予防先行型の治療体形であり、多くの親御さんから支持されている矯正モデル。

予防先行型の治療体形であり、多くの親御さんから支持されている矯正モデル。

お口のクセを改善し、歯並びと共に子供の健やかな成長を守る

導入事例数

45院以上

概要

子供の悪い歯並びの原因はお口のクセにあり、骨格や姿勢にも悪影響を及ぼします。お口のクセを根本から改善し、子供の健やかな成長、歯並びを実現するのが予防矯正です。

従来の小児矯正は「歯並び悪化⇒治療」のフローでしたが、予防矯正は「クセの改善⇒歯並び悪化予防」という予防先行型の治療体形であり、多くの親御さんから支持されている治療モデルです。

業界内の脅威

現代の子供の約6割に口呼吸などの悪いクセがあり、歯列矯正だけでは健康が守れない。

伸びるマーケット

「口腔機能管理加算」が子供にも適用。「お口の悪いクセ」の治療に積極的な親が増加。

成功のポイント

●医院全体で予防矯正の知識と技術を学ぶ

治療方法(クセを治すマウスピースと呼吸などの運動)について院長とスタッフで学ぶ


●矯正主訴以外の小児患者も予防矯正に繋げることができるカウンセリング

動画撮影を中心としたカウンセリング体系の導入


●予防矯正カウンセリングができるスタッフの育成

歯科医師に代わり、患者をカウンセリングできるスタッフを育成することで効率化

期待できる数値効果

1.低収益な小児期診療に、予防矯正という自費治療を導入することで高収益化が可能

2.全国でも導入医院が少なく、他院との強力な差別化になり小児の集患力が向上する

3.歯科でいう無資格者の方がカウンセリングや治療の中心となり、成約や収益を生み出してくれる為、生産性のボトムアップが可能

4.歯科でいう無資格者の方の活躍の場が拡がり、やりがい向上や離職の防止、採用力向上につながる

TOPページへ戻る