中小企業のためのデータ活用型DXコンサルティング

中小企業のためのデータ活用型DXコンサルティング

DXコンサルティング概要

RPAによる業務改善+BIによるデータを活用したDXコンサルティングのお手伝いをさせていただきます。RPAでの定型業務の自動化はもちろん、これまでなかなか活用できなかった販売データ、仕入れデータ、商圏データなどの経営の意思決定に必要なデータを一つに結合・自動更新・活用するまでのスキームを構築します。活用や運用に当たっては研修を用意しており、貴社のデジタル化推進者の教育の側面からも貢献することができます。

このような方にオススメ

  • ・データはあるが、どう活用すればいいかわからない方
  • ・RPAを検討しているがどのツールがいいか迷っている方
  • ・DXしていきたいが、何から着手すべきかわからない方

RPA、BIとは何か?

■RPAとは、Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーションの略語で、主にPCで行うことができる定型業務を自動化するためのツールです。間接業務をなくし、直接業務の比率を上げることができるRPAは、日本の中小企業の人時生産性を上げる一つの手段として注目を浴びています。

■BIとは、Business Intelligence/ビジネス・インテリジェンスの略語で、企業などの組織データを、収集・蓄積・分析・報告することにより、経営上などの意思決定に役立てる手法や技術のことです。上記のRPAと同様に、生産性をあげるためのより高精度でスピーディな意思決定を行うために利用されるツールです。

■我々船井流の業績アップの極意とこれら2つのデジタルツールを駆使することで貴社の業績アップに貢献します。

企業課題と解決イメージ

【課題】
・もっとデータを活用して業績を上げていきたいが、やり方がわからない。
・DXしていかなければならないのはわかっているが、何も進んでいない。

【ご提案・解決】

・全体の業務を俯瞰したうえで、業績を上げるためのデータ活用スキームを提供
・スキームの構築の中でDXの推進者を教育し、社内でDXへの取り組みを普及させる仕掛けを打つ

期待される効果(事例)

・毎月の定型業務がなくなり、直接業務に時間をさけるようになる
・データを活用した意思決定を行うことができるようになり、業績アップにつながる
・DX推進者の旗振りができるようになり、社内のDXが一気に進む

他社との違い

・各業種に詳しいコンサルタントがおり、よりニーズに即した設計、構築をおこなうことができる。
・社内で船井総研社内BIを作成するため、他社と比べて安価。
・船井流の業績アップのノウハウをベースに構築するので、業績に直結する仕組みが作れる。

アウトプットイメージ

アウトプット①:DXジャーニーマップ(データ連携図)
・貴社の業務プロセスから今使用しているデジタルツール、管理しているKPIなどを全体像で洗い出し、BI作成やRPAツールの選定に活用します。

アウトプット②:業績推移含むBI
・BIを作成し、業績推移や販売データの見える化を行います。
・スマホ、PCからURL一つでアクセスでき、RPAで常に更新させるため、最新を情報を見ることができます。
・業績以外にも労務データや仕入れデータなど意思決定に必要なデータを御社独自の見せ方で構築します。

アウトプット③:RPAによる業務削減
・RPAを導入し、定型業務を削減します。
・実際にどのくらいの業務が削減されるかをヒアリングにて調査し、そのバランスによってツール、開発環境の提案を行います。

コンサルティング料金

月30~90万円※
(1時間程度のヒアリングの上、個別にお見積りいたします。)

目標達成までのスケジュール

ステップ1

ヒアリングによる現状把握


ステップ2

業務プロセスの整理


ステップ3

業績や生産性に関連するKPIの検討


ステップ4

業績目標数値の計画策定


ステップ5

BIの構築とフィードバック


ステップ6

RPAの構築


ステップ7

定着支援




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

TOPページへ戻る