次世代経営者育成コンサルティング

次世代経営者育成コンサルティング

志の高い次世代経営者育成をサポートする

経営者育成が不可欠な理由

昨今は「VUCA(不安定、不確実、複雑、曖昧)の時代」といわれるほど、先が読めない目先不透明な時代が続くと言われています。国内市場も右肩上がりの市場はほとんどなく、多くの業種・業界で市場の成熟、衰退トレンドが続く中、次世代経営者育成には次の「2つの軸」でのバランスの取れていることが必要だと考えています。


①水平成長

自社の事業戦略、組織戦略、財務戦略おける知識、スキル、能力を高めること

②垂直成長

自社の理念、ミッションの深い理解、経営者としての在り方、時流変化への対応などの意識、視座を高めること


①と②のバランスの取れた成長を実現するためのサポートをさせていただきます。

概要

このような方にオススメ

①次世代経営者を育成したいがどうしたらいよいかの思案をしている方

②次世代の経営者候補に対して、適切な選定、絞り込みを行いたい方

③自社内のOJTでは中長期的な視野を持たることができないとお考えの方

④自社内でいろいろと取り組んでいるががその手法にやや閉塞感を感じている方

⑤経営者人材に必要な資質を明確に整理できていない方

なぜ、次世代経営者育成が注目されているのか?

もう一定の想定内の市場成長(変化)が続く時代ではなくなりました。         

まさに「VUCAの時代」を乗り切るためには、現在の延長線上で考える経営だけでなく、本当の意味での企業変革(イノベーション)を起こす企業経営が求められます。


過去〜現在の連続性の思考だけでなく、未来から逆算する思考で経営を考える人材がこれから必要になってきます。

そうした経営者人材発掘、育成は短期で行えるものではなく、ある一定期間を見て育成、発掘を図らないと行えません。


自社の理念、ミッションに連動した未来ビジョンを描き、その未来から逆算する中長期の視点を持つ次世代経営者の育成、発掘を行うことがこれから益々求められてきます。

企業課題と解決イメージ

【課題】
短期的な視点だけで経営が進んでいる。1〜3年先はこのままで何とかなるが、10年先を考えると不安である。事業承継を含めて中長期的なビジョンを明確にして次の経営者人材を発掘、育成したい


【解決】
①次世代の経営者候補をプロジェクトチームに選抜して、自社のPMVV(理念、ミッション、ビジョン、バリュー)を再点検、ブラッシュアップを行い再構築

②次世代経営者候補に企業成長ステージ毎の「組織のカベ」理論に基づき、事業軸、組織軸の経営スキル項目をカリキュラム化した実践的なレクチャーを実施

③PMVV体系全体としたビジョン(〇〇〇Way)を全社員に発表し、展開、浸透策を展開

企業課題と解決イメージ

期待される効果(事例)

①単なる業績(数値)を上げるための事業運営ではなく、企業の目的(大義、使命)を実践するトップマネジメントスキルの会得が促進

②理念、ミッション、ビジョンを自社社員1人1人の判断軸である、という企業文化(カルチャー)の醸成が促進

③将来の経営チーム(CEO、COO、CFO、CMO、CHRO・・・)候補の組成が促進し、ガバナンスのある持続的成長組織づくりが促進

他社との違い

①汎用性のある一般的な経営者育成カリキュラムではなく、御社のPMVV、ビジョン構築と推進を絡めて展開する”実務型”の経営者育成サポートです


②社員(人)が集まり続け、持続的成長を続ける企業のトップマネジメントには絶妙なバランス感覚が重要と考えております。

社員数の規模ステージ別にどのような取り組みが求められるのかを整理したものが以下の「組織のカベ」です。

1)トップマネジメント(経営者の視座)

2)事業(マーケティング)軸

3)組織(マネジメント)軸

他社との違い
他社との違い

当社は総合コンサルティング企業(HD化体制)として、複数のグループ会社の経営者層、また、マーケティング、マネジメントの両面での経験豊富なテーマの専門コンサルタントが多数在籍しております。

上記1)、2)、3)をバランスよく俯瞰的に捉えた体制でサポートさせていただきます。

アウトプットイメージ

アウトプットイメージ

コンサルティング料金

まずは60~90分の無料個別相談を実施の上(ZOOMなどにてリモート面談可能)、内容により個別にお見積り致します。




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

TOPページへ戻る