明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

研究会

お問い合わせ

お問合わせ番号:100567


ファクトリービジネス研究会 部品加工業・セットメーカー経営部会 理念と目的

船井総合研究所が主催する「ファクトリービジネス研究会 部品加工業・セットメーカー経営部会」は、次の3つの理念で運営しています。
1. 【長所進展による業績向上・高収益化】
自社の強みを軸とした「マーケティング」を追及しながら、QCD含めた「商品力」を磨き、さらなる高収益経営を追求する。
2. 【ここでしか入手できない最新情報の提供と活用】
ベンチマーク企業の最新の成功事例や大手優良企業のニーズ、さらに新成長産業の業界動向を知り、それを自社の経営に活かす。
3. 【グレートカンパニー化】
従業員にとって働き甲斐があり、かつ持続的成長を続ける真のグレートカンパニーを目指す。

以上の取り組みを通して、業績向上と永続的経営を実現し、社会貢献とともに我が国の競争力の向上に貢献できる部品加工業・セットメーカーを目指します。
無料お試し参加はこちら

動画

主な活動内容





2018年度:定例会スケジュール・テーマ





1.船井総研コンサルタントや外部のゲスト講師から部品加工ビジネスにつながる提案があります。
2.毎月1回30分のお電話またはFAXでの「無料個別経営相談」が受けられます。
3.定例会後には動画の議事録を作成しますので後日復習する事も可能を配信しますので、会場の臨場感そのままに、後日復習する事も可能です
4.「先端『町工場』視察セミナー」に会員価格でご参加いただけます。
5.定例会後には年に数回懇親会を開催します。人脈の開拓にもご活用ください。
6.定例会の無い月は、船井総研より最新ノウハウ「ファクトリービジネスジャーナル」が届きます。
7.毎週1回「ファクトリービジネスレポート」のメルマガが届きます。
8.経営戦略セミナーに会費充当にてご参加いただけます。(150,000円相当)
9.船井総研のセミナーに会員価格でご参加いただけます。
10.FUNAIメンバーズ Plus へ無料にてご入会いただけます。(3,000円/月相当)
11.入会時の特典として最新セミナーCDを無料進呈します。(60,000円相当)
12.書籍『 技術のある会社がなぜか儲からない本当の理由』 を無料進呈
13.同ファクトリービジネス研究会内の機械工具商社経営部会に所属する、全国有力機械工具商社との販路開拓面・設備工具調達面でマッチングが可能です。
14.社員満足度(ES)の実情がわかる、船井総研が開発した組織力診断サービスを実施・提案させていただきます。
15.Indeed広告運用代行サービスに対応した採用Webページ(LP)を無料で制作できる特典があります。
(※全て税抜き価格で表示しております。)
本研究会に入会いただいたお客様には、弊社会員サポートサービス
FUNAI メンバーズ Plus」を無料でご利用いただけます。

スタート時間・プログラム


年会費


入会金には以下のサービスが含まれます。


本研究部会に入会いただいたお客様には、弊社会員サポートサービス「FUNAI メンバーズ Plus」を無料でご利用いただけます。

ご入会までの流れ

1) お申込みボタンから必要項目ご入力頂きまして送信ください。
2) 担当者より受信確認のご連絡をさせていただきます。
事務局からの連絡をもって受付完了とさせていただきます。
3) お電話での内容確認完了後、預金口座振替依頼書を郵送させていただきます。
4) 預金口座振替依頼書に必要事項をご記入の上ご返送ください。振替依頼書の受領確認ができましたらご入会となります。一括振込みをご希望の方は事務局にお問合せください。
5) 定例会前になりましたら、事前にご案内をお送りいたします。出欠の有無をご連絡ください。
※ やむを得ず途中退会される場合は、入会後一年経過後となります。ご了承くださいませ。
※ 入会後のお取り消しの場合は、年会費のご返金はいたしかねますのでご了承ください。

この研究会のDM

ファクトリービジネス研究会 部品加工業経営部会 DMを見る(PDF)
▼FAXでお申し込みをご希望の方はこちらから用紙をダウンロードしてください。

講師紹介

片山 和也
片山 和也
株式会社 船井総合研究所
工業高校・工業大学機械工学科を卒業後、大手専門商社の工作機械部門にてトップクラスの実績をあげる。船井総研入社後は一貫して生産財分野のコンサルティングに従事、成果を出し続ける。通算20年以上にわたり機械業界に携わっており、技術とマーケティングの両面を理解する超エキスパートとして、同分野では船井総研の第一人者である。「中小企業は国内で勝ち残れ!」をポリシーとして、国内製造業の空洞化に歯止めをかけるコンサルティングを展開している。機械工具商社経営部会・部品加工業経営部会を主催。主な著書に「技術のある会社がなぜか儲からない本当の理由」(中経出版)他 経済産業省登録中小企業診断士。精密工学会会員。岡山県出身。

