明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

対談集

プラス会員様限定

車検・整備


どこまでも追求し続ける経営理念「人は人のためにあり」(後編)」

サンアイ自動車株式会社 代表取締役 市橋 正孝氏・専務取締役 伊藤 幸三氏・社長室 伊藤 知世子氏

対談者:船井総合研究所 小平 勝也

怒ったことがない社長


サンアイ自動車株式会社

代表取締役社長 市橋 正孝氏

小平:ほかの会社さんで市橋社長のことをご紹介すると、みなさん驚かれる話があります。社長ご自身が、一度も怒ったことがなく、怒鳴ったこともないというお話しです。

市橋社長:そうですね。そんなに人を憎むような理由もないですし(一同笑い)自分がまだまだ至らないのに、人さまを憎んだり嫌ったりすることは大きな間違いではないかと思います。やはり、まずは自分がどこまで相手に愛情を示せるか、まず自分自身をきちんと見つめた上でなくてはね。怒らないということを意識しているわけではなくて、自然とそういう気持ちになっていますね。


小平:疑うわけではないですが、専務、本当ですか(笑)。

伊藤専務:はい(笑)。社長は相手が自分に合わせてほしいというタイプではなくて、相手に合わせていくタイプですから、基本、腹を立てたりすることがないのでしょうね。まるで絶滅危惧種のような方です(一同笑い)。人は、自分に合わせてほしいという思いが強ければ強いほど、それが怒りに変わっていくのではないかと思いますが、社長の根本的な発想のもとに、そういった感覚が無いのではないかと。

小平:知世子さん、ご家庭でも同じなのですか?

知世子さん:そうですね。娘の私でも、生まれてこのかた45年、一度も怒られたことがありません(笑)。それは自分が親になってみて、すごく不思議なことだと分かりました。
怒らないというのは、干渉しないということではなくて、なにかを言いたい時には、ゆっくりと言葉を噛みしめるように、説得しながら話します。ですから急に感情に任せて言葉を発して怒られるということは、本当に生まれてこのかた一度もないです。

市橋社長:やはり自分自身も人の仲間の端くれですので、まずは人を尊敬するという気持ちが大切ではないかと。人はみんな平等で、それは大人でも子供でも一緒なのだという、そんな気持ちで接しています。それと自分の性格上、相手に怒ることで人間関係が壊れるというふうにはなりたくないという想いがありますので、尊敬の念に重点を置くようにしています。


人はみな平等 愛情を持って人と接する

小平:なるほど。そういえば社長は、新しい建物を建てたり改築をする際に、取引業者さんとあまり値段の交渉をされないとお聞きしたのですが。やはりそれもそういった心からなのでしょうか?そして、お車を購入されたお客さまも、買わずに帰られるお客さまも、同じようにお見送りをされるそうですね。

市橋社長:にほん燦クラブには平成2年に加入をして、今年で23年になります。月に一回、全社員が参加する社内勉強会を行っています。このほか、愛知県春日井地区の中で勉強会に加盟している会社さんと共に、月に一度、地域の公民館で勉強会をしています。

市橋社長:もともとは私も、損得や自分の都合でものを判断することも多かったです。けれどもだんだんと、これは人間が余分な意識をいっぱいくっつけてきたなあと思いまして(笑)。変な我を取らないといけないと。
お客さまはもちろんのこと、社員の人も、出入りしていただく業者さんにも、みなさん同じような気持ちで接しています。長年たってみると、今ではそれが信用に繋がったり、あるいは会社の信頼度のようなものに変わってきているのではないかと思います。またその姿を社員の人も見てくれているのかな、というふうに感じますね。


知世子さん:社長は本当に、例えばお客さまのお子さまに対してでも「いらっしゃいませ。こんにちは」と同じように挨拶をします。そんな姿を社員さんも見ていますので、いいお手本になっているのだと思います。
お客さまにいい態度をするのは当たり前のことですけれど、業者さんにも同じように接しているおかげでしょうか、社内でお客さま感謝デーのイベントをした際に は、業者さんがたくさん応援に来て下さいました。当時うちの社員が50名ぐらいだった時に、全部で100名になるぐらい、みなさん助けて下さいました。そ んないい雰囲気にもなっています。

小平:おそらく、この対談を見ている方は気になっていると思うのですが、やはり会社経営ですので、数字が追いつかない時、成果が出ない時もあると思いますが。そういう時はどうされているのですか?


社員が考えたスローガンを掲示


市橋社長:やはり、まず原因を知るということが大事ですね。悪いという以上は、必ずどこかに原 因があると。例えば社員さんとの関係だったとすれば、その社員の人にどこまで愛情が示せたか。人間にとって、やはり愛情が一番大事なことですよ。我が子 だって同じことです。愛情のない親子は、必ずどうかなっていきますよね。そういう根本的な部分の意識改革をしない限り、いつまでたっても解決しないですよね。


小平:仕事に取り組む心のあり方や、人生への向き合い方などを大事にして勉強会をされていると。これは素晴らしいことですね。社長は、社員さんたちとコミュニケーションを取るうえで、気をつけていらっしゃることはありますか?


