明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

研究会

お問い合わせ

お問合わせ番号:016224


高収益経営研究会
参加ご希望の方は、支援担当コンサルタントまで直接お問い合わせください。

高収益経営研究会とは

高収益経営研究会
高収益経営研究会
高収益経営研究会
参加ご希望の方は、支援担当コンサルタントまで直接お問い合わせください。

年間の例会テーマ

テーマ
データから見える高収益企業の特徴
船井総合研究所が読み取る高収益経営の秘密


・高収益経営研究会が目指すゴール
・高収益企業ランキングベスト100から学ぶ、高収益企業のポイントとは!?
・船井総合研究所が分析する高収益事例公開!!
長所伸展から考える粗利率を高めるビジネスモデルの創り方
~事例から学ぶ高粗利モデルパターン一挙大公開~


・業界の利益のムダをなくすサプライチェーン統合モデル
・モノ売りから顧客の課題解決に転換 ソリューションモデル
・顧客シフトでサービス付加 モノ+サービスモデル
・そして、川上への展開
一人あたり生産性・拠点あたり生産性・販促生産性を最大化させる方法

・顧客に必要な業務だけに集中して一人当たりの生産性・時間当たりの生産性を高める
・人員配置で拠点・店舗生産性を高める圧縮法!!
・会員モデルで販促生産性を高める
ビジネスモデル・生産性を定着させる重要指標の見極め方・活用方法

・利益をコントロールするための重要指標であるKPIとは!?
・KPIを経営に活かすためのシステム活用
・KPIを活用したPDCAサイクルの回し方

継続的な生産性向上文化をつくる方法(考える集団づくり)

・仕事の型・話し合いの型づくりで自律型社員を育てる仕組みをつくる
・話し合いの型は会議体設計とコミュニケーション活性化方法の2つで決まる!!
・実践力を高める振り返りの仕組みづくり

高収益企業の経営者が考えていること

・高収益経営を実現するキーワード
・高収益企業の経営者の思考パターンと行動習慣
・高収益企業に必要な組織づくりの考え方
※ 定例会の開催時間は、各回10:30~17:00です。
(初めて参加される方は事前説明があるため、9:30~となります)
※ 会場は変更となる場合がございます。

通常例会の1日の流れ

第1講座

ゲスト高収益事例講座 ・高収益経営を実現している
・『現役』経営者をお招きした講演
昼食 ランチ交流会 ・高収益に関心のある優良企業様と 様々な情報を共有できるランチ交流会
第2講座 利益モデル勉強会 ・8,000 社のデータベースと船井総合研究所 独自の切り口による分析から導き出す 高収益企業のルールを公開
第3講座 経営者育成プログラム ・船井総合研究所の経営者育成プログラムを活用した高収益企業事例の紹介
第4講座 事例研究会 ・例会ごとの高収益化に向けたテーマにおける ポイント・自社の取組み・落とし込み方を 会員企業様と議論
第5講座 まとめ講座 ・例会で取り上げられた内容を、参加企業様が活かすために必要な視点を紹介

2018年開催スケジュール

開催日時 会場
2月 2月22日(木)・23日(金) クリニック(関東)
4月 4月20日(金) 船井総研 東京本社
6月 6月19日(火) 船井総研 東京本社
10月 10月19日(金) 船井総研 東京本社
12月 12月11日(火) 船井総研 東京本社

お試し参加

高収益経営研究会は、「コンサルタントの推薦」により、お試し参加を受け付けております。

●お試しのご参加は「代表者」様に限ります。入会についても、原則「代表者」様のご参加となります。
●お試し参加は1企業様につき、1名様1回まで無料にてご参加いただけます。
 万が一、申し込み後にキャンセルの場合はご連絡いただくことをお願いしております。
 ご連絡がない場合、次回の参加をご遠慮いただきます。(開催日より、3営業日前まで)
●お試し参加後、入会のご判断をいただきますので、お悩みの方は一度ご参加をお勧めします。
●小手先のノウハウがほしい方、高収益経営に興味がない方、自社の情報を出したくない方は、ご遠慮いただいております。

