稼げる店長研修

このような方におすすめです

♦我流でやっているので、店長の基本 を学ばせたい

♦採算性を検討し、果敢に攻める店舗運営をしてもらいたい

♦時流を見極め、業績アップの原理・原則を知って欲しい

♦お客様の立場で考え、行動する力を身につけてもらいたい

♦部下を動かすリーダーシップ能力をもっとつけて欲しい

♦目標達成のコツを身につけさせたい

♦店長、リーダー候補なので基本を学ばせたい

店長研修を実施することでこれらが身につきます!

  • 利益意識
    “儲け”を意識した意思決定
    採算性を検討し果敢に攻める店舗運営…ドンブリ勘定では利益はつくれない

  • お客様思考
    お客様の視点が判断基準
    お客様の立場で、気付く力を磨き上げ行動する力を身に付ける

  • マーケティング発想
    時流適応、
    力相応一番主義

    時流を見極め、業績アップの原理・原則に立ち返る

  • 目標意識
    目標と具体的行動計画
    目標管理は、明確な目標設定からはじめる。目標達成のコツを押さえる

  • 強いリーダーシップ
    現場実践と部下育成のための部下との関わり方
    真のリーダーシップを発揮して、モチベーションを高め、成長を促す、業績につなげる

カリキュラム内容(ご相談の上、貴社にカスタマイズした研修を実施します)

もっと利益を意識しよう~効率・採算性を考えて、攻めていく!

売上と費用と利益の仕組みを再確認

品揃え・販促・売り場づくり・シフト管理etc利益思考で、方策を打ち出す

稼げる店長必須!4つの関係

1売上と利益の関係

売上の1%の変動が、利益にどう影響するの?

2経費と利益の関係

経費をまかなう売上はいくら?

3値引きと利益の関係

10%値引きが、利益にどう影響するの?

4在庫と利益の関係

在庫管理と利益の関係は?

売上とモチベーションがV字回復する仕組を作ろう~マーケティングの基本を知る

STEP1
気になる
一番商品の店頭訴求力セルフ対応の売場作り
STEP2
試す
スタッフオペレーションの確立
STEP3
買う
自社内モデルの共有ナレッジ化
STEP4
再来店
名簿取得
クーポンハガキ進呈
ミニミニ講座の案内

強いリーダーシップで業績を押し上げよう!~指示だけでは部下は動かせない

束ねる
信頼関係を築き人間的影響力を高める
+ 育てる
部下に考えさせる。自主的行動を促す。
強いスタッフ強い店舗になる
業績向上を実現させ結果で示す!

業績目標を達成しよう~PDCAサイクルはP(行動目標)が決め手

STEP1
自店の長所(強み)を活かして「売上UP」の具体策を決める!
STEP2
目標を数値化して、明確に示す
STEP3
アクションプランに落とし込み、やり遂げる!

アクションプランの具体化チェックポイント

何のために
誰に(ターゲット)
何を(商品・提案・売り)
誰が(担当・責任者)
どのように(具体的方法)
目標(数値・費用対効果)
必要な時間(準備・運営)
可否判断(できるか?実現可能性)
代替案(他の有効な方法・次の一手)
期間・期限(いつから~いつまで)

研修に参加されたお客様の声

  • [飲食店長]

    売上が下がったことを環境のせいにしていましたが、自分を変えて対応する事に気付かされました。相手から期待される人間になりたいです。そのためにはピエロを演じることや費用対効果を考えて行動していきます。

  • [ サービス業店長]

    どんな理由があっても「伝わったことが真実」だと重く感じました。見られている意識を持って行動していきます。

  • [ ファッション店長]

    値引きで客数を増やしても利益を圧迫するだけになるというイメージが持てなかったので数字でイメージする、数字を知る、数字で伝えるということがいかに大事かということがわかりました。また、異業種の例でも接客やお店づくりの具体例が聞けて自店に取り入れたいと思います。仕事の劣後順位をつける考え方もしっかりと取り入れていきたいです。

  • [小売店長]

    店内でお客様から支持されている商品の確認をしてスタッフと共有していきます。商品陳列で一番良い場所にお客様の欲しい商品が置いてあるか、店内にあるPOPの内容確認、ゴールデンゾーンの上、下が有効に使われているかを見てみます。また、商品の売上構成比だけでなく、伸び率もチェックしていきます。



このページのトップへ

無料冊子
facebook

M&A

ブランディングナビ

まちおこし 地域活性化 船井総研 地域ブランド創造チーム

経営企画室.com

調査の総合窓口

人材開発コンサルティング

株式会社船井総合研究所 オフィシャルサイト