明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

研究会

お問い合わせ

お問合わせ番号:100608


高齢者・障がい者住宅 土地活用研究会

高齢者・障がい者住宅 土地活用研究会とは

高齢者・障がい者住宅 土地活用研究会は、土地活用商品として高齢者向け住宅や障がい者住宅の提案に特化した建築・不動産会社様向けの定例勉強会です。研究会は、セミナーのような一方的な情報提供ではなく、会員様同士の情報交換をメインのスタイルとしています。土地活用商品として高齢者住宅や障がい者住宅を事業として進めている。

もしくは進めようとしている会員様同士で情報交換をしていただくことで、より具体的かつ実践的な情報を得ることはもちろん、1社だけではなかなか解決できない問題を会員様同士で解決方法を検討する研究会です。 これは、新規事業を進める経営者様にとって、モチベーションを高く維持する上でも大変効果的なスタイルとなっております。

例会は年に6回、隔月で、現在50社を超える会員様がいらっしゃいます。 会員様には既に高齢者住宅や障がい者住宅を開発している会社や、これから事業化を進める会社様など様々です。

毎回の研究会では、船井総研からの最新情報の提供はもちろん、成功事例を持つ企業様からの基調講演、会員様同士の情報交換会など、他では絶対に聞けない、本音のトークが聞ける研究会となっています。

高齢者・障がい者住宅 土地活用研究会 メルマガ登録


本研究会に入会いただいたお客様には、弊社会員サポートサービス
FUNAI メンバーズ Plus」を無料でご利用いただけます。


2017年 定例会開催スケジュール

開催日 内容 会場
2017年1月26日(木)

定例会

船井総研 東京本社
2017年3月28日(火) 定例会 船井総研 東京本社
2017年6月9日(金) 定例会 船井総研 東京本社
2017年8月23日(水)~25日(金) 経営戦略セミナー 東京:未定
2017年10月3日(火) 定例会 船井総研 東京本社
2017年11月28日(火) 定例会 船井総研 東京本社

■2013年5月度 高齢者・障がい者住宅 土地活用研究会 5月28日(火) 開催
【ゲスト参加】
千葉テレビ放送(株) 大林健太郎プロデューサー(予定)
(株)ヴァティー※ 代表取締役社長 佐藤明氏
※高齢者住宅供給棟数42棟 全国第4位(2013年1月11日時点)他多数
    
■年会費 24万円(税抜) (月々たったの2万円)

私たちもお勧めします(研究会員様)





ご案内

● お試し参加 : 無料
●入会金:350,000円/ 一名様(税抜)
● 正式入会 : 年会費:240,000 円 / 一名様(税抜)
既存会員様とのエリアバッティングがある場合、研究会へのご参加はお断り しています。

入会金には以下のサービスが含まれます。


≪お支払い方法≫
お支払いは毎月ご指定口座からのお引落しになります。
入会お申込みをいただいた後、事務局より「預金口座振替依頼書」をお送りいたしますので、ご指定の口座をお知らせください。毎月の引き落とし金額は、お手続きが完了次第、書面にてご連絡いたします。

講師紹介

鈴木 精一
鈴木 精一
株式会社 船井総合研究所
東京都墨田区出身。法政大学経営学部卒業。前職は金融機関に従事した後、2002年に船井総合研究所に入社。船井総研における「高齢者住宅」「有料老人ホーム」開発コンサルティングの第一人者であり、現在、医療・介護が必要な高齢者の「住まい」不足を危惧し、その普及に力を注いでいる。高齢者とその家族、地主、不動産会社、建設会社、介護・医療とのマッチング及び、銀行経験を活かしたファイナンス等々、「高齢者住宅」開発のトータルコーディネートを得意としている。最近では、既存の高齢者住宅、有料老人ホームの活性化(入居稼働率アップ)コンサルティングの依頼が多い。

新谷 正志
新谷 正志
株式会社 船井総合研究所
広島県広島市出身。広島工業大学卒業。前職は大手医療系人材紹介会社に従事した後、2009年に船井総合研究所に入社。「サービス付き高齢者向け住宅」に特化したコンサルティングをしており、土地活用会社、建築不動産会社ならびに介護会社の顧問先を全国に多数持っている。高齢者・障がい者住宅 土地活用研究会 の主催メンバーであり、業界の最新情報に精通している。

永田 大輔
永田 大輔
株式会社 船井総合研究所
沖縄県豊見城市出身。米ウィラメット大学修辞学部卒業。高齢者住宅の市場調査、競合調査を得意とし、ケアマネジャーからのヒアリングなど、現場密着型のコンサルティングを信条としている。補助金申請業務の代行なども担当し、ご支援先の社長からの信頼も厚い。介護業界全般のWEB集客やプロモーションを多数手掛け、施設全体の集客サポートの実績を残している。TOEIC990点。英語検定1級。
田中 諒
田中 諒
株式会社 船井総合研究所
大阪府堺市出身 大学卒業後、商社を経て、27歳で船井総合研究所に転職する。
2014年 「空家活用」からの障害者グループホームや就労支援施設の開発に従事している。
障害者施設等の開発だけではなく、その管理・運営、入居募集、障害者の賃金アップ、スタッフ育成も得意としている。 障害者がもっともっと受け入れられる世の中を創りたい・・・という大儀のもと、日々障害者福祉の現場に飛び込んでいる。
川崎 将太郎
川崎 将太郎
株式会社 船井総合研究所
静岡県静岡市出身 大学卒業後、船井総合研究所に入社する。
「地方創生」 「空家活用」 「地域の活性化」をテーマに、地域コミュニティづくりとしてのシェアハウス開発を得意としている。都市型シェアハウスの開発はもちろん、高入居率、低退去率の地方版シェアハウスづくりにも定評がある。 表面利回り35%のリノベシェアハウスや最近では新築シェアハウスの開設実績も増えている。


この研究会はお試し参加可能です


この研究会に申し込む
メルマガタイトル
全てのメルマガを見る>>