藤原 聖悟
藤原 聖悟
株式会社 船井総合研究所
大手機器メーカーのマーケティング部門、営業戦略部門を経て、船井総合研究所へ入社。部品加工業の新規顧客開拓や営業力強化による即時業績アップを得意としており、従業員数8名の部品加工会社から従業員数100名を越える部品加工会社まで、様々な規模のクライアントを全国に抱えている。これまで依頼を受けた部品加工業のクライアントすべてに、1部上場の大手企業からの新規取引につながる引合の獲得を実現。クライアントの特徴を的確に把握し、非価格競争による即時業績アップと、永続的な新規取引の獲得の仕組みを構築するコンサルティングは船井総研内でトップクラスの実績を誇っている。

髙野 雄輔
髙野 雄輔
株式会社 船井総合研究所
中小企業診断士。同志社大学法学部を卒業後、大手重工メーカー・半導体メーカーの営業部門にてトップクラスの実績を上げる。営業マンとして働く中で「より人と企業に役立てる仕事がしたい」と一念発起。船井総研入社後は、一貫して受託型製造業のマーケティング・営業のコンサルティングに従事。特に機械加工業・板金加工業・樹脂加工業などの部品加工業に対する業績UPコンサルティングを得意としており、同分野のスペシャリストである。 「仕事を通じて、人と企業を幸せにする」をモットーに、「社会性」「教育性」「収益性」を兼ねた企業づくりに日々全国を奔走している。

三村 信明
三村 信明
株式会社 船井総合研究所
同志社大学 商学部卒業。大手経営コンサルティング会社を経て、株式会社 船井総合研究所に入社。法人向け(BtoB)事業、中でも部品加工業(機械加工・板金・製缶・プレス加工 他)を専門にコンサルティングを手掛けており、PULL型のダイレクトマーケティングシステム構築による新規顧客開拓や営業力強化など即効性のあるマーケティング支援を行っている。また、マーケティング支援のみならずマネジメント、特に人事賃金・評価制度の構築や若手向け研修も得意としており、企業が永続発展し続ける仕組み・皆がわくわくしながら日本一を目指す会社作りを方針としている。

山崎 悠
山崎 悠
株式会社 船井総合研究所
兵庫県神戸市須磨生まれ。大阪大学理学部物理学科、神戸大学大学院修了後、株式会社船井総合研究所に入社。入社以来、一貫して製造業の分野を中心に、マーケティング戦略の構築及び実行を手がける。現在は法人向け(BtoB)事業の中でも特に部品加工業を中心にダイレクトマーケティングを活用した新規顧客開拓のための提案・実行支援を行っている。特に特殊技術も持つ会社や研究開発型の会社に対して、その技術を活かした、Webサイト・メールマガジン・カタログ・技術ハンドブックなどの営業ツールによるマーケティングを得意としている。クライアントの規模や技術に即したその業績アップ手法は、技術系の経営者から絶大な評価を得ている。

外山 智大
外山 智大
株式会社 船井総合研究所
加工業の集積地である新潟県出身。ものづくりへの強い関心から神戸大学理学部物理学科を経て神戸大学大学院に進み、超伝導物質に関する研究を行う。船井総合研究所入社後は、一貫して製造業のコンサルティングに従事。特に「技術はあるけど売り方がわからない」技術志向型の製造業に対しての、新規開拓マーケティングで成果を出し続けている。製造業を盛り上げることが、地域の活性化につながるという高い志を抱き、全国を飛び回っている。

書籍紹介

1
 
2
 
3
ぐるっと!生産管理 「技術のある会社」がなぜか儲からない本当の理由――「技術力」だけでは儲からない。価格競争を避けるしくみをつくれ! 「技術のある会社」がなぜか儲からない本当の理由――「技術力」だけでは儲からない。価格競争を避けるしくみをつくれ!
すばる舎 amazonで購入>> ダイヤモンド社 amazonで購入>> 同文館出版 amazonで購入>>

4
 
5
 
6
「技術のある会社」がなぜか儲からない本当の理由――「技術力」だけでは儲からない。価格競争を避けるしくみをつくれ!
中経出版 amazonで購入>> 同文館出版 amazonで購入>> 中経出版 amazonで購入>>

7
 
8
 
9
中経出版 amazonで購入>> 同文館出版 amazonで購入>> ダイヤモンド社 amazonで購入>>

10
   
 
同文館出版 amazonで購入>>

Facebookページ



この研究会はお試し参加可能です
この研究会に申し込む
メルマガタイトル