栄養・嚥下対応型・訪問歯科

導入事例数

50社以上

社会的問題!【誤嚥性肺炎を世の中から一人でも減らす】
歯科医院を創り上げるコンサルティング

概要

歯科医院が「 自院に通院できない患者様」に対し、
高齢者施設、自宅に伺い、訪問歯科という
【新たな柱を立てる】ソリーションです。
昨今ですと、歯の治療だけではなく、栄養、嚥下対応と
患者様の全身を多職種で診ることが望まれております。
そのニーズに対応する事で、外来のメンテナンス患者様の
ような固定化ビジネスの実現が可能です。

業界内の脅威

2025年度には通院困難者が現在の1.7倍(※2016年度対比)
になる可能性が見込まれる市場。

伸びるマーケット

2018年度報酬改定で【か強診】の要件で訪問歯科が必須に。
未経験の医院からの参入が多数!

成功のポイント

(1) 商品力(技術力)をまずは磨く。
   他院との差別化として食支援(栄養)・摂食嚥下対応
迄できるかがポイントです。
(2) 自院の取り組みを発信していく
 高齢者施設に対し、積極的に自院の取り組みを
発信していく必要があります。
具体的にはHP,ニュースレター、講演会が挙げられます。
(3) 歯科衛生士を使ったモデル
 治療型訪問診療から歯科衛生士主体の、
口腔機能向上型訪問診療への転換が必要です。