バンコク流通視察レポート〜前編〜

ショッピングセンター経営のヒント78:『バンコク流通視察レポート〜前編〜

ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
船井総研経営コンサルタント丹羽英之でございます。

ついに、「まちづくり三法」のうち都市計画法などの改正案が閣議決定
されましたね。

前回お伝えしました【特集】『都市計画法の改正で、出店環境はどう変化する?』
では、たくさんのお便りを頂きまして誠に有難うございます。
これからも船井総研ショッピングセンター支援チームでは、都市計画法の行方を
注視し、情報発信していければと考えています。


ところで、私は今年のお正月にタイ・バンコクへ視察に行ってまいりました。
その目的・・・私の目が捉えたのは・・・

新規出店、巨大ショッピングセンター
「サイアムパラゴン」!!

私の知識、想像を大きく超えるSCがそこにはあった・・・。

そこで、本日より前編、後編に分けましてタイの流通事情、ショッピングセンター
事情を弊社コンサルタントの野田君との対話形式でお伝えしたいと思います。


株式会社船井総合研究所
ショッピングセンター支援チーム
丹羽 英之

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●タイ・バンコクってどんなところ?(流通業界概要、気候、治安、交通…)

野田:さっそくですが、お正月にタイのバンコクへ視察に行かれたそうですね。
   なぜ!今バンコクだったのですか?

丹羽:実は、だいぶ以前からご支援先のオーナーから、「今、流通を勉強する
   ならバンコクが良いよ。」と薦められていたんですよ。ただ、僕自身バ
   ンコクには良い印象をもっていなくてずっと躊躇していたんです。とい
   うのも、10年程前に訪れたときのバンコクは汚い、くさい、危ない。
   とにかく安いぐらいの印象しかなかったものですから。(笑)

野田:それでも、わざわざこのお正月にバンコクに行かれたのは、なぜなんで
   すか?

丹羽:実は、昨年の暮れにオープンしたバンコク最大のショッピングセンター
   『サイアムプラゴン』を視察したかったことが大きいですね。

野田:さすが、丹羽さん。日本ばかりでなく、海外のショッピングセンターの
   オープンまでチェックしているとは。丹羽さんが、わざわざ視察に行く
   ということは、それなりに見所のあるショッピングセンターなのでしょ
   うね。

丹羽:バンコクは世界的な観光都市で、最先端のスポットが次々に開発されて
   いるんだ。そのスピードはまさに上海を髣髴させる勢いで、ショッピン
   グセンターに限らず、流通トレンドを知る意味でも、一見の価値がある
   と思うよ。
野田:私もアジアでは上海、韓国によく行っているのですが、バンコクについ
   てはノーチェックでした。

丹羽:そうなんだよね。流通業の視察といえば、王道はやはりアメリカ。アジ
   アでは以前なら韓国、今なら中国が主流で、タイ・バンコクにはなかな
   か足を運ばないものね。

野田:だからこそ、新鮮なんですね。予備知識がないので、簡単に教えてもら
   えますか?

丹羽:バンコクまでは成田からの直行便で6時間。2時間しか時差がないので、
   これは楽。気候的にも温暖で平均気温が20度前後。9月〜12月の雨
   季を除いては日本のような蒸し暑さがなく、非常に快適。

野田:それでも、昼間はやっぱり暑いのでは?

丹羽:店舗の多くは、基本的に冷房完備だし、そんなに気にならないかな。た
   だ、昔ながらのマーケット(市場)は人も多いし、やっぱり大変かも。
   それもあってか、ナイトマーケットが隆盛なのもバンゴクの醍醐味かもね。

野田:夜、そんなに出歩いて平気なんですか?

丹羽:治安も今は非常によくなっているみたいで、スリさえ気をつければ、繁
   華街でも全然平気だよ。

野田:移動は有名なテュクテュク(三輪車)ですか?

丹羽:あれは価格交渉制なのでタイ語がわからないとボッタクラレルだけ。今
   はメーター付のタクシーか地下鉄、BTS(スカイトレイン)が一般的
   かな。タクシーは全てTOYOTA車で、とにかく内装もきれいで驚く
   よ。ちなみにワンカラーのタクシーは英語が話せ、2カラーのタクシー
   はタイ語しか話せないので、ビギナーにはワンカラーのタクシーがおす
   すめかな。

野田:だいたい、英語が通じるんでしょうか?

