社労士事務所経営研究会《無料お試し参加受付中》

社労士事務所の業績アップを目的に、会員同士の成功事例(ノウハウや情報、ツールなど)の共有を行う超実践的な研究会です。 北海道から九州まで日本中から200を超える事務所が参加されています(2017年末時点)。 「働き方改革」「HRtech」などの時流を背景に、業界内でも劇的に業績アップをしている集団です。 開業間もない事務所から年商数億円の事務所まで参加されています。「もっと良い事務所経営をしたい」 「もっとクライアントに選ばれたい」という熱い思いと行動力があれば、どなたでもご参加いただけます。

社労士事務所経営研究会《無料お試し参加受付中》

新型コロナウイルス感染症対策に伴う研究会のWeb開催について


当社の研究会については、録画等による Web 開催へ移行させていただいております。

Web 開催は Zoom を使用いたします。
ご参加の際の注意事項や FAQ はこちらから


また今後、時期は未定ですが、
ご来場による開催とWebによる開催の併用も予定しております。

対象の研究会にお申し込みをいただいたお客様に対しては、

担当者から順次、電話・メール等により、閲覧方法等につきご案内をさせていただきます。

上記をご了承のうえ、右の「研究会に申し込む」ボタンよりお申し込みください。

このような企業にお勧め

社労士事務所様向け

研究会に参加されているのはこんな企業様

北海道から鹿児島まで、開業間もない方から年商2億円以上の社労士事務所様まで幅広くご参加頂いております。

本研究会でお伝えしたいポイント

1.97%の事務所が業績アップを実感
2.日本でも随一!参加者総数約200事務所
3.開始から10年以上の歴史

本研究会の理念

地域で無くてはならない本物の社労士事務所に

1日の講座スケジュール

10:30~16:30(時間は変更となる可能性があります)

第1講座 ゲスト講師による講演
第2講座 実践事例交換会
第3講座 船井総研による最新事例紹介

年間開催数

年間7回 ※クリニックが1回(開催月未定)、例年最後の例会は会員総会となります。

参加料金

入会金(税抜)

100,000円(税抜)

年会費(税抜)

240,000円(税抜)

年間スケジュール

2020.1~12 東京会場
1月25日(土)  船井総研 東京本社
3月14日(土)  WEB開催
5月23日(土)  WEB開催
9月19日(土)  WEB開催

12月5日(土)  WEB開催

2020.1~12 大阪会場
2月15日 (土) 淀屋橋セミナープレイス
4月11日(土)  淀屋橋セミナープレイス
6月6日(土)  淀屋橋セミナープレイス
10月10日(土) WEB開催

講師紹介

芝原 大寛

この研究会だけの特典

この研究会だけの特典

入会後即時業績アップを達成する入会特典
・昨年度、計6回分の例会のテキスト集・事例集
約1,500ページの内容の中に全国の社労士事務所のあらゆる分野での取り組みが記載されています。
・「士業業績革新マニュアル」
船井総合研究所の士業コンサルティンググループが著した事務所経営の基本からビジネスモデル、集客・営業方、人材マネジメントまで士業の業績アップ手法を体系的に網羅した書籍です。

研究会共通特典

無料サービス

経営者のための会員制WEB情報サービス「社長online」

研究会会員の方は「社長online」プレミアムプラン[一般年会費39,600円(税込)]が無料でご利用いただけます。


船井総研が国内外の企業経営の最前線をレポート&解説

先進モデル企業研究、船井総研コンサルタントによる現場発コラム、セミナー講座レポート等を毎日発信。経営コンサルタントが毎日のニュースから経営に活かせる情報を抽出してコメント解説します。 会員の皆様もコメントが可能、双方向コミュニケーションで理解が深まります。


ソーシャル経済メディア「News Picks」の有料コンテンツが見られる

国内外の時事ニュース、経済ニュースを独自徹底取材。新進気鋭の論客が登場するオリジナル動画も見放題の News Picks 有料版プレミアムプラン[年会費18,000円(税込)相当]がご利用いただけます。

※The Wall Street Journalの購読サービスは含まれておりません。


>> 社長online 特設ページはこちら

割引サービス

船井総研主催セミナーの参加料金が割引

船井総合研究所のセミナーに一般料金の20%オフでご参加いただけます。入会期間中、ご入会者ご本人のお申込に適用となります。研究会会員限定で開催するセミナーにもご参加いただけます。



研究会番号: 100486

お問い合わせ

研究会に
申し込む
新型コロナ
出口戦略レポート
TOPページへ戻る