【中堅・中小製造業向け】AI導入・活用コンサルティング

【中堅・中小製造業向け】AI導入・活用コンサルティング

▼このセミナーに関連する無料レポートはこちら▼

AI導入・活用コンサルティング概要

主に全国各地の中堅・中小製造業(部品加工業・メーカー)様向けに、AIの導入&活用に関するお手伝いをさせていただきます。
はじめに工場の現場診断・ヒアリングを実施後、各企業様の経営課題やAI導入方針に応じて、各企業様にとってオリジナルかつ最適なAIの導入&活用方法を企画・構想し、ご提案いたします。「営業情報AI化」「見積もり作成AI化」「設計・構想AI化」「生産計画作成AI化」「外観検査AI化」等、幅広いAI活用シーンに対応しております。
ご提案内容に基づいて、AIを活用した「業務の自動化・省力化・標準化」「付加価値アップ」等の実現に向けた取り組みを一貫してサポートいたします。

このような方にオススメ

【皆様の事業において、以下のような業務はありませんか?】

・人的依存の高い業務

・属人的な業務

・手作業が多い業務

・一部の社員に偏っている業務

・高付加価値な業務

・経験と勘を要する業務

・分析してもっと品質改善&現場改善したい業務

・以上を標準化・パッケージ化して

 誰でもできるように技術継承をしたい業務


上記のような業務を1つでも社内で抱えている中堅・中小製造業の企業様におすすめです。

AI導入・活用とはとは?

AI導入・活用とは、単なるツールの導入・活用ではなく、まさに経営改善に繋がる取り組みである!
1.AI導入により従業員全体のスキルレベルを上げていく
2.AIは若手(これまでとは違った層)や女性が活躍できる
3.AIに取り組まなければ、良い若手や良い女性は来ない!
4.AIに取り組むことで、熟練者の技術承継が可能になる!
5.AIにチャレンジできない企業ほどヒト不足になる!
6.AIはあくまでもヒトの為にある!
7.デジタルを追及しているようでアナログを強化する為である!
8.導入して究められないと最大の経営非効率になる!
9.単なるツールの導入ではない!
10.AI活用とは、まさに経営改善である!

企業課題と解決イメージ

企業課題と解決イメージ

期待される効果(事例)

自動化・省力化・標準化等だけではなく「付加価値アップ」を実現できることこそ、AI導入のポイント・醍醐味である!

1.既存業務の自動化・省力化

2.3K業務の自動化

3.熟練業務・属人業務の標準化・見える化

4.熟練業務・属人業務の技術継承・誰でも出来る化

5.経験の浅い若手の育成化&女性活躍

6.熟練者をより高付加価値業務へ移行・付加価値アップ

7.新規顧客の開拓(新規売上UP)

8.採用強化

成功事例企業

成功事例企業

他社との違い

①AIに対する”思い込み””思い違い”を払拭

中堅・中小製造業経営者様が往々にして抱いている「AIに対する“思い込み”“思い違い”」を整理すると、以下のような内容となります。


1.「AI化=大手企業が先」と思い込んでいる

2.「中堅・中小企業はその後、大手が成功しないと無理!」と思い込んでいる

3.「AI化=ヒトの能力以上のことをしてくれる」と思い込んでいる

4.「AI化=最適なことをしてくれる」と思い込んでいる

5.「AI化=省人化」と思い込んでいる

6.「AI化はやはり難しい」と思い込んでいる

7.正直、AIで何ができるのかが分からない

8.具体的なコストイメージさえも湧かない

9.あるいは、相当なコストが掛かると思い込んでいる

10.どこに相談して良いかも悩みどころ


以上はすべて“思い込み”“思い違い”であり、まずはそれを払拭することからスタートします。



②「製造業」に業種特化したコンサルティング

全国各地の中堅・中小製造業の現場情報&最新事例に精通した「製造業専門」のコンサルタントが個別に対応いたします。

数々の製造業現場への訪問・ヒアリングを通じて得られた独自の知見をもとに、各企業様にとってオリジナルかつ最適なAIの導入&活用方法を企画・構想し、ご提案いたします。



③「ヒトを減らすため」ではなく、「ヒトを活かすため」のAI活用

全国各地の製造業の企業様にお話をお聞きしていると、AIを活用して熟練技術の継承を図る中で、現場のベテラン従業員の方から、

「AIを活用することで、自分たち(ベテラン従業員)の仕事がなくなるのでは?」

という懸念を表明されるケースが多々あるようです。

ただ、それに対する結論として言えるのは、AIというのは、「熟練者の仕事を奪うためのツール」ではないということです。


むしろ、AIというのは、「熟練者に “より高付加価値な業務” に従事してもらうためのツール」であると言えます。


技術継承を踏まえた上で、熟練者は空いた時間で「さらに付加価値の高い(ベテランだからこそできる)業務へ移行する」という、「人員配置・役割設計の再定義」の機会を発生させる点に、AI導入の意義を見出すことができます。


船井総研のAIコンサルティングでは、「ヒトを減らすため」ではなく、「ヒトを活かすため」のAI活用をご提案いたします。

コンサルティング料金

まずは1回あたり最大60分間の無料オンライン相談を実施の上、各企業様のご相談内容に応じて個別にご提案させていただきます。

コンサルティングの流れ

図表内の黄色文字部分を中心に、船井総研がサポートいたします。

(1~7番、15番の工程)

コンサルティングの流れ
ビジネスレポート無料ダウンロード
中堅・中小製造業 経営者様向け “工場のAI・デジタル化”最新事例解説レポート
中堅・中小製造業 経営者様向け “工場のAI・デジタル化”最新事例解説レポート このような方におすすめ
・工場のAI化・デジタル化に関する最新事例を知りたい
・AI・デジタル技術を活用した「脱属人化」「標準化」「自動化」の事例を知りたい
目次

「AIやデジタルツールなどを使うことで、工場内のどのような課題を解決できるのか?」
「工場のDX(デジタルトランスフォーメーション)に関して、具体的な事例を知りたい」
本レポートでは、「工場のAI・デジタル化」にテーマを絞った上で、各種事例をご紹介いたします。

  • 【事例①】AI活用を通じて「見積もり業務の標準化・脱属人化」を推進
  • 【事例②】AIを活用した「類似案件検索システム」の確立
  • 【事例③】AIを活用した外観検査体制の構築
  • 【事例④】現場に散乱していた生産日報・日常点検表等のペーパーレス化を実現
  • 【事例⑤】メンテナンス事業の案件情報一元管理
  • 【事例⑥】営業担当者のワンストップ簡易設計システムの構築
  • 【事例⑦】クラウドIoTによる設備の故障予知
ダウンロード




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

TOPページへ戻る