丹羽:言葉はタイ語が基本だけど、英語を話せる人も多く、お店やホテルでは
   英語で十分
かな。

野田:ズバリ!バンコクの最大の魅力は何なんでしょうか?

丹羽:観光客にとっては、物価が安いというのが最大の魅力だろうね。

野田:へ〜。そんなに安いんですか?

丹羽:物価の安さを一番に感じるのは、なんといっても食事だね。食事は繁華
   街のいたるところにある屋台で食べたら30バーツ(90円)ぐらい。
   タイフードは辛すぎず、シーフード、チキンを使ったものが多く、かな
   り日本人向きだね。それと・・・

   日本ではやっているSPA、マッサージもバンコクでは1/10ぐらいで
   できるんだ。日本では1分100円が目安だから60分のコースで
   6,000円。でもバンコクだと600円(200バーツ)。

   これも人件費が安いからできるみたい。最近、バンコクで流行っている
   のが郊外の住宅地の邸宅でのSPA。日本でも、最近流行っている邸宅
   でのウェディングを行う、プール、ジャグジー付きの邸宅でのSPAは
   特に日本人に大人気みたい。

   実際にこれを経営しているのも日本人みたい。日本人はこの邸宅SPA
   だけでも、バンコクに訪れるみたいだし。

野田:これもちょっとしたビジネスのヒントになりそうですね。

丹羽:そうだね。

野田:それに、買い物も安そうですね。

丹羽:バンコクでの買い物は、マーケットと呼ばれる市場とショッピングセン
   ターの2つに大別されるんだ。マーケットと呼ばれる市場は日本のアメ
   横をイメージしてもらうとわかりやすいかも。このマーケットも、地元
   の業者が買い付けにくる市場と、ウィークエンドマーケットナイトバ
   ザール
のような観光客向けに分かれるんだ。値段は地元の人々がよく利
   用する衣料品マーケットのプラトューナム・マーケットが圧倒的に安く、
   Tシャツが1枚50バーツ(150円)ぐらいかな。 これが、意外にセンスが
   良くてビックリするよ!

野田:そんなにセンスが良いのですか?なんとなく、お店も商品もコピーのイ
   メージが強いんですけど。

丹羽:そうだよね。僕も今回10年振りにバンコクに行くまでは同じようなイ
   メージだったんだ。でも、実際には、お店もそこで売られている商品も
   デザイン性が高くてオリジナルなものがほとんどで驚いたんだ。

野田:日本からのバイヤーも多いと聞いたんですけど?

丹羽:実際に、僕にバンコクを薦めてくれた支援先のオーナーさんは、バンコ
   クで若者向けの衣料品を仕入て結構ネットで売っていますしね。それに、
   お店づくりに関しても、色使い、ディスプレイともセンスが良いのでビ
   ックリするよ。

野田:ショッピングセンターはどんな感じなんですか?

丹羽:ショッピングセンターも観光客や地元セレブをターゲットとした高級シ
   ョッピングセンターと地元をターゲットとした庶民派のショッピングセ
   ンターの2つに大別されるんだ。高級ショッピングセンターと言えば・・・。

   1985年創業のバンコクの老舗ショッピングセンターペニンシュラプラザ
   や2004年11月に、旧そごう跡にリニューアルオープンしたエラワンバン
   コク。
ブランド品中心のエンポリアムが有名。でも、ダントツに凄いの
   はルイ・ヴィトン、プラダ、グッチ、フェンディなどのスーパーブラン
   ドが一堂に介するゲイソーン・プラザだね。

野田:庶民派のショッピングセンターといえば?

丹羽:東急と併設しているマーブンクロンセンターが代表格かな。建物内部を
   細かく区切って無数のテナントに貸し出した巨大ショッピングセンター
   (ギフトショーのブース貸しのイメージ)で、その集客力はバンコク随
   一だね。それに、巨大スーパーマーケットと言えば、ビッグCかな。こ
   れら庶民派のショッピングセンターのほとんどは、核となるスーパーマ
   ーケット、巨大フードコート、ファッション関連のショップと映画館が
   併設しているのが一般的だね。

野田:海外の有力企業も出店しているんですか?

丹羽:メジャーなところでは、テスコロータスと日本では撤退の決まったカル
   フール
かな。これらのお店は、どちらかというと郊外に位置しているか
   な。

野田:伊勢丹もありませんでしたか?

