コンサルタント&経営者コラム

プラス会員様限定

コラムニスト
前田亮のコラム/前田 亮
「離職率を低くするために必要なことは“マーケティング”である」 
2017.08.09

著者(発行責任者):前田 亮

私が所属するライフイベントビジネス支援部は、BtoCにおけるさまざまな業種のコンサルティングをしています。エンディング、リユース、美容、和装、写真館、温浴、EC、旅館、ブライダルなど、その数は10業種以上に上ります。

多くの業界に携わっていて気づくのは、どの業界にも、離職率が低く、社員が生き生きと働く素敵な会社があることです。そういった会社の共通項とは何でしょうか。
             
離職率が低い会社の共通項、それはシンプルに「成長」していることです。業界がどんなに衰退していようとも、やはり成長していることが大事です。

もちろん、業績が好調であれば人は辞めないということでありません。そこには理念を軸としたコミュニケーションがとられた一体化経営が必須です。これの逆パターンはありません。つまり、理念を重要視し、コミュニケーションが活発ではあっても、業績が伸びていなければ離職率は高くなる傾向にあるのです。

従業員が言いたいことを言い合えて、理念を大切にしたコミュニケーションがとれている。それはとても重要なことです。ただし、それはいわばスタートラインに立った状態です。その上に、みんながわくわくするようなビジョンがあり、それを確実に達成し、成長を実現する「マーケティング戦略」が描かれると、企業はどんどん成長します。それにより、働く従業員にはますますやる気が生まれ、土台で作り上げられた関係性がより強固なものとなり、会社が一体化していくのです。

貢献意欲を高めるマーケティング戦略

離職率という観点で物事を考えると、マネジメント的な要素が頭に浮かびやすいと思います。評価制度、教育体系、理念設計、採用強化など、さまざまな「マネジメント施策」が考えられます。それはもちろん重要ですが、マネジメント施策はマーケティング施策をサポートするものです。ですから確実に会社を成長させる絵やマーケティング戦略が離職率をおさえ、良い会社をつくっていくという観点でもより重要なものに位置づけられるのです。

マーケティングが先、マネジメントが後。この順番を外してはなりません。