明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

対談集

プラス会員様限定

習い事スクール(子供)


少子化を追い風に変えた「そろばんの可能性」【前編】 <無料公開>

株式会社イシド 代表取締役会長 石戸 謙一氏・代表取締役社長 沼田 紀代美氏

対談者:船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント 犬塚義人

1973年に千葉県白井市にそろばん塾を創業。今年創業40年。
現在、石戸珠算学園の直営教室は29教室、生徒数3600人。いしど式グループ加盟教室は全国に120を数え、生徒数は1万人を超える。

斜陽といわれたそろばん教室


衰退傾向にあるそろばん教室。
しかしイシドの生徒数は業界の
平均値の倍の生徒数を誇る。

犬塚:スクール・教室業界の一般的な水準値から見ると、子供・幼児向けの学習教室は、一教室あたり50名前後の生徒数が一般的です。

石戸珠算学園は一つの企業で直営店ベースで29教室、一教室あたりの生徒数が100名を超えていますから、業界の平均値の倍の生徒を確保されていますね。教室業界というのは職人異質で、技術面などにおいて先生に依存してしまうのが多いなか、このように全国に広まるのは稀です。生徒だけでなく先生も育てていく仕組みづくりをし、いしど式そろばんを日本全国に広めていらっしゃいます。

そろばんは一時期、衰退に向かっていき、ピーク時からするとかなり教室も減りました。このように市場が縮小する業界は多いと思いますが、そんな中でどう生き残ったのか、皆さんそこに興味をお持ちではないかと思います。


石戸会長:斜陽産業になるには様々な要因があると思います。そろばん業界では、少子化やOA機器の普及、学校教育からの衰退などがいえます。
私がそろばん教室を初めて5、6年経った頃、この業界は下り坂に入っていきました。さてどうしようかと考えた時、他の業界を見渡して、どんな業界でもナンバー1、ナンバー2は必ず残るという例をいくつか見ました。ほかのそろばん教室があれこれ違う業種に手を出した時に、よし!専門化してしまおうと。そうすれば、そろばんに関しては、いしどはナンバー1だと。極めていけば、いつか生き残れるのではないかというふうに思いました。


そんな折に、異業種交流会でスポーツ業界の方と知り合う機会がありました。いろいろ聞くなかで、スポーツ選手が行なっているイメージトレーニングをそろばんの中に取り入れてみたらどうかと。試行錯誤を重ねていき、今のいしど式になりました




能力開発だけでなく しつけも身につける


そろばんの習得だけではなく、
しつけにも力を入れている。

石戸会長:世の中は少子化で、親は子供の教育に熱心な時代です。そろばんをそろばん教室としてだけでなく、基本的な能力開発だと位置づけました。そろばんは小学校3年生ぐらいから習い始めるのが一般的ですが、能力開発ですから早い方がいいと。まず幼児教育に力を入れたということです。

犬塚:私も教室で授業風景を見ていて、やはり驚いたのは、幼稚園児がピシッと集中して問題を解いている姿ですね。そろばんを使わずに4ケタ×2ケタ、3ケタの掛け算や割り算を、素早く解いていきますよね。幼児があそこまでできるというのに驚きました。
スタート当初から、ここまで結果が出ると確信を持っていらしたのですか?それとも手さぐりで進まれたのでしょうか。

石戸会長:まず私自身がイメージトレーニングの勉強をする必要がありましたから、最初は手探りでした。実際に取り入れてからは、それまで5ケタぐらいの計算が精いっぱいだった子供たちが、あっという間にその壁を突破して7ケタまでできるようになりました。これはいけるぞと。ですから私が特別に素晴らしい力を持っていたということではなく、とにかくやってみようと新しいことを取り入れた結果だと思います。

犬塚:いしど式そろばん教室が、そろばん技術だけでなく保護者の方々から評価されている点に「しつけ」がありますね。家では落ち着きのない子供が、教室に行くと集中して勉強に取り組んでいると。このあたりはいかがですか?

石戸会長:そうですね。学校では学年で区切って教育を行いますよね。しかしそろばん教室では学年はほとんど関係なく、一つの教室の中に幼稚園の生徒もいれば、時には中学生もいると。こういう環境ですから、当然同じ感覚で教えることはできないわけです。子供とはいえ、必ず秩序というものが出来上がっていかなくてはいけない。これらは家庭で教えるべき事ですが、今は一番しつけがされていない人たちが親になっている時代ですので、これを教室でやっていけば別の面で評価されるのではないかな?というふうには思っていました。

未経験者でも教師になれる


指導者は技術力より、コミュニケー
ション重視。


犬塚:なるほど。市場や消費者の求めているもの、現場の中での様々な試行錯誤と作り込みによって、今のいしど式が生まれてきたということですね。現在、いしど式そろばん教室は全国に広まっていますが、教師の育成には独自の考え方をお持ちですね。

石戸会長:そろばん教室が衰退して生徒数が少なくなった中でも、私どもは低成長ながらも伸びていました。人が足りなくなって新しい指導者を募集したのですが、よそのそろばん教室の経験者では、いしど式の方針に合わない人も出てきました。これでは、たとえそろばんの時代がまた来たとして、それに携わる指導者が増えていかないと。だったらそれほど知識や力の無い人でも、まず自分が育てていこうと思いました。

