新卒採用コンサルティング

新卒採用コンサルティング

▼このセミナーに関連する無料レポートはこちら▼

新卒採用コンサルティングとは

コロナ後に求人倍率は大幅に下がりました。しかし、優秀な人財を採用しようと考える中小企業にとってはまだまだ採用難は続きます。

中小企業が優秀な人財を採用しようと考えるのであれば大手媒体への掲載だけでなく、ダイレクトリクルーティング媒体の活用が不可欠です。

特に、インターンシップの時期の母集団形成が大切です。我々の新卒採用コンサルティングは企業規模や地域に関わらず、OfferBoxなどの媒体を使ってインターンシップの時期から優秀な人財を集め、最終的には入社させることが可能なコンサルティングとなっております。

どんなインターンシップで学生を集めたら良いのか?集めた学生をどう入社まで導いたら良いのか分からないということ。そんな悩みを全て解決するソリューションがこの新卒採用コンサルティングソリューションです。

このような方にオススメ

・周りがコロナ禍は優秀な人財を採用するチャンスだと言っているが具体的に何がチャンスか分からない

・優秀なリーダーやマネジメント層になる若手人材をもっと増やしたいと思っている

・新卒採用で、思わず将来ワクワクする人財を採用したいと思っている

・コロナのこの状況の中、新卒採用で”まずやるべきこと”は何かを知りたい

・新卒採用でうまくいっている他社の事例を知りたい

なぜ、今”新卒採用”に力を入れるのか?

なぜ、今”新卒採用”に力を入れるのか?それは、コロナによって10年ぶりに企業にとっては優秀な人財を採用しやすいタイミングだからです。


とはいうものの、中小企業、不人気業種の企業にとっては、そんな外部環境のプラス要因を活かすための手法をしらず自社の求める人物を欲しいだけ採用することが出来ていません。

そういった企業の悩みを解決できるコンサルティングと注目されています

企業課題と解決イメージ

【課題】

①計画している人数の新卒を採用できる

②自社の求める水準(レベル)の新卒を採用できる


【解決】

(1)大手媒体だけでなく、ダイレクトリクルーティング媒体を活用することで夏ISからの母集団形成が可能です。

不人気業種でも夏のインターンシップの集客は企画次第で学生を集めることが出来ます。


(2)能力の高い学生の満足度を上げる、現場ISではない、経営戦略ISのプログラムと運営手法をコンサルティングいたします。

そのプログラムによって、自社ではこれまで採用できなかったレベルの高い人材を採用することが出来ます。


(3)内定承諾率を高める施策を行います。

学生の志望度を上げる為の全体設計ならびに、リクルーター制度によって承諾率を高めます。

期待される効果(事例)

新卒採用に初めて取り組む方

・採用目標を達成できた

・インターンを実施することができた

・全社員を巻き込んで採用活動ができた

・オンライン対応型の採用活動を行えた


新卒採用の質を上げていきたい方

・3年生から動き出している優秀層にアプローチし、解禁前に内定承諾を獲得

・4年生の一年間に教育・育成に費やし、入社後一か月で~~~

成功事例企業

<愛媛県 アミューズメント業 A社の新卒採用>

過去、新卒採用実績として14名の採用ができていたが、競合企業の増加や競争激化、目まぐるしく変わる新卒ルールの変動により徐々に採用人数を減らし、2018年には内定19名全員辞退となってしまっていた。


そこで、新卒採用の戦略・体制を変更し、惹き付け型の採用戦略とリクルーターによる選考中フォローを実施したところ、内定辞退率0%、内定通知を出した18名全員入社という劇的な採用成果の改善を達成することができました。


新卒採用数

2015年 14名:ほぼ目標通りの人数が採用できていた時期

2016年 7名:競合企業の増加等により採用人数が減少、目標人数に届かず

2017年 8名:前年と同じく、採用人数が目標に届かず

2018年 0名:内定者19名が全員辞退、入社0名となる。

2019年 18名:

