在宅強化型 調剤薬局 ~調剤薬局コンサルティング~

導入事例数

150社以上

対物業務から対人業務へが薬局の命題。
その対人業務の主役が在宅

概要

処方箋を受付けただけで得られる調剤基本料の類に頼ることなく、今後迫りくるこれらの減算にも耐え得る調剤薬局にするためにも、薬学管理料の拡大は必至です。この薬学管理料の拡大に適合したソリューションが在宅強化型です。在宅を強化すれば、地域の多職種とも連携することとなり、自然と地域になくてはならない薬局づくりが可能となります。

業界内の脅威

技術料の中でも、「薬学管理料」構成比を高めておかなければ、次期改定を乗り越えることはできない

伸びるマーケット

施設(主に病院)から在宅へのシフトが2025年以降も続く

成功のポイント

(1) 自局圏域の医療(介護)サービス内容を把握する
在宅医療を提供する医療機関の容量や薬局が高齢者施設や居宅患者に提供するサービスレベルを知る。
(2) マーケティングに基づいた戦略を構築する
相手方(施設管理者、法人代表)が興味を抱く各種媒体を用い、アプローチストーリーを立て接点をもつ
(3) 対物業務と対人業務をしっかり切り分ける
薬剤師しかできない業務と非薬剤師でもできる業務分担をし、在宅拡大の足を止めない

期待できる数値効果

商圏/
車で片道20分圏内に福祉系・住宅系高齢者施設が50ヶ所
以上あること(※存在しなければ居宅患者獲得へシフト)
投資額/300万円程度
必要な人員/営業専任者1名
収支(※在宅業務分のみ)
初年度 調剤報酬請求額580万 技術料150万
(薬剤師1、事務1)
2年目 調剤報酬請求額2,410万 技術料610万
(薬剤師1、事務1・・・外来調剤業務せず)
3年目 調剤報酬請求額4,380万 技術料1,145万
(薬剤師1.5、事務1.5・・・外来調剤業務せず)

関連する専門サイト

薬局経営ドットコム

薬局業界に特化した専門コンサルティングチームが運営。
在宅医療・かかりつけ薬剤師・集中率ダウン・薬剤師採用・薬剤師定着・評価制度など、数多くの成功事例・ノウハウを多数掲載しております。

調剤薬局コンサルティング