栗」というブランド栗を打ち立てたんです。仲間が集まってきて、大町(長野県)の農業委員会も集まって、二つの地域でやることになりました。
僕は生産者と一緒に、「どうやっていこうか」と話をします。さらには商品開発ができるという資源を持っています。ビルメンテナンスの彼は地元に強い。りんごを作っていた彼の友達は農家を束ねるのが強い。そうやって資源を連携していけば、産地はうまくいきます。僕が好き勝手にやるわけじゃなく、社長は彼です。彼が有利なのは、お菓子屋さんに売れるんですよ。

横山:お菓子屋さんに売れるというと…

鎌田社長:僕はお菓子屋さんですから、加工したものを僕が売るのはちょっと違う。でもビルメンテナンス業の彼が売れば問題ないですよ。彼が加工所を立ち上げればいい。彼から栗を買ったお菓子屋さんは、安曇野栗で新しいお菓子を作ればいい。だから、資源というのは何か?を考えて、全部強みにしていくんです。その融合とか連携っていうのは、やっぱり地域の活性化も含めて行わなきゃダメですね。みんな喜ばなければダメですから。


「安曇野栗」というブランド栗を空いている土地に栗を植えた

全文(続き)をお読みになるには、ログインをお願い致します。

ログイン
<初めての方へ>
全文(続き)をお読みになるには、FUNAI メンバーズPlus(フナイメンバーズプラス)へのご入会が必要です。
初めての方は、最大3ヶ月無料のお試し入会をご利用いただけます。
  • FUNAIメンバーズPlusとは・・・?
  • 今すぐ本登録(3,000円 税抜)する
  • 今すぐお試し登録(最大3ヶ月無料)する
メルマガタイトル