丹羽:伊勢丹のあるサーヤム・スクエア、ラーチャム通り周辺は開発ラッシュで、
   話題の「サイアムパラゴン」もこのエリアにあるんだ。伊勢丹、ゼン、
   セントラル・ワールドプラザ
を繋いだ巨大モールは、これまで圧倒的な集
   客力を誇ってきたみたいだけど、年数の経過と共に陳腐化。対抗策として、
   全面リニューアル中なんだ。時代の流れを感じるよね。

野田:リニューアルは上手くいきそうですか?

丹羽:リニューアル計画の詳細がわからないのでなんともいえないね。ただ、
   日本でも同じだと思うけど、ハード先行でソフトが伴わないと難しいと
   思うよ。

野田:具体的には?

丹羽:例えば、今回のリニューアルでBTS(スカイトレイン)との連絡通路がで
   きる。外壁が塗り替えられる。でも、セントラルワールドプラザには、
   昔ながらのテナントが並び、空き床も目立つ。特に、多層階にはお客様
   がすくないんだ。おそらく、バンコクで一番良い場所に立地しているシ
   ョッピングセンターなのに。

野田:サイアムパラゴンをはじめ、新設のショッピングセンターとの違いは何
   なんでしょうか?

丹羽:明確なコンセプトと時流にあった店揃えだと思うよ。例えば、新設のシ
   ョッピングセンターの多くは、物販の比率に対して、飲食、サービス、
   レジャー、アミューズメントの比率が圧倒的に高いんだ。日本と同じで
   物販での差別化が難しくなっているのだと思うよ。バンコクもエンター
   テイメント、アミューズメントセンターの時代
になっているということ
   かな。ただ、このエンタメに関しては、日本より圧倒的にバンコクが進
   んでいるかもね。バンコクで圧倒的に流行っているところは果敢にチャ
   レンジしているしね。とにかく、お客様をワクワク・ドキドキさせよう。
   そんな意気込みを感じるよ。

野田:そろそろ、メインのサイアムパラゴンについて教えてくださいよ。

丹羽:もうずいぶん長く話してしまったので、今回はここまで!
   次回は本題の「サイアムパラゴン」について話そう。
   野田君次回もよろしく!!

野田:はい!よろしくお願いします。


-------------------------------------------------------------------
【タイ・バンコク情報−リンク】
写真を見たい方は以下のサイトをご覧下さい。

タイ・バンコク ショッピングセンターリスト "海外で暮らす"
http://www.joint-rent.co.jp/world/bangkok/shopping/index.html

サイアムパラゴン オープンレポート"Bangkok Navi"
http://www.bangkoknavi.com/shop/shop_r_article.php?id=8

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   緊急開催決定!!!
   『タイ・バンコク流通業視察ツアー』!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●新スポットが次々誕生するタイ・バンコクを船井総研コンサルタントが
 同行
しながら現地流通業を解説!しかも、現地にて流通業セミナー開催!!
 往復航空チケットに、最高級ホテル宿泊などなど

「船井総研」と「バンコク」すべてを詰め込んだ
視察ツアーパック!!


<見どころ>
1.巨大ショッピングセンター「サイアムパラゴン」視察
2.レジャー・アミューズメント複合施設開発
3.活気溢れる「ナイトマーケット」

<予定>
1.現地開発スタッフによる講演
2.最高級ホテル「マンダリン・オリエンタル・ホテル」宿泊

----------------------------------------------------------------
■概要■
●日程:2006年4月14日(金) 〜 4月18日(火)[3泊5日]
 成田空港15:00発−タイ・バンコク滞在−成田空港8:00着

●費用:一般¥252,000(税込) 会員¥210,000(税込)

お問合せ:株式会社 船井総合研究所 丹羽(ニワ)・的場(マトバ)
TEL:03-6212-2930 FAX:03-6212-2945 E-mail:info-sc@funaisoken.co.jp
----------------------------------------------------------------

詳しい資料をお送りいたします。ぜひご連絡下さい。
info-sc@funaisoken.co.jp
※件名に「バンコクツアー資料希望」とご明記下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このページのトップへ

無料冊子

株式会社船井総合研究所
ショッピングセンターチーム

東京都千代田区丸の内 1-6-6
日本生命丸の内ビル 21階
TEL: 03-6212-2930(直通)
FAX: 03-6212-2943

株式会社船井総合研究所 オフィシャルサイト

中途採用

取材

学校経営

M&A

ブランディングナビ

まちおこし 地域活性化 船井総研 地域ブランド創造チーム

経営企画室.com

調査の総合窓口

人材開発コンサルティング