参加ご希望の方は、支援担当コンサルタントまで直接お問い合わせください。

参加料金

●入会金:300,000円(税抜)
●会費:600,000円/年(税抜)


入会金には以下のサービスが含まれます。



本研究会に入会いただいたお客様には、弊社会員サポートサービス
FUNAI メンバーズ Plus」を無料でご利用いただけます。

講師紹介

高橋 武靖
【2017年4月14日(金) ゲスト講師】
高橋 武靖
株式会社 オーレンス総合経営代表取締役社長
道東地域からスタートして43年、現在は全道の中小企業・農業・漁業経営者の会計・税務申告をサポートしている。 地方における情報過疎を排除すべく、目の前の課題をひとつひとつ改善していき、小さな信用を積み上げてきた。 地域とともに成長したオーレンス総合経営は、これからも「地域のために」を掲げ、幅広い領域に事業を展開し、地域産業の発展(特に1次産業)に尽力する。地域の方が豊かに暮らせる基盤づくり、そして明るい未来を享受するためのネットワークづくりを行う。事業を通じて社員が豊かな人間性を養い、地域の一躍を担っていくことを目的としている。
高嶋 栄
【2017年4月14日(金) ゲスト講師】
高嶋 栄
株式会社 船井総研ホールディングス代表取締役社長 グループCEO
「お客様の業績を向上させること」を最重要テーマとし、現場の即時業績アップ支援に強みを持ち、独自の経営理論に基づくコンサルティングを行っている。また、社会的価値の高い「グレートカンパニー」を多く創造することをミッションとし、企業の本質的な「あり方」にも深く関与した支援を実施している。その現場に密着した実践的コンサルティング活動は様々な業種・業界から高い評価を得ており、500名のコンサルタントが8,203社のご支援先のサポートにあたっている。
岡﨑 雅廣
【2017年6月27日(火) ゲスト講師】
岡﨑 雅廣
エブリイホーミイグループ代表株式会社 エブリイホーミイホールディングス代表取締役社長
地域の「食」を豊かに支える、食の総合プロデュースグループとして、スーパーマーケット事業を中心に事業展開を実施している。高ROA経営を推進しており、百貨店・総合スーパーの業界平均の約3倍を実現。(船井総合研究所調べ) ROA(総資本利益率):事業に投下された資産が当期純利益を獲得した際の効率性を示す指標。 「Return On Asset」
冨安 徳久
【2017年6月27日(火) ゲスト講師】
冨安 徳久
株式会社ティア代表取締役社長
TEAR は中部・関西・関東地区を中心に「葬儀会館TEAR」を運営し、会館での葬儀・法要の請負のほか、寺院や個人宅、公共の場所などでの葬儀・法要も行っている。また、葬儀施行後には、ご遺族のご相談内容に応じたアフターフォローも行う。かつて業界の中では、集客人数が少なく規模が小さいため行われていなかった家族葬をTEARは全国で初めて展開した。核家族化が進行し、葬儀に費用をかけるべきという価値観から家族だけで小規模に行なってもよいという価値観へと変化しつつあったその変化をいち早くビジネスへと繋げたといえる。また「葬儀会館TEAR」は直営だけでなくフランチャイズでも展開しており、フランチャイズを希望される企業様に対し葬儀ビジネスへの参入のお手伝いとTEAR の培ったノウハウを提供している。
武藤 英明
【2017年8月25日(金) ゲスト講師】
武藤 英明
JPMC グループ CEO JPMC 日本管理センター株式会社代表取締役 社長執行役員
2002年創業。不動産業界のパラダイムをことごとく打ち破り、創業9年でジャスダック・10年で東証二部・11年半で東証一部への上場を果たした成長企業。 「保険付」「収益分配型」「一括借上」「長期保証」を実現したスーパーサブリースは日本発・業界唯一となっている。 新築から中古までアパート・マンションのサブリース・一括借上(経営代行)をはじめ、サービス付き高齢者向け住宅、投資物件売買サポートで日本全国のオーナー資産の最大化を図る。
