明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

プロフィール

954.jpg
稲葉 元一朗(イナバ ゲンイチロウ)  
チーフ経営コンサルタント 
リフォーム 
■ コンサルタントより一言

このような方はお気軽にお声がけください。
【1】今は新築主体だが3年後、5年後を見据えて、単価1000万円級の戸建リノベーション事業に取り組みたいという工務店・ビルダー様
【2】今はリフレッシュ工事が主体だが、単価1,000万円級の戸建リノベーションを手がけたいというリフォーム会社様
【3】既にリフォーム事業に取り組んでいるが独自固有の長所をつくり、成約率アップ、単価アップを実現したいという会社様

 
このコンサルタントに無料経営相談を申し込む

経歴

1999年6月 船井総研入社
2004年1月 チーフコンサルタント
現在に至る

研究会のご案内

「同質化」「価格競争」から脱却! 『増改築ビジネス研究会』

戸建リノベーション事業に新規参入することを検討している企業様が相互に情報交換と研究を行うことにより、戸建リノベーションビジネスを深耕し、会員企業様における業績の向上を目指すことを目的とする会員組織です。

弊社はこの会員組織の運営事務局として例会の開催、無料経営相談の開催等を行い、戸建リノベーション事業に関する知識、情報、事例、ノウハウ等を会員企業様に提供していきます。

>>>資料の無料ダウンロードはこちらから

得意テーマ

  • ■ 戸建リノベーション事業 立ち上げ支援(主な出身業種:工務店・ビルダー様)
  • ■ 戸建リノベーション事業 集客力強化支援
  • ■戸建リノベーション事業 商品力強化支援(性能向上リフォーム)
  • ■ 戸建リノベーション事業 営業力強化支援

主な講演実績

住宅リフォーム産業 ビジネスモデルフェア2016

増税を控えた今!自社と成長と生き残りの為に今年何をすべきか?


フォレスト・オオモリ 視察ツアー&セミナー

雑貨・家具からつくる高単価リフォーム デザイン力・テイストを現場で体感!! 
百聞は一見にしかず!!


【2016年】高単価リフォーム モデル企業 視察ツアー&セミナー

価格競争・同質化にお悩みの経営者様向け


【2015年】エンラージ視察&セミナー

女性活用&高単価リフォームのモデル企業


【2015年】断熱リフォームのモデル企業 棟晶視察ツアー&セミナー

3年後5年後を見据えたリフォームビジネスを!


【2014年9月】高単価リフォームビジネスモデル公開セミナー

消費税10%へ!「新築60万棟時代」の対策に!他社との同質化・商品力不足・単価の低さにお悩みの経営者様必見!!


【2014年7月】増税後も業績を伸ばす高単価リフォーム会社事例公開セミナー

高単価リフォーム会社繁盛企業を徹底解剖!! 実際に取り組んでいるポイントをご紹介


【2014年6月】平均単価2,200万円リフォーム ビジネスモデルセミナー

他社との同質化・商品力不足・単価の低さにお悩みの経営者様必見!! 新築60万棟時代の対策に!


その他講演実績

    <外部講演実績>
  • ・「業界のかかえる課題と解決の方向づけ」(主催:新日軽様)
  • ・「経済と環境に優しいオール電化はこれからの機器」(主催:中部電力様)
  • ・「リフォーム 最新集客成功事例公開」(主催:ジェルコ九州支部様)
  • ・「リフォーム業界の時流と集客手法」(主催:三協立山アルミ様)
  • ・「オール電化拡販に向けて」(主催:関西電力様/計2回)
  • ・「マンションリフォーム集客&営業手法大公開」(主催:大阪ガス様)
  • ・「リフォーム&太陽光発電事業 集客・営業 成功事例大公開」(主催:ジャックス様)
  • ・「高単価リフォームビジネスモデル公開」(ジェルコ九州支部)

    <取材記事実績>
  • ・「日経ホームビルダー」 コメント掲載
  • ・「リフォーム産業新聞」 コメント掲載

自己紹介

1968年生まれ、岐阜県生まれ。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科卒。大手メーカーを経て、1999年、船井総研入社。入社以来、工務店様・ビルダー様を中心に150社以上に及ぶクライアントのリフォーム事業強化に関わる。近年、特に高単価リフォームにおける実務支援には高い評価を得ている。
著書に『小売業・サービス業のための集客大全』(共著、同文舘出版)がある。

お客様の声



4、5年ほど前にDMが手元に届き、セミナーを受けたのがきっかけです。今、リフォームでお世話になってますが、リフォーム業界に足をつっこんで1年くらいで試行錯誤している時でした。セミナーを聞いてみて、会社がどっちの方向を目指すかということが明確になってきた・・・>> 続きはこちらから