コンサルタント&経営者コラム

プラス会員様限定

コラムニスト
コンサルタントのコラム/
「社員のモチベーションではなく行動を管理する」 スマートエネルギー研究会 主宰 袖山 亮
2017.05.10

著者(発行責任者):

執筆者:袖山 亮


社員のモチベーションを高めるために、定期的に懇親会などの催しを開催する組織は少なくないと思います。

確かに、日頃の業務から離れ、みんなで盛り上がり、一丸となれているような感覚になります。しかしながら、結果として業績向上につながっているかは注意が必要です。

行動を見る

経営者として社員のモチベーションを気にかけるよりも、「社員の行動」を見ることが必要です。極端な例でいえば、火事の現場にいる消防士が、今日はモチベーションが上がらないからという理由で消火活動を全うしない場合、それは許されるべきことではないでしょう。

これは日頃の業務も同様のことがいえます。モチベーションが上がらないという理由で、本来全うすべき仕事をしていなかったとすれば、それは許されるでしょうか。

多くの会社では、そのような行為は許していないはずです。つまり、皆様自身もモチベーションに左右されることなく「行動」に目を向け、その結果に対して注視しているということです。

モチベーションよりも重きを置くべきこと

一方で、モチベーションが仕事の質に影響するという側面もあります。社員のモチベーションを高めるには、社員自身に成功体験を経験させることが最も効果的であることは、周知の事実です。正しいモチベーションは、外発的な要因ではなく、内発的なものによって引き出されるものです。

社員に成功体験を積ませるためには、社員の行動を徹底的に管理してあげることが最も重要となります。社員にとって最初は少し窮屈に感じるかもしれません。しかし、それくらいが適切です。なにより社員に結果を出させてあげることがマネジメントの基本です。

現場のコンサルティングで感じていることとして、業績が好調な会社ほど、気合・根性・モチベーションという言葉はあまり聞かないように感じます。結果を残す会社は、社員のモチベーションではなく、行動を管理する方が業績が上がるということを理解し、実践しています。



メルマガタイトル
全てのメルマガを見る>>