明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

対談集

プラス会員様限定

環境リサイクル/資源/解体

社員と一緒に喜ぶという社風

近藤会長:リサイクル業で静脈産業のひとつのモデルをつくることが課題です。まずできることとしては、社員教育をしっかりするということ。特に大事なことは5Sです。整理整頓清潔清掃しつけ。私はしつけには、ちょっとうるさいです。

それから、発展途上国のこともお話しましたが、日本がこれだけ豊かになった過程には、ひどい公害問題も起こした。それが今、現実に途上国の中にはあるわけです。そういった日本が失敗したことを教えてあげて、そして新しいことを取り入れていく、いらなくなったことをちゃんと処理する。この2つの方法を教えてあげることが必要かなと思うんです。

これはある意味で社員にしつけをするのと似ていて、しつけという言葉が正しいかはわかりませんが、そういうことをお伝えすることかなと思っています。

立原:確かに、会社にお伺いした時の挨拶はピカ一ですね。

近藤会長:ありがとうございます。

立原:必ず全員立ってくださいますし、ほぼ揃っていますよね。している作業は皆さん違うのに、立って挨拶すると。工場の方も一緒ですよね。

近藤会長:私も凄いなと思うのは、例えばフォークリフトに乗っていても、フォークリフトを止めて、そこから降りて目を見て挨拶してくれるんですよ。私が見ていても感動するんです。

立原:やらされてる感がないですよね。あの浸透度は本当に不思議です。そして工場はむちゃくちゃ綺麗ですよね。あれも社長の提案で?

近藤会長:やっぱりきれいにしようと、挨拶日本一になろうと、世界一キレイな工場を作ろうと。あとは自律と協調なんです。我々の仕事は汚いってイメージがあるわけですね。汚いものを扱うからこそキレイな工場を作ろうと思った。そしてキレイな工場を作ると、荷物を置くにしても、斜め置きしないようになるとかね。そういうことができるようになると、事故率も必然と少なくなると。

うちはあんまり事故っていうのはないんですが、そういう意味においてしつけができていると、身の安全性も考えられるようになる。そうすると働いても楽しくなってくる。そして、きちっとやっているから、お客様にほめられる。ほめられたことは次の日の朝礼で全員に話すわけです。これは「いいね!」報告です。ほめられて嬉しいことを社員に伝えることで、うれしいことの共有化をするわけです。

  
業界イメージをくつがえすピカピカの工場に中古自動車部品が並ぶ。

立原:いいコミュニケーションになりますね。プラスの。

近藤会長:そうなんです。ひと言で情報共有化っていっても、じゃあどうするかといったときに、皆で一緒に喜びましょうという社風をつくってきました。そういうことが今の会社の雰囲気になっているのかなと思いますね。

全文(続き)をお読みになるには、ログインをお願い致します。

ログイン
<初めての方へ>
全文(続き)をお読みになるには、FUNAI メンバーズPlus(フナイメンバーズプラス)へのご入会が必要です。
初めての方は、最大3ヶ月無料のお試し入会をご利用いただけます。
  • FUNAIメンバーズPlusとは・・・?
  • 今すぐ本登録(3,000円 税抜)する
  • 今すぐお試し登録(最大3ヶ月無料)する
メルマガタイトル