船井総研発|事務機ディーラー 業績UPレポート

船井総研の事務機専門コンサルティングチームが、日々のコンサルティング現場における成功事例や業績アップノウハウを無料で配信します。事務機業界の経営者必読のメールマガジンです。次のような課題の解決のヒントをお伝えします。
・売れる商品を探している
・価格競争から脱却して高収益経営がしたい
・営業職の育成で悩んでいる
・OA機器やオフィス家具を販売する会社ではなく、顧客にワークスタイルを提案できる会社になりたい
セミナー情報などもいち早く配信いたします。業界の現場感のある最新情報はメールマガジンにて。ぜひご登録ください。

このメルマガの配信を希望

メールマガジンの例

「コロナ不況に備え、事務機ディーラーの経営者が準備すべき3つの対策
【船井総研発|事務機ディーラー 業績UPレポートVol.9】」

事務機業界のコロナ対策緊急!
テレワーク導入支援ビジネスの成功事例を無料Webセミナーで公開

------------------------------------------
こんにちは。船井総研の細井錦平です。

事務機業界にも新型コロナウイルスの影響が出始めています。
「大型商談が中止になった」
「介護施設や病院の顧客に訪問できなくなった」
「大手企業からマスクの着用や、不要不急の訪問を控えるように言われている」
といった声を全国で聞いています。

新型コロナウイルスの影響が長引くことで
不況期にこれから突入していくことも濃厚になってきました。また、
訪問営業を主体とする我々の業界では営業手段も考慮しなければいけません。
4~5月には影響が出始めるはずです。
民間企業のOA機器やオフィス家具、文具の売上は落ちていくでしょう。

船井総研では事務機ディーラーに、新型コロナウイルス対策として
「テレワーク導入支援ビジネス」に取り組むことをご提案しています。
販売店も業績アップをすることができ、中小企業のお客様にも貢献することが
できます。

船井総研の会員企業様の中に、テレワーク導入支援ビジネスに取り組み、3月
単月で、テレワーク関連で粗利800万円受注をした企業様がいらっしゃいます。
テレワークをせざるを得なくなった中小企業のお客様にも喜ばれています。

テレワークを取り入れるためには、
事務機ディーラーが提供できる商品・サービスが必要になります。
Web会議システム、労務管理システム、各種セキュリティ商材、
ネットワーク環境構築、オフィス環境の見直し、パソコン
クラウドツール、ペーパーレス化に必要な各種ツール  など

今、中小企業に密着して、テレワークに取り組むためには何が必要かを
親身にアドバイスし、テレワークの推進をサポートできるのは
事務機ディーラーではないでしょうか?

テレワークは、人口減少に伴う労働力不足を解決する手段として、
政府が何年も前から推進しています。
テレワーク導入は今回の新型コロナウイルスが収束したとしても、長く続く
流れになっていきます。

時流適応した経営をするためにも、テレワークへの取り組みは
事務機ディーラーにとって必須と言えます。

──────────────────────────────

発行元 株式会社船井総合研究所
https://www.funaisoken.co.jp/

このメルマガの配信を希望
TOPページへ戻る