分譲住宅ビジネス研究会《無料お試し参加受付中》

分譲住宅ビジネスに特化した、経営者・経営幹部の会員制勉強会です。 分譲事業の要となる「仕入」ノウハウだけでなく、完成前に販売するための「集客・営業」ノウハウ、他社と差別化しながらも利益が確保できる「商品」ノウハウなど、分譲事業で高収益を実現するためのビジネスモデルを学ぶ勉強会です。
~このような会社様にオススメです~
□分譲事業に新規参入をする不動産会社様/住宅会社様
□すでに分譲事業をされており、全国の分譲ビルダーの成功事例を知りたい会社様
□土地仕入、建物商品、集客・営業に課題をもっている会社様

新型コロナウイルス感染症対策に伴う研究会のWeb開催について


【2020/7/1(水)以降開催の研究会】

ご来場による開催とWebによる開催の併用を予定しております。
今後の状況によって、Web開催のみに変更させていただく場合がございます。

※対象の研究会にお申し込みをいただいたお客様に対しては、

担当者から順次、電話・メール等により、閲覧方法等につきご案内をさせていただきます。
※来場型に参加される際は、ご来場時の注意点がございますのでお申し込み後必ずご確認ください。


上記をご了承のうえ、右の「研究会に申し込む」ボタンよりお申し込みください。

このような企業にお勧め

住宅会社、工務店
不動産会社

研究会に参加されているのはこんな企業様

新規参入をした企業からエリア№1の分譲事業の会社様まで幅広くご参加いただいています。

本研究会でお伝えしたいポイント

1.未経験者でも安定して仕入が実現できる仕組み
2.在庫リスクを削減するための完成前販売の仕組み
3.大手パワービルダーと差別化して商品を魅力的するための商品ノウハウ
4.分譲資金を無理なく運営するための財務ノウハウ

本研究会の理念

分譲事業を付加することで地域内シェアUP・高生産性を実現し高収益企業を目指すことを、 本経営部会の目的とします。

1日の講座スケジュール

第一講座 13:00~14:00 船井総研時流講座
第二講座 14:15~15:15 今月の成功事例
第三講座 15:30~16:30 情報共有・グループディスカッション

年間開催数

年間7回 ※クリニックが1回(開催月未定)、12月は会員総会となります。

参加料金

入会金(税抜)

100,000円(税抜)

年会費(税抜)

360,000円(税抜)

年間スケジュール

2020.1~121月30日  船井総研 東京本社
3月24日  船井総研 東京本社

5月28日  船井総研 東京本社
7月14日  船井総研 東京本社
10月29日 船井総研 東京本社
12月17日 船井総研 東京本社

講師紹介

砂川 正樹、髙田 直克、荒川 修平、井上 雄太、本倉 裕大、野口裕平、近藤力、時任琢也

この研究会だけの特典

本経営部会の特典

■分譲ビジネス入会キット
船井総研コンサルタントや外部のゲスト講師から分譲住宅ビジネスの業績向上につながる提案があります。
毎月1回30分のお電話またはメールでの「無料経営相談」が受けられます。
定例会後にはレポートを作成しますので後日復習する事も可能です。

研究会共通特典

入会金には以下のサービスが含まれます。

無料サービス

経営者のための会員制WEB情報サービス「社長online」

研究会会員の方は「社長online」プレミアムプラン[一般年会費39,600円(税込)]が無料でご利用いただけます。


船井総研が国内外の企業経営の最前線をレポート&解説

先進モデル企業研究、船井総研コンサルタントによる現場発コラム、セミナー講座レポート等を毎日発信。経営コンサルタントが毎日のニュースから経営に活かせる情報を抽出してコメント解説します。 会員の皆様もコメントが可能、双方向コミュニケーションで理解が深まります。


ソーシャル経済メディア「News Picks」の有料コンテンツが見られる

国内外の時事ニュース、経済ニュースを独自徹底取材。新進気鋭の論客が登場するオリジナル動画も見放題の News Picks 有料版プレミアムプラン[年会費18,000円(税込)相当]がご利用いただけます。

※The Wall Street Journalの購読サービスは含まれておりません。


>> 社長online 特設ページはこちら

割引サービス

船井総研主催セミナーの参加料金が割引

船井総合研究所は1年間に736のセミナーを開催しています(2018年実績)。これらのセミナーに一般料金の20%オフでご参加いただけます。入会期間中、ご入会者ご本人のお申込に適用となります。研究会会員限定で開催するセミナーにもご参加いただけます。



研究会番号: 100634

お問い合わせ

研究会に
申し込む
新型コロナ
出口戦略レポート