市橋社長:たとえば食事会を通して皆と雰囲気のいい中で語り合うような機会もありますが、つねに社員の人たちの後ろ盾、後ろ押しをしていけるような気持ちを心がけています。
先日、こんなことがありました。社員の人たちが、私の知らないうちにお客さまやお取引先にゴルフコンペの声かけをしていまして。のちに40人以上が参加されるという報告を受けたものですから、これは私も行かなくてはと(笑)。プレーはしませんでしたので背広姿でしたが、7時前に現地に行きまして、参加された皆さまにお礼の言葉だけでもと思い、お声がけさせていただきました。

小平:根本を変えようと思うと時間がかかりますよね。経営、いわゆる数字の面でいうと、そんなに悠長なことを言っていられない場面もあるかと思いますが。

市橋社長:では他に良くなる方法がありますか?と聞かれたらね、無いですよ(笑)。自分の心の中にこの考えを据え付けて、そこから一歩一歩、歩んでいくぞという意識さえしっかり持てば、必ずいい方向へ行くのだと。私はそんなふうに思います。

社員と作りあげた経営理念


とても清潔な整備工場

小平:なるほど。経営理念の基本理念についてですが、~「人は人の為にあり」の実践~を掲げていらっしゃいますが、これはどういったところからなのですか?

市橋社長:この経営理念は、社員の人たちと一緒に作りました。解釈や説明が少し難しいのですが…みな自分ひとりがという自己を優先する気持ちでいますが、今ある自分という存在は、必ず相手があってのことだと。だとすれば、人は人のためにありということは、もう生まれながらにしてそれが使命で、人のためになってこそ、自分であると。お互いに全員がそういう形になれたとき、本当の平和がくるよと。そんなメッセージです。
お客様に喜んでいただいたり、幸せになってもらおうという考えをもって接すること、肌で感じる体験が、もっとも大切なことだなと。

伊藤専務:この経営理念は、どれだけやってもまだ足りないのではないかと思う、非常におもしろくチャレンジしがいのある経営理念です。新入社員が入った時に、私どもの経営理念を説明するときは、非常に誇りに思います。

小平:説明するとき誇りに思う経営理念。素晴らしいですね!
最後になりますが、社長にとって車屋さんという商売はどんな意味があるのでしょうか。

市橋社長:人間の欲求はきりがないですから、どのような物で満足いただけるのかは分かりませんけれども(笑)。今の時代は車社会ですから、車を通してお客さまにどれだけ幸せになって喜んでいただけるか、これを追求していこうと思います。私たちは自分が選んできた自動車業ですので、これを大切にしていこうということ、誇りにしていこうということで、経営理念の中には「自動車業に情熱と誇りを持ち」という言葉もあります。

伊藤専務:仕事を通じて全社員が自己成長できる場所、それがたまたま自動車業だったと、社長にとってはそんな感覚なのかなと思います。
社長が取り組んでいることは、人の心を育てていく人財育成。それを身をもって実践して下さる。我々にとって非常にプラスでありがたい存在だなと感じております。

知世子さん:仕事のスキルはどんな会社でも学べると思いますが、どんなふうに物事をとらえていけば自分の能力を最大限に引き出せるのかですとか、仕事とは別にそういった学びの場があることは、社員さんたちにも喜ばれているのかなと思います。

市橋社長:最近私が嬉しく感じるのは、社員さんのご家族の方がニコニコ顔でよくお店に出入りしてくださることです。社長と社員は平行線という言葉があった時代もありましたが、もう今では考えられないことですね。雰囲気よくやれているな、と思います。


左から伊藤専務、市橋社長、知世子さん、小平

小平:そのあたりが働く社員が誇りを感じるというところなのでしょうね。本当にみなさん楽しそうに仕事をされていますよね。
本日はありがとうございました。

前編はこちら・・・・・・


(市橋 正孝(イチハシ マサタカ)サンアイ自動車株式会社 代表取締役
PROFILE
市橋 正孝(イチハシ マサタカ)氏
サンアイ自動車株式会社 代表取締役
創業 :1963年
代表:市橋 正孝
資本金:1,000万円
従業員数:85名
本社所在地:愛知県春日井市味美町2-119
電話:093-551-5555
FAX :093-513-3222
業務内容:新車、中古車販売、車検、整備・点検
小平 勝也(コヒラ カツヤ) 船井総合研究所 上席コンサルタント 小平 勝也(コヒラ カツヤ)
船井総合研究所 上席コンサルタント


1997年オートビジネス発足と同時に所属し、翌年のオートビジネス経営研究会の開会と共に専任講師を務める。自動車メーカー用品からリサイクルパーツ関連に至るまで、業績アップの担い手として幅広く活躍。情報システム分野にも強く、整備・板金業を中心として、業務支援システムや経営管理システムなどのソフトウェア開発へのアドバイスも行っている。「ヒトと美しさの追求」をテーマに、従来にない斬新な切り口で、現場密着の経営施策を提案する。遊び心満載のユニークな発想と実際に使える具体的なアドバイスが、経営者に講評を得ている。