ショッピングセンター向け SCマネージャー・店長研修

このような方におすすめです

♦複数の商業施設を所有するデベロッパー様
(電鉄、空港、バス、高速、不動産)

♦協同組合 SC、協同店舗など地元主導型 SC デベロッパー様

♦商業施設管理を専門に行う PM 企業様

船井総研が実施する、SCマネージャー・店長研修の特徴

ショッピングセンターデベロップメントとしてのスタンダードを構築、展開、定着を図る。
全スタッフがデベロッパーとしての基本を習得し、来店客の CS 向上を実現する。
マネージャーのテナント支援能力を向上し、業績アップを実現する。
マネージャーの役割を果たすための「行動力」を育成する。

研修のカリキュラムについて(ご相談の上、貴社に必要なカリキュラムを構成します)

テーマ 対象
①テナントコミュニケーション <SC・駅ビル> 初任者~若手
②カテゴリー(業種)研修 カテゴリー(業種)フロア担当者
③販促プロモーション研修 (基礎編) 販促担当者
④販促プロモーション研修 (応用編) 販促担当者、カテゴリー(業種)、 フロア担当者
⑤デベロップメント研修 営業、リーシング担当者

研修のプログラム一例

店長の仕事

店長の役割を理解する
自分のスキルレベルをチェックする
目標達成の方法を考える
目標達成に向けたアクションプランを考える

儲けの仕組み (財務の基本)

お店の収益構造を理解する
利益を出す方法を理解する
粗利の重要性を知る
利益アップのために改善すべきことを考える

リーダーシップ

リーダーシップの重要性を理解する
自分のリーダーシップレベルを把握する
部下のモチベーションが下がるケースを考える
部下のモチベーションを上げる方法を考える

マーケティング

マーケティングの基本を理解する
本社と店舗のマーケティングの違いを理解する
店舗のマーケティングとKPIを理解する
売上アップの方法を考える

接客の基本 (ロープレ)

接客の目的と接客の基本フローを再確認する
良い接客と悪い接客の違いを把握する
購入率を上げる方法を考える
ロープレ

研修は聴講形式のみではなく、ケーススタディなどで能動的に参加いただける形をとっております
講義 + ケーススタディ(またはディスカッション) + アクションプラン作成 + プレゼン(数名)

研修の実施イメージ

私たちの行う研修は、一方的に受講していただくレクチャーではなく、 インタラクティブレクチャーとケーススタディを交えたスタイルで進行していきます。
プレゼンなどでアウトプットの機会も設けることもあります。

そのため、必要な知識やスキルを習得するだけでなく、思考力を鍛えることが可能です。

インタラクティブレクチャー

ケーススタディ/グループディスカッション

プレゼン

船井総研が小売業・飲食業・サービス業向けに展開している階層別プログラムのイメージ

お客様の声

  • お客様の声①

    数字の読み方、ショップ展開方法、具体的な商品構成、考え方などを習得することができた。マネージャーのショップとの日々の関わり方が変わり、売上アップができるようになった。

  • お客様の声②

    活性化策が具体的でショップへの指導に活用できる部分が多い。特にリテールサポートの手順が明確で、自店が目標とするスタンダード化に大きく貢献している。

本サービスによる実績例

大手電鉄系デベロッパー

マネージャー研修を通じてプロトモデルのスタンダード化に当初から参画。5 年が経過し、マネージャーの指導力もアップし、テナントの業績アップに貢献。出店テナントの評価も高く、出店したいショッピングセンターの上位となる。

担当コンサルタントより

  • 経営コンサルタント 丹羽 英之
  • 流通サービス業に不慣れな担当者の方でも、ある程度の勤務ご経験があってやる気があれば、適切な情報を得ることで一流のショッピングセンターマネージャーになっていただけます。


このページのトップへ