船井総研の採用コンサルティングを受け、採用戦略・体制を見直す。リニューアルした採用活動により、辞退者0名、全員が入社。

他社との違い

【事業内容】

・経営コンサルティング全般

あらゆる業界の専門家集団がプロジェクトテーマ別にタッグを組む体制が社内で構築されているため、

貴社の事業戦略及び採用戦略の実情に照らし合わせた他社には真似できない

一気通貫型のコンサルティングサービスが提供可能


【実績】

・船井総研が採用ファースト経営に基づき毎年100名以上の採用に成功

・全国の中小企業400社にて、単年3000名越えの採用に成功


【担当者】

・船井総研の採用コンサルタント自ら対応


【サポート体制】

・1社ごとに1-3名で担当(50名を超える採用コンサルタントから選定)


【依頼可能な範囲】

・「母集団形成」「惹きつけ」「内定辞退防止」全ての領域でコンサルティングサポートが可能

・貴社の採用力の根底から向上するための3ヵ年プランでの採用戦略構築をご提案

アウトプットイメージ

アウトプット①:採用戦略立案

・自社分析
→全社員アンケート
・市場・競合分析
→同商圏内の同業界企業の調査、商圏内の学生動向の調査
・採用コンセプトの提案・決定
・必要ツールの作成、整備
→採用サイト、リクルーティングブック、リクルーティングムービーの制作ディレクションイベントで使用するスライドの作成、SNSの立ち上げ


アウトプット②:採用スケジュールの立案

・採用における数値計画

→各移行率、KPIを設定し、採用目標人数から逆算する、商圏内での活動のみで達成可能かの判断を行う

・全体フローの構築

→活動時期を分け、フローを作成。フローごとにフォローアップ施策を変えつつ、承諾を確実に取る

コンサルティング料金

まずは60~90分の無料個別相談を実施の上(ZOOMなどにてリモート面談可能)、内容により個別にお見積り致します。

良くある質問と回答 (Q&A)

Q:地方中小企業でも新卒を大卒で採用することは可能ですか?

A:可能です。地方の中小企業に就職したい学生はどのような人か、どのように会社を見せるか、を追求することで地方中小企業でも優秀大卒を採用することは可能です。


Q:新卒採用コストの適正値はいくらくらいですか?

A:50~70万円です。それ以下の投資額で優秀層の採用をすることは難しくなります。


Q:専任者は必要ですか?

A:5名の採用までは兼任で行えます。ただし、全社を巻き込み、採用活動のフォローを行っていただくことが前提となります。

コンサルティングの流れ

新卒採用は採用して終わりではなく、教育・育成・定着まで行わなければ成功とは言えません。
そのために自社に合う人財を定義し、その人たちに出会うための戦略立案、手法の選択を行わなければなりません

ステップ1

新卒採用戦略の立案(採用人数の決定、開始・終了時期の設定)


ステップ2

採用コンセプト・ペルソナの設定


ステップ3

チャネルの選択、学生との接触


ステップ4

誘導先のイベントの企画・立案、実行サポート


ステップ5

自社理解を深め、ミスマッチを防ぐための選考フローの構築定


ステップ6

自社に決めさせるためのクロージングサポート


ステップ7

即戦力化に向けた早期育成プランの実行

ビジネスレポート無料ダウンロード
優秀人財採用の決め手 新卒ダイレクトリクルーティングOfferBox必勝法レポート
優秀人財採用の決め手 新卒ダイレクトリクルーティングOfferBox必勝法レポート このような方におすすめ
・ナビサイトに掲載しているけれど学生が集まらない方
・ダイレクトリクルーティングを導入したいけれどうまい活用の仕方が分からない方
・オンラインリクルーティングを強化したい方
・自社の求める人物をピンポイントで採用したい方
目次
  • 1.Afterコロナの新卒採用の今後
  • 2.OfferBoxを導入する意味・意義
  • 3.OfferBoxで学生を集めるためのポイント
  • 4.OfferBoxを活用して学生を採用するまで
ダウンロード




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

TOPページへ戻る