明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

プロフィール

803.jpg
奥野 倫充(オクノ ノリミチ)  
上席コンサルタント 
パチンコ/ビジネスモデル構築・新規参入 
■ コンサルタントより一言

パチンコホール経営のコンサルティングのことならお任せ!

 
このコンサルタントに無料経営相談を申し込む

★奥野倫充のオフィシャルサイト★
奥野倫充のオフィシャルサイト

経歴

1974年 京都市生まれ
1996年 信州大学 経済学部 経営コース 卒業
1996年 船井総合研究所に入社

主な実績

【奥野倫充 コンサルティング成功実績】

A社:年商500億円クラス、売上1,2倍、営業利益3倍以上に成功
B社:年商300億円クラス、三年で売上1.8倍、営業利益2倍以上に成功 他

著書

連載実績

  • ・2002年より『プレイグラフ』にて「短期ホール立て直し術」連載中
  • ・2007年~2008年『アミューズメントジャパン』にて「ピンチをチャンスに変える最新・営業の処方箋」を連載
  • ・2009年~2010年『パチンコ必勝ガイド』にて「魁! 奥野塾」連載
  • ・2008年~2009年『朝鮮商工新聞』にて特別寄稿連載

奥野主催の定期勉強会

■ 経営者向け:番頭塾オーナー会(隔月開催)

■ 幹部クラス向け:番頭塾(三ヶ月に一回開催)

得意なコンサルティングテーマ

1.パチンコホールの高収益ビジネスモデル開発

1)MAXタイプ比率を四円パチンコ×50%以上に。地域内の四円パチンコシェア独占(42%以上)に成功

2)商圏人口5万人の地方郊外型、スロット強化型の300台クラス併設店にて営業利益1億円以上

2.30店舗以上を目指すホール企業に関するサポート

1) 経営者を支える片腕の育成

2) 店長クラスが自発的に業績改善に取り組む組織作り

ホール業界におけるコンサルティング活動の経緯

1.コンサルティング支援のご依頼を初めて頂いた当初のこと

パチンコホール企業様へのコンサルティングを始めた当初、稼動が少なく資金も少ない店舗様(いわゆる不振店)からのご依頼に対応することが比較的多くありました。「少ない資金で業績をあげる」という提案内容が様々なホール様に評価されるようになったのは、この不振店立て直しの業績アップ具体策を突き詰めていったからだと思います。

また当時は5回リミッター規制がスタートし、スロット交換率自由化を有効活用した業績アップ策を多くのクライアント様と実践していった時代であると記憶しています。稼動の少ない店舗でのスロット有効に成功するうちに、チラシ・DMといった販売促進におけるコンサルティングノウハウが向上しました。
5回リミッター規制が解除された後は、看板機種づくりをもとにした業績アップ策に移行いたしました。クライアント様には、海物語を看板機種に育成してもらい、地域一番店化に成功。競合店よりもいち早く注目機種を登用し、業績アップに成功するという体験を重ねるうちに、機種選定に関する精度やルール化能力が高まったと思います。

スロット交換率自由化を有効活用した業績アップ策や、他社に先駆けて注目機種を活用し看板機種育成に成功したことで、不振店立て直しの実績が多数蓄積されていきました。


2.不振店のお手伝いから高収益ビジネスモデルの開発へ

4号機スロットの全盛時にはスロット専門店の高収益化を突き詰め、投資半年で回収できるスロット専門店の成功事例に多く関わりました。毎週のようにシマ図面を引きながら、顧客導線を考えながら小台数多機種構成が活きるシマづくりを研究。リニューアルや新規出店に関するノウハウが高まったと思います。

ダイエーの民事再生申請から4号機撤去に至る時期以降は、低玉貸しを有効活用する業績アップのご提案を行い、現在は「市場縮小時にも業績が上がる手法があり、その手法を確実にやりきれば業績アップは可能」という最新成功事例をもとにした業績アップのコンサルティングを行っています。

「業界全体は厳しいけれど、うちはおかげさまで業績アップしています」とおっしゃるクライアント様と成功体験を共有するのが今の私の喜びです。


3.ホール業界専門コンサルタントとして感じるパチンコ業界の魅力、将来性

パチンコ業界のコンサルティングを続けている理由は、「パチンコ業界の市場規模」「パチンコホール経営者様の人間的な魅力」「パチンコ業界全体の成長性・将来性」にあります。

ある方から年賀状で「奥野さん、これからもパチンコ業界の指導をよろしくお願いいたします」とコメントを頂いたことは大きな勇気となっています。

とは言っても私自身、パチンコ業界全体の指導ができるわけではないので、指導などとはおこがましいと思っていますが、自分の力がパチンコ業界の将来に貢献できるようにコンサルティングを続けたいと思っています。今まで関わったパチンコ業界関係者様やクライアント様に対するせめてもの恩返しができれば幸いです。

これからのパチンコ業界は、もっと日本経済から注目される業種になっていくでしょう。縮小したとはいえども、20兆円を超える市場規模、失業率が高まる中で多くの雇用を提供しているという実績、そして何よりも、パチンコ業界各社様が「パチンコ産業をもっと良い業界に!」と一致団結しているのです。

パチンコの法律改正や日本におけるカジノの成立など、環境変化に関する噂は絶えません。近い将来、パチンコ業界を取り巻く環境は大きく変わる可能性もあると思いますが、そんな時にもクライアント様の企業が継続し、業績アップが達成できるよう、異業種成功事例や最新成功事例の研究を怠らずに突き詰めて行きたいと思います。

また、著書『マルハンはなぜトップ企業になったか?~素人発想の「現場力」が強い組織を作る~』の上梓や、業界誌への連載をいただく中で、文章による情報発信の影響力と責任を強く感じています。立場を軽視することなく、責任感と使命感を感じながら慎重に情報発信していくつもりです。

4.経験豊富な経営者にコンサルタントとして役立てる唯一のこと

クライアント様や業界関係者様から「船井総研の発言で中古機の価格が乱高下する」、「新機種の注目が殺到し、いきなり買えなくなる」と言われることがあります。

ご提案に際して私が意識していることは、“発言”よりも“発見”です。

自分達の“発言”がパチンコ業界全体の市場動向を作っているのではなく、新たな市場変化をいち早く“発見”し、その変化が新たな業界常識に変わるかどうか、を情報収集を行う中で判断してクライアント様に提案する。

そのルール化業務の精度が高まるほど、情報発信の内容に信憑性が高まる為、「船井総研の発言が市場を創っている」と言われるようになるのだと思うのです。

情報発信のクローズ化などの提案も受けますが、最も挑戦しなければならないのは「ルール化の精度を更に高めること」だと思います。それがお客様のお役に立つことなのではないでしょうか。

船井総研で、パチンコ業界という魅力的な業界に関わることができ、そしてパチンコ業界全体の発展に貢献できる業務に携われることを本当に嬉しく思います。

今後も、クライアント様の業績アップに貢献することは当然ながら、その先にパチンコ業界全体の発展に貢献できるよう責任感と使命感をもってコンサルティング活動を行って行きたいと思います。

お客様の声



以前から、ためになる話が聞けると思い、社員と一緒にセミナーに参加していたことがきっかけです。あるセミナーのアンケートで弊社の社員が「今回のセミナーは、ためにならなかった」と大変失礼なコメントを記入してしまったことがあります。実際は弊社の社員があまりよく分かっていなかっただけなのですが、それを気にされて・・・>> 続きはこちらから