明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

モデル企業ルポ(グレートカンパニーレポート)

無料コンテンツ

スーパー






2011.5.11

株式会社 エブリイ
代表取締役社長 岡崎 雅廣 氏


“地縁店”作りを目指し、「個店主義」や「地域密着」を徹底している食品スーパー。魅力ある店は「人」によってつくられる経営を中心にすえる一方で、販管比率の低さは業界トップ水準にある注目企業

地域に合わせて店ごとにまったく違う品揃え

直営スーパー18店舗を展開するエブリイの大きな特徴は、「個店主義」と「地域密着」。一般的なチェーン型の食品スーパーでは本部バイヤーによる一括仕入れが中心となっているが、エブリイでは生鮮食品の売場責任者が直接市場に出掛けていき、毎日自分で買い付けを行っている。

そして仕入れた本人が値段を付け、売り方を考え、POPを作成する。もちろん売り場で声を出して自分で売り込む。これらも分業化が進んだ食品スーパーの世界では珍しくなってきた光景だ。だがあえて“地縁店”づくりを目指すエブリイでは当たり前の毎日の風景なのだ。

店内はまるで市場にいるかのような元気な掛け声が聞こえてくる。売り場責任者はヘッドセットのマイクをつけて元気に声掛けを行い、お客様と笑顔のコミュニケーションをとっている。その日のイチオシ商品や目玉商品も自分が仕入れて自分が売り込むからこそ説得力がある。

エブリイの各店は品揃えや中心価格帯も違っている。惣菜の味も地域の好みに合わせて変える。朝方と夕方では売り込み商品の加工度も変える。例えば鮮魚なら朝は1匹売り、昼から夕方にかけては2枚、3枚へおろして、切り身から刺身へと時間帯ニーズに合わせて売り場を変えていく。それがエブリイ流の常識なのだ。

また通常の食品スーパーでは、売り場で商品を欠品させることを避ける。しかしエブリイは新鮮かつ、お値打ちな商品を提供することに集中し、商品が新鮮なうちに全力で売ることにこだわり、売り切れごめん型で販売している。

その結果、実現される圧倒的な販売力はロスを減少させ、なおかつ一般的な食品スーパーの数倍の売り場効率となっているのである。


(写真)売場責任者が自分で買い付けを行った商品を自ら値付けを行い、売場を作り、売り込む


強みを徹底的に強化する

エブリイの雑貨売り場の面積は、一般的な食品スーパーの売り場の20分の1にも満たない。逆に圧倒的な鮮度感をもった生鮮三品の売り場を拡げる。選択と集中。得意なコト、モノを徹底的に伸ばし、不得意なものを捨てて、特徴のある個性的な店を創っていこうという考え方だ。

業界の常識にとらわれない経営は売り場作りだけではない。食品スーパーの経験がない人材でも優秀とあれば店長に抜擢される。店長は店で働くスタッフのモチベーションを向上させ、その力の結集で売れる店を作っていくことが、一番、求められている。

「地域のお客様のニーズに応えられるのは、お客様を最も理解している店舗の社員。好みの味やなじみの商品は、その地域や時間帯によって少しずつ異なるはず」という地縁店の発想で、考えるスタッフが求められているのだ。

そのような独自のエブリイイズムは岡崎社長自身が主催している社員研修制度「K塾」を通して、幹部に伝えられている。その結果、地域のお客様の圧倒的な支持の獲得につながりエブリイの業績は、現在、絶好調なのである。

「お店は、お客様とのキャッチボールで進化し、その地域に合ったお店に作り上げていく」と岡崎社長は語る。

お客様に支持されない商品は省き、求められる商品を強化させることを繰り返すことで、地域になじみ、なくてはならないお店に変えていく。だからエブリイの各店はオープン後、年々、売上をアップさせていく業界でも珍しいスーパーとなっている。

大手のように資本力や設備、またシステムなどの仕組みに依存した経営ではなく、人を育て、人を活かす経営で他社との差別化を図るエブリイ流の経営は一朝一夕では真似できないものと業界での注目度も高い。

エブリイの好業績は、岡崎社長が願う社員一人ひとりの高い人間性に支えられているのである。



担当コンサルタント

岡聡

【プロフィール】
船井総合研究所 執行役員 岡 聡
アパレルメーカーでの企画・製造・小売の総合的な知識に船井流マーケティングをドッキングさせ、ドラッグストア、ホームセンター、商業施設・商店街、食品スーパーなどの小売業の活性化、メーカー戦略、ブランド開発、商品開発、チャネル開発、新業態開発、営業部隊活性化、本社戦略・営業システム開発、マーケティング教育などをトータルに企画・コーディネートし、企業の経営企画をサポートしている。



 



株式会社エブリイTient エブリイ緑町店
      
  • 株式会社 エブリイ
  • ■本社所在地:〒721-0973 広島県福山市南蔵王町2-10-22
  • 設立:1989年4月 
  • 従業員数:1,400名(2010年12月現在)
  • 資本金:4,800万円
  • 事業内容:スーパーマーケット&業務スーパー、業務スーパーFC地方エリア本部(広島県、岡山県、鳥取県、島根県)
  • ■URL:http://www.super-every.co.jp/
  • 第2回 グレートカンパニーアワード

■この記事は参考になりましたか?

無料経営相談 インターネットでの経営相談はこちら FAX用紙をダウンロードする

メルマガタイトル
全てのメルマガを見る>>