明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

対談集

プラス会員様限定

環境リサイクル/資源/解体

お客様や地元への感謝祭「リサイくるまつり」

立原:全てをシンプルに捉える。まさに先義後利ですね。ちょうど先日、今年の『リサイくるまつり』のビラを拝見しました。

近藤会長:今年で4回目ですね。

立原:金沢という土地で商売されていて、地元への貢献として開催されていますが。そのきっかけは?

近藤会長:きっかけは子どもたちですね。今はモノ余りでおもちゃがいっぱいあって、要らなくなったらみんな捨ててしまう。海外ではおもちゃが本当に少ない国も多い。だったら捨てるのではなく交換して、誰かの役に立つことを考えようと。

日本に「かえっこくらぶ」っていうNPO法人があるんです。その人たちをお呼びして、子どもたちには、会宝産業におもちゃを持って集まってもらう。そうすると、自分の持っていたものを欲しがる人がいれば、自分が欲しいなと思っていたものもそこにある。リサイクル事業というのはこういうことですよと。

皆さんが乗っている車は将来こうなるんですよ。これは再資源化するんですよ、だから大事に扱ってくださいね、ということをお見せしようと。それからもう一つはお祭りにすることで、社員も楽しめる。焼きそばを作ったり焼き鳥を焼いたりしながら、たくさんのお客様に接客をする。

いろんな人が来ますから、不満を言う人もいらっしゃるわけですよ。それはもう全部勉強になるじゃないですか。 規模も大きくなって、1回目の来場者1,800人から、今年は4,443人になりました。

リサイクルまつりの一大メインイベント「廃車の解体ショー」に、4,000名を超える参加者は大人も子どもも大興奮。

立原:たった一日でこの人数が参加されるわけですから凄いですよね。

近藤会長:お祭りにすれば、お客様も社員も楽しい。ビジネスとして啓蒙活動ができるし、願ってもないことでしょう。これを私が主催しているRUMアライアンスというNPO法人で全国展開しようと、今年は4社が同時に始めたんです。

リサイクル業の人がみんなリサイクル祭りをすれば、世の中に自動車のリサイクルが何かということが広がる。子どもたちも理解する。そうすれば大切に車に乗りますし、我々の業界のステータスが上がってきますよね。だからグレーゾーンの仕事ではなくて、まさに動脈産業があって静脈産業があるんです。この循環があるから素晴らしい社会ができると伝えられると。そういう考え方です。

立原:最初にこれをやろうと思ったときは、何かモデルがあったのですか?

近藤会長:最初は北海道の石上車輌さんがされていたのです。その方もRUMアライアンスのメンバーさんで、そのお話を聞いて、うちもやろうと。だから石上さんは私どもの先生なんです。

立原:常にアンテナを張っていらっしゃるんですね。

近藤会長:このほか社内行事として、感謝の集いがあります。これは社員とそのご家族やお客様、お世話になった人たちをお呼びして、いってみればステークホルダーですよね。

一部は決算報告、二部では素晴らしい先生方をお呼びして講演いただき、三部は着席式の懇親会です。なかにはご祝儀を持ってこられる方もいらっしゃるんですけど、一切受け取るなと。会社の心からの感謝を表す場ですから、お金のことは一切気にせず来てくださいと。これは16年続けています。

立原:今、参加者はどのくらい?

立原:450人ほどいらっしゃいます。 我々のやろうとしていること、そしてお客様へ感謝の気持ちをお伝えする大切な場ですね。

全文(続き)をお読みになるには、ログインをお願い致します。

ログイン
<初めての方へ>
全文(続き)をお読みになるには、FUNAI メンバーズPlus(フナイメンバーズプラス)へのご入会が必要です。
初めての方は、最大3ヶ月無料のお試し入会をご利用いただけます。
  • FUNAIメンバーズPlusとは・・・?
  • 今すぐ本登録(3,000円 税抜)する
  • 今すぐお試し登録(最大3ヶ月無料)する
メルマガタイトル