コンサルタント&経営者コラム

プラス会員様限定

コラムニスト
コンサルタントのコラム/
「生産性向上のためのIT化はどこから取り組んだらよいか」会計グループ グループマネージャー 宮井 亜紗子 
2017.06.16

著者(発行責任者):

執筆者:宮井亜沙子

今年の4月にセミナーのLIVE配信を実施しました。今までは全国の経営者や社員の方々に東京や大阪会場へ足を運んでいただき、ご参加いただくというスタイルが基本でしたが、地方のお客様ほどその負担は大きいものだと思います。往復の交通費をはじめ、会場に来るだけでも一日がかりになってしまう方もいらっしゃいます。
                 
今回LIVE配信を行った勉強会はWEB担当者向けでした。社員の方の中でも、特に女性に多くご参加いただきました。

セミナー会場に足を運んでいただける方にはとても感謝しておりますが、その一方で、勉強したくても時間的制限があり学びの機会を失ってしまっている方も多数いるのではないかと、以前から感じておりました。

実際に4月、6月とLIVE配信を実施したところ、通常の2倍以上の方がご参加くださり、そのニーズの大きさをあらためて実感しました。

また、最近はコンサルティング契約いただいているお客様の元へ訪問せずに、スカイプやグーグルハングアウト、チャットワークライブなどのインターネット会議を利用して打合せをさせていただくケースが増加しています。

東京や大阪からお客様の元へ伺うと往復4~5時間かかってしまうところ、インターネット会議を利用すると、接続までたったの3分。移動に使っていた時間もお客様との打合せに使うことができますし、以前は月に1回の打合せだったのが、2回、3回と可能になりました。お客様との接触頻度が上がることでPDCA速度も大きく改善します。

このようなIT活用によって、無駄な時間を削減し、サービスアップにつなげることができます。一方で、IT化を進めていく際、気をつけなければならない点もあります。

それは、すべて一気にIT化しようとしないということです。たとえば、ペーパーレス化をしようとすると、いきなり会社のすべての紙をなくそうとする方もいらっしゃいますが、まずは、やりやすい部分からの導入で大丈夫です。

最初はアナログと混在していてもかまいません。社内で進めやすい部分から、ぜひIT化を進めていただければと思います。


メルマガタイトル
全てのメルマガを見る>>