学校の先生でも同じことですよね。学校を卒業するまでは、人の教育経験は無いわけです。しかし一年も経てばそれなりの仕事ができるようになっていますよね。そろばんの先生もそれでいいじゃないかと。まずできるところから始めて、指導者そのものが子供と一緒に成長してくれればいいと。
こういった仕事は技術が必要ですが、技術は教えれば誰でも覚えられるものです。それよりもイメージトレーニングを指導することに関しては、教わる生徒側の向上心をいかに高めるかということが、私は大事だと思います。ですから指導者の技術力でなく、子供をやる気にさせる、その方法を持った指導者の方が、はるかに私はレベルが高いのではないかと思いますね。

犬塚:確かに、いしど式の先生方は生徒たちとコミュニケーションを取りながら、うまく向上心を持たせていらっしゃいますね。

教師は技術力よりコミュニケーション能力を重視

犬塚:では、実際に現場で先生方を統括している沼田社長にお聞きします。
子供の向上心を上げる方法ですが、実際にそういった褒め方や叱り方というところも含めて研修されているのですか?

沼田社長:もちろんです。やはり教師が向上していかなくてはいい教育はできないと思っておりますので、全国珠算連盟に加盟されている方、いしど式に加盟されている方と、月に何度も研修会を開いて勉強しています。イメージコントロール法やマインドの上げ方、脳のどういうポイントを使えば記憶の量が多くなるかなども含めて勉強していて、教師資格の制度もあります。
このほか教育の部分、しつけの部分、多岐に渡ってカバーしていると思います。

犬塚:そろばんの先生になるには、一般的には技術力を問われるものだと思いますが、その感覚が、いしど式においては違うよ、ということですね。
それが保護者の方々のニーズともかみ合って、今の成長の秘訣があるということですね。
そろばん未経験の方でも先生になるチャンスがあるということですが、採用するのに重視していることはありますか?


(左)犬塚義人 (中)石戸謙一氏
(右)沼田紀代美氏

沼田社長:新卒採用に関しては、そろばん経験はあまり関係ありません。内定後に始める方もいるくらいです。

そろばんは国家資格があるわけではないので、採用に関しては、とにかく素直さを重視しています。最初からできないとか無理だというのではなく、興味を持ったことに対して素直に受け入れる気持ち、努力する気持ちのある方は非常に伸びていきますし、指導者としてもいい指導者になります。

犬塚:私は以前、会長に、そろばんの一流の先生にとって必要なのは「技術」と「コミュニケーション能力や向上心」、どちらですか?と質問したことがありましたね。

石戸会長:技術というのは、どのくらい練習をしたかに比例します。あとはその個人の能力差、センス、いろいろなものがありますね。
私も過去に選手の時代がありましたけども、一流選手ではなく、やっと県の代表になれるくらいの力でした。ただいえることは、昔のように練習量を多くして、俗にいうスパルタで教えても仕方がないということです。技術だけではなく、いろいろな手法を取り入れて、それを押し付けるのではなく上手に子供たちの中に組み込んでいき、いかに受け入れられるように持っていくか。これは教える方と教えられる方の信頼関係が無くてはうまくいきませんから、そう考えると先生にとって一番大切なのは、コミュニケーション能力ということになると思います。


少子化を追い風に変えた「そろばんの可能性」【後編】へつづく

FUNAI メンバーズ Plus とは?

株式会社イシド
PROFILE
石戸謙一(イシドケンイチ)氏 (左)
株式会社イシド    代表取締役会長

沼田紀代美(ヌマタキヨミ)氏 (右)
株式会社イシド    代表取締役社長
 設立 :1973年
資本金:1,500万円
本社所在地:千葉県白井市掘込1丁目1-12 渡辺ビル2F
事業内容:そろばん教育事業、直営教室「石戸珠算学園」
       の運営、加盟教室への教育ノウハウの提供、
       「インターネットそろばん学校」の開発、販売、
       珠算教師資格コースの運営、新規開校の支援
実績:読上暗算小学生日本一、読上算小学生日本一、
    読上暗算中学生日本一、読上算中学生日本一
全関東学年別大会2年連続最優秀団体獲得・最優秀選手・
ジュニア名人位獲得、全日本珠算競技大会優勝等多数

そろばん博物館:千葉県白井市復1459-12
開館時間 水~日・祝日 10:00~16:00
ウェブサイト:http://www.soroban-muse.com/
宮内和也(ミヤウチカズヤ) 船井総合研究所 上席コンサルタント 犬塚 義人(イヌヅカヨシト)
船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント

船井総研『スクール・教育ビジネスチーム』のチームリーダー。年間300回を超える学習塾や スクール企業のコンサルティング支援や社員研修・講演を行い、その「現場主義」に基づいたコン サルティング・講演内容は、業界内外を問わずファンも多い。「今後、競争が激化する学習塾業 界においては、社員は『講師』であるだけでなく、『ビジネスパーソン』であり、『会社人』であり、 『真の教育者』でなければならない」という信念のもと、学習塾企業の社員向けに研修を行ってい る。10年を超える教育ビジネス現場の経営コンサルティングに裏づけされた豊富な知識量と、 全国各地の成功ノウハウの引き出しの多さを盛り込んだ講演・社員研修は非常に好評で、各地 域の大手学習塾企業からの毎年の定期研修を依頼されている。

 

■スクール・学習塾の即時業績アップを支援する「スクール経営.com」 
■ スクール経営コンサルタント@船井総研のブログ



    



メルマガタイトル
全てのメルマガを見る>>