明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

対談集

プラス会員様限定

消費財メーカー



お取り組み先(取引先)とお客様(ユーザー)を中心に考える理由

中野:工進さんは、考える発想の原点がすべて「お客様」ですね。性能・機能・技術があれば商 品は作れますが、小原社長はそういうのがお嫌いのようで(笑)「望まれていないものは作 りません」っていう考え方ですね。お客様との距離をゼロにするような動きも沢山していらっしゃいます。

小原社長:今は物を売るのも大変な時代です。もちろん作るのは本業ですけども、お客様が望む商品 を、提案もして知恵も出して、一台でも多く売れるようにお手伝いせないかんと思います。 ですからチラシもPOP もこちらで作りますし、店頭巡回とかね、いろいろさせていただい ていますよ。我々の商品を販売していただく流通業者さんも、それを使ってくださるユー ザーも、どちらも我々のお客様です。私はどちらに対しても、できることを精一杯すべき だという考えがあるんです。

中野:なるほど。お取り組み先様(取引先)とお客様(ユーザー)の双方に対してですね。 お取り扱いをしていただく方のすべてがお客様で、その一人ひとりに利が落ちるように、 販売現場やエンドユーザーまで踏み込んでいくメーカーは多くないと思います。

小原社長:やっぱり良いお客様、流通業者様とつながりをいただいたからには、そういうお客様の要 望に応えるような会社に変えていかざるを得ないです。 工進はお客様によって変わってきたなと思いますよ。ホームセンターさんと直接お付き合 いさせていただいたこともそうですし。ホームセンターでは提案書を作成して、しっかり メリットを伝えないと買っていただけませんから、営業の提案力もグッと上がりました。 従来どおり問屋さんとだけお付き合いをしているとね、やっぱり「なんぼか買ってくださ いよ」というような慣れ合いのビジネスになりますから。 商品の作り方も変わってきましたね。売れるに合わせて、小ロットでいかに早く作るか。 そして欠品しないようにするか。今ね、2 週間先までの生産計画までしかないです。2 週間 後には何を作るか、まだはっきりしてないんですよ。もうね、欠品しないように、そして 小ロット短納期(笑)作り方も研究しましたよ。販売の傾向を見ながら生産計画を作り変 えていくわけです。普通のメーカーはね、そういう作り方はしないでしょう?

全文(続き)をお読みになるには、ログインをお願い致します。

ログイン
<初めての方へ>
全文(続き)をお読みになるには、FUNAI メンバーズPlus(フナイメンバーズプラス)へのご入会が必要です。
初めての方は、最大3ヶ月無料のお試し入会をご利用いただけます。
  • FUNAIメンバーズPlusとは・・・?
  • 今すぐ本登録(3,000円 税抜)する
  • 今すぐお試し登録(最大3ヶ月無料)する

おすすめ商品

メルマガタイトル