【SC経営のヒント532】「ナショナルチェーンは固定客化できない』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.532━ 2018.7.19
 船井総研 コンサルタント 丹羽 英之 発行
 週刊 ☆ショッピングセンター経営のヒント☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆今週のコンテンツ☆

【1】メルマガ『ナショナルチェーンは固定客化できない』

【2】10月21日新刊発売!『多店舗展開の基本実務』
http://www.subarusya-linkage.jp/book/9784799105085.html

【3】無料経営相談のご案内
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/sc/inquiry.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ショッピングセンター経営のヒント☆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ナショナルチェーンは固定客化できない』

ナショナルチェーンと付き合っていて一番違和感があるのは、
店長が早ければ1年、遅くても3年で変わることです。

多店舗化を志向し、企業規模を大きくしていくためには、
人(スタッフ)にお客様をつけるのでなく
商品(ブランド)にお客様をつけることの重要性が理解はできますが、
リアル店舗を伸ばしていきたいのであれば店長(スタッフ)が
変わらないのことが一番だと思います。

なぜなら、お客様は基本的には、その場所から動くことなく、
馴染みの店、商品、人(スタッフ)で買いたいからです。

ポイントカードや顧客管理ソフトが発達し、仕組としてはお客様とつながっているようですが、
自社の買い上げ金額の高いロイヤルカスタマーを店頭で認識できていないことが本当に残念です。

一方、リージョナルチェーンはここで勝ち切ることができるのです。
商圏に合った商品はもちろんですが、転勤のないエリア採用など
オペレーションの見直しもしていきたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 10月21日新刊発売!
 『多店舗展開の基本実務』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

加速する人口減少、超高齢化、オムニチャネル化……。
小売市場を取り巻く環境が激変する今とこれからを生き抜く術を、
船井総研トップコンサル集団がズバリ指南。新しい小売の教科書の第一弾です。

▼詳しくはコチラ▼
http://www.subarusya-linkage.jp/book/9784799105085.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 無料経営相談のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コンサルティングや経営についてのご相談を、
無料&秘密厳守でお受けいたします。

▼相談窓口はこちら▼
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/sc/inquiry.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★Facebook開設しました
https://www.facebook.com/funai.teamsc
★週刊メルマガ 【ショッピングセンター経営のヒント】
http://www.funaisoken.co.jp/team/sc/cat24/
★ショッピングセンターチームサイト
http://www.funaisoken.co.jp/team/sc/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■週刊 ☆ショッピングセンター経営のヒント☆

ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ info-sc@funaisoken.co.jp

発行人:丹羽 英之(にわ ひでゆき)
発行責任者:山本 匡(やまもと ただし)
発行所:株式会社船井総合研究所 経営改革事業本部
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6日本生命丸の内ビル21階
TEL : 03-6212-2930(直通)
E-MAIL :info-sc@funaisoken.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



このページのトップへ

無料冊子
facebook

M&A

ブランディングナビ

まちおこし 地域活性化 船井総研 地域ブランド創造チーム

企業価値向上研究所

調査の総合窓口

人材開発コンサルティング

株式会社船井総合研究所 オフィシャルサイト