明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

対談集

プラス会員様限定

士業



竹内:一般的に税理士事務所は、税理士資格を持った人が代表者となって運営していくものですが、オーレンスグループでは、税理士資格をお持ちではない高橋社長が組織のトップでいらっしゃいます。こちらはどういうふうに決まったのでしょうか。

高橋社長:はい。福田会長は、資格者=経営者という固定観念がないんです。資格があるがゆえに経営ができないこともある。それがひとつの壁になって、もっと突っ込めばいいってことができない。むしろ資格がない方が経営は自由放漫にできるんじゃないかと。
会長は、若い時から仕事に責任を持たせる育て方をします。今、自治体の中央コンピューターサービスをしている社長も、30代前半から責任ある専務の立場で全権を持ってやっていまして、40歳くらいで社長になりました。僕も同じように30代前半から任せられて、鍛えられました。


税理士資格を持たない高橋社長

竹内:なるほど。

高橋社長:任せられた当初は、これだけの人数を背負うことが怖かったですし、資格者とどう働いていったらいいのか、よくわからなかったです。
そんな時に、本当にたまたま、船井総研のホームページを見ました。税理士の勉強会があったので参加したんです。その時、アイクスの小長谷社長が講演されました。冒頭、「僕は税理士資格ないです」っていうとこから入って、聞き入るように話を聞きました。これだ!と思いましたね。研究会に入って、アイクスさんとコンタクトを取るようになって、小長谷社長からもアドバイスをいただいたりしながら、その年、社長になることを受けました。


船井総合研究所の研究会に入会

竹内:会計事務所の業界を見ていると、資格者が創業者であっても、二代目の無資格のかたが事務所を大きくするパターンはありますね。
今は税務会計だけでなく、システムのサポート、プロバイダ事業、さらにもうひとつ大きなサポートとして、TMRセンター(酪農家のための餌を供給する組合)を作られました。これをするに至った経緯は、どういったものでしょうか。

高橋社長: これはシンプルです。農協から依頼がありました。TMRセンターは牛の給食センターのようなものなんですが、もともと北海道に1軒あって、別海町で2軒目を作ることになったんです。それならオーレンスさんが計画を立ててくれないか、という話でした。今、会員が49組いますから、そこに含まれる農家の戸数というと500を超えると思います。

TMRセンターを利用した東北への飼料提供

竹内:酪農家には、餌の確保であったり、そういう重たいところをカバーすることによって、生産に集中していただくと。会計や税務申告もそうですし、そういった部分を総合的にサポートしていくということですね。 もうひとつ、大切なエピソードをお伝えしたいと思います。3.11の震災のあと、TMRセンターを活用して、東北地方の酪農家の方に餌をお送りされていましたね。

高橋社長:私どもは、TMRセンターの協議会の事務局をやっています。この事務局に酪農大学から問い合わせがありまして、放射能の問題で、酪農家が困っているというんですね。あっても、輸入物の高い餌になってしまうと。それなら支援しようということで、22個ぐらいのロールをトレーラーで運びました。ここに資料がありますが、23年度は2,680個、24年度は3,906個、25年度は3,879個、26年度は1,701個、これらを支援として送っています。

竹内:皆さんにロールのイメージをお伝えすると、ロールひとつで軽トラックがいっぱいになるくらいです。1ロール800㎏ほどありますから、どれだけのサポートをされてきたか、おわかりいただけると思います。


東北への飼料提供

全文(続き)をお読みになるには、ログインをお願い致します。

ログイン
<初めての方へ>
全文(続き)をお読みになるには、FUNAI メンバーズPlus(フナイメンバーズプラス)へのご入会が必要です。
初めての方は、最大3ヶ月無料のお試し入会をご利用いただけます。
  • FUNAIメンバーズPlusとは・・・?
  • 今すぐ本登録(3,000円 税抜)する
  • 今すぐお試し登録(最大3ヶ月無料)する
メルマガタイトル