明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

対談集

プラス会員様限定

住宅



社員の声から生まれた『ジョンソンレディ』

宮内:ジョンソンホームズには女性社員が多く、家づくりにおいても女性ならではの感性でお客様の共感を得ていらっしゃいます。女性活躍の場として『ジョンソンレディ』がありますね。

川田常務:あるとき採用した女性が、他の建築会社で家を建てた後に、うちに入社しました。その時に満足なフォローが得られず、疑問をもったそうです。住宅会社は家づくりが最大の目的だと思いますが、やはりその後のフォローも大事なんですよね。建てた後に、外溝をもっとこうしたい、お手入れ方法がわからない設備があるとか、いろいろ出できます。そこで3ヵ月に1 回、永久的にジョンソンレディが訪問するというコンセプトで、15年くらい前に始めました。メンテナンスだけでなくいろいろなご意見が出ます。

宮内:大手ハウスメーカーなどでは、点検期間中に下請け会社が不具合を直しに来るという形式が多いかなと思うんですが、ジョンソンレディは3ヵ月に1 回、同じ担当者が訪問される のでしょうか?

川田常務:できるだけ同じ女性が回るようにしています。15年も経つと勤務環境にも変化があります が、半永久的に担当するようになっています。

宮内:クレームやメンテナンスよりも、お客様に寄り添うような感じだと伺いました。

川田常務:最初は、クレームの電話をいただいたなら、そのお悩みを摘み取ってさしあげようという気持ちでスタートしたんですけども、同じ女性がずっと行き続けていると、そのうち子育ての悩み相談などを受けるように変化してきました。外出の機会が少ない奥様には、オーナー様向けイベントの『ライフスタイル倶楽部』に来なよ! ですとか、人生の相談相手のように変化してきましたね。お掃除の小ネタだとか、主婦同士の会話だとか、そういう話を自然とするようです。クレーム要素はどんどんなくなっていって、お客様の日々が楽しくなるようなサポートのためにお伺いするように変化してきましたね。

宮内:このあたりもトータルライフをサポートするというところに、つながりますよね。

川田常務:そうですね。家をたくさん売ろうとか良い家を建てたいとかも大切ですが、会社の根源としては、そこで暮らす人がずっと楽しく毎日ワクワク幸せに暮らしてくれたらというのをコンセプトとして持っていたので、行き着く先でつながっていきますね。


左から、山地章夫(やまち・あきお)氏と川田新平(かわた・しんぺい)氏。

全文(続き)をお読みになるには、ログインをお願い致します。

ログイン
<初めての方へ>
全文(続き)をお読みになるには、FUNAI メンバーズPlus(フナイメンバーズプラス)へのご入会が必要です。
初めての方は、最大3ヶ月無料のお試し入会をご利用いただけます。
  • FUNAIメンバーズPlusとは・・・?
  • 今すぐ本登録(3,000円 税抜)する
  • 今すぐお試し登録(最大3ヶ月無料)する
メルマガタイトル