明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

対談集

プラス会員様限定

菓子



横山:人の採用についてお伺いします。
岐阜県恵那市にありますが、何か工夫されていることがあればお願いします。

鎌田社長:田舎が不利なのは、人を募集するにはハローワークしかないことです。だからみんな都会に出ていきます。そのため募集のやり方をNPOの人たちと話して変えようとしているところです。これからは田舎にいていい仕組みを作らないとダメだと思うんですよね。それをどうやって実現するか、具体的に考えているところです。
狙っているのは、やっぱり基本的な概念とか、会社のプラットフォームみたいなのをきちんと伝えてあげること。田舎に住んではみたけれど、仕事がどうもあまりおもしろくない、そんなのダメでしょう。

横山:なるほど。

鎌田社長:先日も新宿の駅ビル施設の方が来たんです。田舎と都会を、それも若い女性が結ぶようなことをしたいと言っていて、NPOの人たちが2日間一緒に観光して、えらい感動して帰ってくれたんです。例えば、これを田舎のNPOが旅行代理店やってあげれば、みんな満足できるんじゃないかなって。人との関係もつくれるし。つなぐ人とつなぐ場を得れば、田舎でもいけるんじゃないかと思うんです。ドラえもんで、のび太やジャイアンが集まる土管公園みたいな場所、ああいう場所があれば人は集まってくるんですよね。
というのは先日、『岐阜ナイトin Tokyo』というのを東京の神田でやったんですよ。100人以上が集まったらしいです。何もしていなくても、岐阜ナイトやるぞ!というだけで岐阜好きの人や出身者が集まってくるわけですよね。NPOの人たちが東京に行って、こういう活動をしていると話しながら、おそらく飲んだだけだと思う(笑)でも集まるんだよね。

横山:ちょっとしたコミュニティーというか。

鎌田社長:そう。コンセプトがしっかりしていれば人は集まる。それは田舎でも同じ。
この間、大学生のインターンを募集したら10人くらい来たんです。彼らは何かを求めて来ていて、僕らは栗拾いをしてほしかった。だからそこの交換をしないか?と持ちかけた、まさにそれなんですよ。
よく、田舎を都会にするって表現しますけど、都会の人がうらやむような何かを価値として見つけていければいいですね。その価値をつくることの方が、ビルをたくさん建てるよりも意味があることのような気がしますね。

横山:なるほど。

鎌田社長:だから僕はそういう考え方です。組合だとか横のつながりではなくて、栗を食べるのが好きな人、作るのが好きな人、加工するのが好きな人、栗にまつわる人たちが横につながっていて、それぞれが一緒になればいい。でもその先にはお客様がいてタテのつながりもある。タテと横がクロスして、それが本当の意味で固まればいいと思います。


農家が自信を取り戻す高品質の栗が地域の自慢をつくる

全文(続き)をお読みになるには、ログインをお願い致します。

ログイン
<初めての方へ>
全文(続き)をお読みになるには、FUNAI メンバーズPlus(フナイメンバーズプラス)へのご入会が必要です。
初めての方は、最大3ヶ月無料のお試し入会をご利用いただけます。
  • FUNAIメンバーズPlusとは・・・?
  • 今すぐ本登録(3,000円 税抜)する
  • 今すぐお試し登録(最大3ヶ月無料)する
メルマガタイトル