新規事業計画策定・実行支援コンサルティング

新規事業計画策定・実行支援コンサルティング

▼このセミナーに関連する無料レポートはこちら▼

ホールディングス化(持ち株会社化)のポイント

「経営をより盤石なものにするべく、新規事業を始めたい」という会社様は多い一方で、「自社にマッチする新規事業案が何か?」に答える情報は不足しています。なぜなのでしょうか?
理由の1つとして、新規事業案を売り込みたいプレーヤーは数多くいるのに対し、「第三者目線に立って自社にマッチする新規事業案提案をしてくれる機関が少ないこと」が挙げられます。
本「第二本業」コンサルティングサービスでは、貴社の現状を分析させていただいた上で、適した新規事業案をご提案させていただくサービスとなっております。

このような経営者におすすめ

  • ■現状の事業のみでは、将来が不安だ
  • ■外部環境変化にも対応できるよう「収益の柱」を増やしたい
  • ■新規事業はとにかく始めたい
  • ■有望な新規事業案が知りたい
  • ■自社にマッチする新規事業案が知りたい
  • ■新規事業を通じて、企業イメージを変えたい
  • ■事業承継する前に、新規事業で売上を増やしてあげたい

第二本業とは?

■第二本業とは「新規事業と同程度の利益水準をもった事業」と、船井総研では定義をしております。

■第二本業確立の必要性が高まっている背景には「日本の成熟化」が挙げられます。

「少子高齢化の影響」に加え「海外資本の参入」も相まって、日本国内のあらゆる市場にて競争は激化しています。そうした状況下においても企業として生き残りをかけるために「既存事業ともシナジーのある形での第二本業確立」が注目されています。

企業課題と解決イメージ

【課題】
■既存事業は市場成長性が乏しい。且つ不人気業種である。新規事業に参入することで、企業としての成長性を取り戻し、且つ企業ブランドも変えて、優秀な人材があつまる会社にしていきいたい。

【解決】
■既存事業とシナジーがある新規事業案を見極める。その上で「どんなステップで新規事業を開発していくべきか?」。最適なルートを組み立て、実行していく。

他社との違い

【違い①具体的な新規事業案をご提案します】
船井総研が保有する新規事業データベース(船井総研が開発した事業モデル・FC等の他社開発事業モデルがMIXされたもの)に基づき、貴社状況に合わせた新規事業案提案をさせていただきます。

【違い②各種必要な資料の作成代行も対応可能です】
新規事業を開発する際は、一時的に多大な負荷がかかります。そうした際に「市場調査」「事業計画作成」等の資料作成について、必要に応じて代行も受け付けております。

【違い③新規事業を立ち上げた後の伴走も可能です】
「事業案を決めておしまい」ではなく、事業立ち上げ後の伴走支援も可能です。ご契約期間を定めた上で、貴社ニーズに合わせた立ち上げ支援のご提案が可能です。

アウトプットイメージ

①新規事業案・ビジネスモデル解説集
※貴社ニーズをお伺いした上で、20~30程の新規事業案を解説した資料を納品いたします

②新規事業・立ち上げマニュアル
※事業を立ち上げていく際に重要なポイントを整理したマニュアルをご納品いたします。また、事業推進者への研修も実施させていただきます。

③新規事業・拡大ビジョン資料

※新規事業に参入してから5年間でどのような成長ビジョンを描いていくか?社内・社外へ発信することができるよう、プレゼンテーション資料を作成の上、ご納品いたします。

コンサルティング料金

まずは30分の無料個別相談を実施の上(ZOOMなどにてリモート面談可能)、内容により個別にお見積り致します。

良くある質問と回答 (Q&A)

Q:新規事業は、どうやって始めるのですか?

⇒A:事業開始の方法は「自社で立ち上げ」・「FCに加盟して立ち上げ」・「M&Aによる立ち上げ」の大きく3パターンに分類されます。どのような立ち上げ方がベストか?については、貴社のご状況に合わせてご提案をさせていただきます。


Q:どんな新規事業案を検討していったらよいのか、まったくイメージできていない状態ですが、相談可能ですか?

⇒A:可能です。新規事業を始める際の第一歩目は「事業探しの軸を決めること」です。船井総研では最初の第一歩目からサポートをさせていただきますので、お気軽にご相談下さい。


Q:まずは小さく新規事業を始めたいんですが、相談可能ですか?

⇒A:可能です。第二本業化に成功している企業様の中には、最初は1店舗2,000万円規模の事業からはじめて、10年で10億円規模の「第二本業」まで育てた会社もございます。どんなステップで第二本業化を実現していくのか?プロセス含めたご提案をさせていただきます。

コンサルティングの流れ

ファーストステップである「新規事業案を探す際の軸を決める」から、「参入新規事業案&事業展開プランを固める」までのモデルスケジュールは6カ月です。最短で成功確率の高い事業案を決めていくためのメソッドに基づき、ご支援をさせていただきます。


ステップ1

新規事業案探しの軸を決める


ステップ2

新規事業案を学ぶ


ステップ3

自社にマッチする事業案を見極める


ステップ4

事業立ち上げ体制を構築する


ステップ5

マーケティング・マネジメントプランを組む


※ステップ1~5までの完了を6カ月で想定しております。(但し、諸事情により候補新規事業案の中から新規事業参入の意思決定ができない場合は、期間が延びる可能性がございます)

ビジネスレポート無料ダウンロード
【第二本業を立ち上げよ!】新規事業・立ち上げ事例&成功確率を高めるためのポイント解説集
【第二本業を立ち上げよ!】新規事業・立ち上げ事例&成功確率を高めるためのポイント解説集 このような方におすすめ
・自社業種にマッチする新規事業案が知りたい
・家では業務効率が落ちるのではないか?
・どんな事業の組み合わせをすると、既存事業にシナジーが生まれていくのか?学びたい
・新規事業案を選ぶ際に「意識すべき点」が知りたい
目次
  • 1.担当コンサルタント・プロフィール
  • 2.事業立ち上げ支援事例(一部抜粋)
  • 3.【10事例から学ぶ】:貴社に適した「第二本業」を見つけよう
  • 4.【チェック項目】:事業立ち上げ「成功」と「失敗」の分かれ道
  • 5.【ご案内】:第二本業分科会
ダウンロード




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

TOPページへ戻る