蟻田 剛毅
【2017年10月2日(月) ゲスト講師】
蟻田 剛毅
株式会社シュゼット代表取締役社長
1969年、兵庫県芦屋市にて創業。喫茶・テイクアウトの生菓子販売から事業を開始し、現在は、百貨店をはじめ幅広い販売チャネルを持つ「アンリ・シャルパンティエ」と、駅ナカ・駅チカ店舗も多く構える「C3(シーキューブ)」の2つの洋菓子ブランドを展開。焼き菓子・生菓子の製造販売ほか、国内外5店舗のカフェ事業を手掛ける。創業以来、商品企画から販売に至るまで一貫して自社プロデュースを行う体制を敷いており、現在ではシュゼットならではのノウハウを活用し高価値ブランド構築のためのコンサルティング事業や、OEM生産事業など、さまざまな事業へと領域を広げることで、日本・世界の製菓技術向上・製菓ビジネス活性化の一翼を担う。
落合 寛司
【2017年12月15日(金) ゲスト講師】
落合 寛司
西武信用金庫理事長
西武信用金庫は東京都・埼玉県・神奈川県の一部を事業区域とした金融機関。自らを「お客様支援センター」として、お取引企業等の課題に応じた解決策のご提案や資金ニーズにお応えする”総合コンサルティング”に注力。30,000 人を超える専門家と連携し、事業支援やまちづくり支援、資産形成・管理支援の実績を多数積み上げている。このような積極的な取り組みにより、業界平均5.30%の不良債権比率に対し、1.62%という数値を実現している。貸出金残高は半期で873億円増加し、預金残高は半期で994億円増加しており、業界トップクラスの増加額である。またマイナス金利の対応として「マイナス金利還元宣言」と称し、定期預金は、短期もの(期間1年から2年)は金利引下げを見送り、長期もの(期間3年から5年)は金利を引上げ、事業者を対象とした低金利特別融資を展開する等メリットの還元を行なうなど、独自の地域貢献を行ってる。
川原 慎也
川原 慎也
株式会社 船井総合研究所
PDCAマネジメントコンサルティングの第一人者。
現在は、日本企業共通の課題である“生産性向上”を解決するために「生産性向上を具現化するための仕事のやり方・進め方・体制」を劇的に変化させるコンサルティングを展開している。結果的に儲かるビジネスモデルへと昇華させるノウハウに注目が集まっている。
岩崎剛幸
岩崎剛幸
株式会社 船井総合研究所
「組織は戦略に従う。戦略は思い(情熱)に従う」というコンサルティング信条のもと、出会うすべてのお客様に対して、情熱を込めたコンサルティングを行う。コンサルティングテーマは、「永続性を実現させるブランド戦略」。アパレル業界を専門領域として、アパレルメーカーの戦略立案、新業態開発を得意とし、SPA専門店、百貨店、GMS、品揃え型専門店にいたるまで川上から川下までのコンサルティングを実施している。現在はアパレル企業のブランド戦略づくりに特に力を入れている。
立教大学兼任講師。
石井 利幸
石井 利幸
株式会社 船井総合研究所
PDCAマネジメントの真髄を習得し、金融機関、メーカー、電機部品商社、石油商社、物流企業、等々、さまざまな業種で成果を上げており、特に「赤字部門の黒字化」が得意領域。
ワークショップスタイルで現状分析、原因究明、改善計画策定をきめ細かくサポートするコンサルティングスタイルは、幹部クラスから「具体的かつ実践的」という高い評価を得ている。 「自ら考え自ら実行する」人づくり、組織づくりに邁進することで、今後も企業を新たな成長ステージへと導き続ける。
高収益経営研究会
参加ご希望の方は、支援担当コンサルタントまで直接お問い合わせください。