明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

対談集

プラス会員様限定

習い事スクール(子供)


少子化を追い風に変えた「そろばんの可能性」【後編】

株式会社イシド 代表取締役会長 石戸 謙一氏・代表取締役社長 沼田 紀代美氏

対談者:船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント 犬塚義人

1973年に千葉県白井市にそろばん塾を創業。今年創業40年。
現在、石戸珠算学園の直営教室は29教室、生徒数3600人。
いしど式グループ加盟教室は全国に120を数え、生徒数は1万人を超える。

インターネットそろばん学校


親の転勤などで教室に通うことが
できなくなっても、インターネット
そろばん学校が開校し、イシド式
そろばんを引き続き習得できる。

犬塚:今年で創業40年、今では全国に教室をお持ちのイシド珠算学園ですが、教室だけでなく、インターネットを利用したそろばん学校もされています。
インターネットがそれほど普及してない時代に、かなりの費用をかけてチャレンジされたかと思いますが、その目的などお聞かせ下さい。


石戸会長:インターネットそろばん学校は1999年に導入しました。
やはり自分の教えた生徒というのは可愛いですよね。そんな生徒たちが、両親の転勤に伴って引っ越していってしまうと。引っ越した先でそろばん教室に通ったのだけど、それが楽しくなかった。「もう一度いしどで習いたい」という嬉しいご意見をいただいていましたので、それならそのインターネットをうまく使えないかと。今まで教室に来ていてくれていた子供たちへのサービスとして始めました。ですから、インターネット社会に先駆け、夢と冒険を託して!というような大それたものではなかったのです。

犬塚:なるほど。便利なツールができたので、まず使ってみようという考えからなのですね。

石戸会長:そうですね。ですから利益が出ないから辞めよう、ではなくて、5年かけて運営経費が出ればいいかな、というぐらいの気持ちでした。
お客様は神様という言葉がありましたけども、私はその点ではお客様は先生だというふうに思いましたね。色々なことを自分たちに気づかせてくれる、教えてくれる。それに対して我々が取り組んでいけば、いい結果を生むということではないでしょうか。

全文(続き)をお読みになるには、ログインをお願い致します。

ログイン
<初めての方へ>
全文(続き)をお読みになるには、FUNAI メンバーズPlus(フナイメンバーズプラス)へのご入会が必要です。
初めての方は、最大3ヶ月無料のお試し入会をご利用いただけます。
  • FUNAIメンバーズPlusとは・・・?
  • 今すぐ本登録(3,000円 税抜)する
  • 今すぐお試し登録(最大3ヶ月無料)する

メルマガタイトル
全てのメルマガを見る>>