建材業界業績UPメルマガ

配信頻度:週に1回程度

消費税増税や販売網の開拓により急速なIT化を求められている建材業界。業界を取り巻く環境は劇的に変化を続け、自社の将来を見据えて不安を抱く企業様も多いのではないでしょうか。当メールマガジンでは、建材取扱企業向けに、建材事業の最前線に立つ専門コンサルタントが、ITを活かした建材販売ビジネスの超実践的なノウハウや日々コンサルティングの現場で感じる最新の業界動向を無料でお届けします。 

このメルマガの配信を希望
バックナンバー

メールマガジンの例

今回のメルマガのテーマは、
「高生産性を実現する注文住宅事業×分譲住宅事業」です。
新規参入、立上1年で地域No.1を実現された
四国は高知県の建匠様の事例をベースに、成功の秘訣をご紹介いたします。

【成功の秘訣1】
注文住宅事業では実現できない、高回転で生産性の高い事業に参入した。

注文住宅や売建の場合、打合せの回数が多く、営業1人あたりが受注できる件数が伸び悩みます。
分譲住宅の場合は、先にプランが決まっているため、打合せの回数が少なく、営業1人あたりの受注できる件数を伸ばすことが可能です。
仕入れ担当者を専任化すればその他施工管理や販促担当などの人的リソースは注文事業から増員する必要がなく、即営業利益を伸ばすことができました。
【成功の秘訣2】
既存事業に加え新規事業を掛け合わせ、両事業の売上増加ができた。

これから夢のマイホームを実現されようとする顧客の8割は「土地無し客」であり、住宅営業といえど「土地の提案」は必須となってきます。分譲事業を行うために地域の不動産屋とのパイプを多く持つことになり、地域の土地情報が今までと比べ物にならないほど、多くなります。
分譲事業を展開することは、注文事業にも大きな意味を持ち、相乗効果が生まれました。

【成功の秘訣3】
注文住宅でくすぶっていた人材が活躍できるフィールドを用意する

現状の社員様の教育や配置に関して悩んでいる経営者様は非常に多いです。
分譲住宅事業では、営業フローシンプルであり、設計がお客様とコミュニケーションをとる必要がない為、従来活躍できなかった人材を活躍させる事が出来ます。
また事業の回転率が速く成長速度も速い為、新人や未経験者の育成にも役立ちました。

そんな建匠の西村社長にご登壇頂くセミナーの開催が決定致しました。

メールでは要素しかお伝えできませんので、ぜひ生のノウハウをお聞きください。
本セミナーではスグに使える、「戦略」と「戦術」を公開いたします。

消費増税まで残り1年となり、本格的にお客様の駆け込み需要が出てまいりました。

・ユーザーの動きが活発なタイミングで好機をぜひ掴みたい
・消費のしぼむタイミングでも勝てる事業の柱を作りたい。
・通期通して職人や社員に安定的に仕事を供給し、生産性を上げたい方
・今の社員数と施工力でリスクを抑え売上を伸ばしたい方
・若手でも未経験でも売れるビジネスモデルが欲しい方

貴重な機会ですので是非ともご参加ください。
2018年11月15日(木) (株)船井総合研究所 東京本社

開始まで日が迫っていますので、お早めにご検討ください。

↓↓お申込みはこちら↓↓
―――――――――――――――――――――――――
こだわりの注文事業の基盤を活かし、
事業付加に成功成功!事業参入1年で年商10億円突破!
県No.1を奪取した「ノウハウ」を大公開

【詳細WEBページ】
http://www.fhrc.jp/bunjyo/seminar/037455_lp/
【DM(PDF)】
http://www.fhrc.jp/bunjyo/seminar/037455_lp/037455_lp.pdf

このメルマガの配信を希望
バックナンバー