財務コンサルティング

資金調達コンサルティング

▼このセミナーに関連する無料レポートはこちら▼

財務コンサルティング概要

貴社の財務を分析し、財務指標からどのような経営判断・投資判断をするべきかをお伝えいたします。

そして、それぞれの業界に特化したコンサルタントが業界の知見を活かしながら、貴社の財務体質にあった財務戦略の策定・資金管理の体制の構築・資金繰り管理や採算管理の見直しを行っていきます。

財務専門のコンサルからアドバイスをして欲しい、外部のCFO顧問が欲しい、いずれは自社のCFOの育成をしたい、等それぞれのニーズに合ったご支援を提供させていただきます。

このような方にオススメ

・資金調達が上手くできず、成長機会を失っている

・キャッシュフローを最大化し、お金が溜まるようにしたい

・財務戦略を構築し、企業価値を向上させたい

・銀行交渉で優位に立ちたい

・担保・個人保証を外したい

・業績は良いが、資金繰りに困っている

・これから事業承継を考えている

・資金繰り管理、採算管理に困っている

財務とは?

■なぜ、経理ではなく”財務”が必要なのか

 経理 

・請求や支払業務、帳簿への記帳、伝票作成

・貸借対照表や損益計算書などの決算書の作成 など

→日々のお金の流れを把握する業務

 財務 

・金融機関や投資家と交渉し、資金を調達する

・経理によって作成された財務諸表を基に資金計画を立てる

・資金の活用方法を検討し、予算を管理する など

→経営の根幹にかかわる業務


企業の成長には下記の3つがポイント

1.必要なお金が借り入れできる(資金調達)

2.返済した後もお金が残る(返済後CFがプラスになる)

3.財務状況がリアルにわかる(財務分析・予実管理)
→財務の領域


財務は経理の延長ではなく、”専門領域”になるため。専門家の知見が必要!

企業課題と解決イメージ

【課題】財務基盤を強化し、企業が成長するための財務戦略を立案したい

【解決】財務分析結果を元に戦略を立案し、戦略の実行と管理体制の構築を実現

企業課題と解決イメージ

得られる効果

1.経営者が銀行の審査基準を理解し、自信を持って銀行と交渉をするスキルを身に着ける

2.資金繰りと貸借対照表(B/S)の計画を作成し、必要な時期に必要な資金を準備できる戦略を立てる

3.自社に合った資金管理の仕組みを構築し、常に資金に困らない体制を作る

財務コンサルティングの成功事例

全国で多数の即時財務改善成功事例が出てきています。

主な財務改善実績(銀行との取引条件改善事例)を、一部ご紹介させていただきます。

財務コンサルティングの成功事例

船井総研のご支援の強み

船井総研のご支援の強み

財務面のみのご提案だけではなく、業種コンサルとの連携や銀行面談のサポートなど、
幅広くお客様をサポートできます

アウトプットイメージ

<財務分析>

将来の資金ニーズに対応できる財務戦略を構築するために、
現状の財務体質を分析し、財務分析報告書を作成します。

 財務に関するコンサルティングメニュー
●財務分析の主な内容
  • ・資金繰り状況の把握
    実態の年間CFから現状の資金繰り状況を分析します。
  • ・懸念要因の把握
    現状の財務体質から懸念要因を分析します。
  • ・推定格付けの分析
    金融機関目線の財務評価を行い、推定される格付け(※)を分析します。
    ※格付けとは:金融機関が融資姿勢や借入条件を決めるために、企業分類を主に6段階に分けること。
  • ・適正な借入条件の分析
    上記の推定格付けより、現状の借入条件が適切かを分析します。
  • ・今後の財務戦略の提案
    今後目指すべき財務体質に向けた財務戦略を作成します。

コンサルティング料金

コンサルティング料金

会員価格とはキャッシュフロー経営フォーラム戦略財務経営フォーラム」の会員を指します。

※上記内容は1日あたり4~5時間の支援内容となります。

※上記費用以外に交通費及び宿泊費は、別途実費にてご請求させていただきますが、出来る限り交通費を抑えるために出張調整を致します。

※一定の電話及びメールのフォローも上記料金に含みます。

よくある質問と回答(Q&A)

Q 利益は出ているのに資金繰り(お金)が回らない
A 「経営に常に必要な資金額」を知り、それを適切な方法で確保する必要があります

何のための資金調達なのかを明確にし、用途に合わせて資金調達方法を毎月返済するものとしっかり借り続けるものに使い分けて、月々の返済額を自社の資金繰りにマッチさせる必要があります。



Q 現在の融資の条件が適切なのか知りたい
A 融資を受ける際に重要な「5大条件」を知り、1つずつ確認しましょう

「融資条件」には5つの重要な項目があることをご存じでしょうか。

1 金額

2 金利

3 借入期間

4 担保・保証の有無

5 お金の使い道

現在の借入はこれら5大条件と照らし合わせた時に、自社の経営に「マッチしている」でしょうか?

融資を受ける際のポイントを押さえ、自社の経営状況に合わせた条件へと改善することで資金の流れは劇的に改善します。


目標達成までのスケジュール

1.決算書を基に財務分析を行い、短期・中長期の対策を明確にします
2.銀行の審査基準から資金調達可能額を明確にし、事業計画書とB/S戦略を立案します
3.現時点での銀行取引条件(利率、借入形態、保証人、担保など)の最適化を交渉します

目標達成までのスケジュール
ビジネスレポート無料ダウンロード
財務に関するコンサルティングメニュー
財務に関するコンサルティングメニュー このような方におすすめ
・資金調達が上手くできず、成長機会を失っている
・キャッシュフローを最大化し、お金が溜まるようにしたい
・財務戦略を構築し、企業価値を向上させたい
・銀行交渉で優位に立ちたい
・担保・個人保証を外したい
・業績は良いが、資金繰りに困っている
・これから事業承継を考えている
・資金繰り管理、採算管理に困っている
目次
  • 1.財務コンサルティングが必要とされる理由とは
  • 2.財務コンサルティングの全体像
  • 3.財務戦略の導入に向けたスケジュール
  • 4.直近の主な財務改善実績
  • 5.財務戦略の導入に向けたプログラム
  • 6.最新のノウハウと成功事例が集まる場「戦略財務経営フォーラム」とは
  • 7.明日使える戦略財務を学ぶ「キャッシュフロー経営フォーラム」とは
  • 8.コンサルティング料金
  • 9.コンサルタントの紹介
ダウンロード




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

TOPページへ戻る