高収益型「肉バル」ビジネス

導入事例数

30社以上

初期投資を抑え早期投資回収ビジネスモデル
「牛肉」主力の業態

概要

飲食企業の多店舗展開モデル、異業種参入の
新規出店モデルとして早期投資回収可能な飲食店出店の
業態開発ソリューションです。飲食未経験企業でも導入
可能なように、オープンまでサポートします。
「物件可否判断⇒仕入先紹介⇒研修先紹介⇒
採用・販促実行のお手伝い⇒商品提案」
ワンストップでサポートいたします。

業界内の脅威

物件選定が地域により困難(家賃ふくめ)

伸びるマーケット

飲食企業の多店舗化の業態としての出店。
他業種が第二の第三の柱としての飲食業参入の業態として

成功のポイント

・地方駅前立地を選定(下記商圏参照)
・一番商品となるステーキにおいて差別化が必要で、
「和牛(モモ)180g」を「1580円以下」で販売
・一番商品(ステーキ,原価率約70%)に原価をかけながら、
サイドメニューとドリンクで原価を調整
(サイドメニューはセントラルキッチンから仕入れられる
簡易オペレーションのものを使用、アルコールはフルーツ
ごろごろドリンクなどで購買課販売)

期待できる数値効果

商圏人口 商業人口4.0万人以上は出店可
出店推奨:商業人口18万人以上
(※店舗から徒歩15分)
初期投資額 80万円/月
適正坪数 25坪~30坪
家賃 1.5万円/坪
スタッフ数 キッチン3名,ホール2~3名
売上800万円/月 原価35% 人件費 25% 
営業利益160万円/月
投資回収 1年~2年