オフィスメンテナンス工事モデル

導入事例数

25社以上

オフィスメンテナンス工事の一括対応窓口になるオフィス家具販売店向けのビジネスモデル

概要

オフィス家具販売店が法人のオフィスメンテナンス工事を元請受注するソリューションです。工事で収益を確保できることに加え、次の3つの効果を期待することができます。
1.オフィスメンテナンス工事を受注することがメイン商材であるオフィス家具の販売にもつながる。
2.オフィスメンテナンス工事は定期的に発生するため、大型物件に依存した不安定な経営から抜け出すことが可能
3.小さな工事で顧客から信頼を得ることで、移転・リニューアル・新築などの大型物件発生時にも有利に商談を進めることができる

業界内の脅威

オフィス家具の競争激化により利益率が低下している。また、物件依存により経営が不安定

伸びるマーケット

オフィスメンテナンス工事は顧客ニーズがあるにも関わらず提案するプレイヤー不在の非競争市場

成功のポイント

(1) 物販をしてきた営業マンが、定価の無い工事を不安無く販売できるセールスの仕組み化
(2) 高品質な施工を適正価格で提供できる施工管理体制と協力工事会社ネットワーク
(3) オフィス環境作りに対して高い意識を持つ顧客層を新規開拓できるマーケティングの仕組み

期待できる数値効果

商圏人口 18万人以上
初期投資 100万円
スタッフ数 専任営業1名~、施工管理1名
投資回収 1年
1年目 売上0.8億円 営業利益1,000万円
2年目 売上1.2億円 営業利益2,100万円