介護施設向け給食ビジネス ~介護・シニア・福祉コンサルティング~

”向こう20年の成長”が約束された「介護市場」の省人化・高収益化ができる、今注目の給食事業モデル

導入事例数

50社以上

概要

給食業のみならず、近年では介護事業者の参入増が著しい、「介護施設向けの給食事業」。
人材を多く要する委託給食でもなく、衛生面不安が残る弁当・タッパでもない。
今、最も注目を浴び、市場が伸びているのが「チルド調理済み品」の配食モデルです。
◆当日製造・配送ゼロ!
◆作るのは製造難易度が高くない「普通食」のみでOK!
◆ストック型ビジネスモデルのため、売上・収益が超安定!
「3年で年商3億円、営業利益率22%達成」の事例もございます。
給食業者様にとっての事業拡大、高収益化を、介護事業者様にとって保険外収益のストック付加を目指す企業様は、ぜひご一読ください。

業界内の脅威

導入期~成長期にかかるビジネスモデルのため、参入が遅れ「先行者メリットを失うこと」が、今一番の脅威です

伸びるマーケット

高齢者数・高齢化率が今後20年間は伸び続ける
=ターゲットの母数が増え続ける
=労働人口が減るため、高齢者を支えるサービスの「外注化」が今後ますます進行

成功のポイント

(1)「普通食しか作らない」シンプルな製造工程
(2)「粗利率65%以上」が確保できる商品開発
(3)見込み案件を生み出し続ける「集客の仕組み」づくり
(4)見込み案件を成約に結びつける「営業管理」の仕組みづくり

期待できる数値効果

◆初期投資額:80万円~ スタート可
 ※既存設備状況による
◆営業利益率20%以上
◆事例
・参入3年後収支 年商3億円 営業利益率22%
◆投資回収目安:2年~

関連する専門サイト

フードビジネスドットコム

外食企業(居酒屋・焼肉・ラーメン・カフェ・バルなど)が抱える経営課題(業績アップ、業態開発、事業計画立案、評価制度、人材採用・育成)を解決する最新情報・事例を専門コンサルタントが日々発信しています!

外食・宅配・食品コンサルティング 観光・旅館・ホテルコンサルティング