明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

読む|メールマガジン

おはようございます。船井総研の三浦康志です。

家の中で炭で囲炉裏を楽しむ事例はしっていますが、
家の中で、薪を焚く囲炉裏がある事例を始めて体験しました。
みたき園という山菜料理の飲食店です。

今日の元気言葉。
「長所進展」

いつもご愛読いただきありがとうございます。

        感謝

[このメルマガに返信いただくと、直接私に届きます。
もし戻って来るようでしたらフェイスブックで
三浦康志を探してメッセージください。]



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日刊ミウラレポート    180416
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【リアル店舗の長所の発見】


 蔦屋書店の新業態であるTサイト広島は、
大型ショッピングセンターの核店舗として
出店している点がとても革新的です。

本は最もインターネット通販の浸食が著しい分野です。

その時流に反して、リアルな本が持つ長所を再発見して、
最大限に活かしているから、
核店舗としての役割を担えるのだと思います。


 Tサイト広島が再発見し活かしている
本の長所の一つは、インテリア性です。


 Tサイト広島は二階建てで、
その行き来を促進するために
吹き抜けの階段を複数設けています。

その吹き抜けの壁を床から天井まで、
本棚で覆いつくするという陳列をしているのです。

段数にして22段あります。

Tサイト広島を象徴するスペースであり、
本好きにはたまらない空間です。


 九段目から上は手が届きません。

インテリア(飾り)という位置づけです。

そこにスポット照明をしっかり当てています。

地震対策のために上部の本は固定されています。


 このような本の陳列方法は日本では珍しいですが、
欧米の図書館に行くとよくあります。

中央を吹き抜けにして各フロアの壁面を
床から天井まで本棚で埋め尽くすのです。

そのような陳列をするとすべての壁が本で埋め尽くされ、
四方八方本に囲われるという体験を得られます。


 このような本に囲われた空間にいると
本が読みたくなります。

本を読むという需要を創造することができるのです。


 このような体験は、
インターネットショッピングではできません。

Tサイトは、リアル店舗の長所を学び再発見するのに
最適な場です。




土日祝にも読める・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
有料版も配信しています。
1ヶ月間無料で体験されてはいかがでしょうか?
以下をクリックいただくと申し込めます。
・・・・・・http://www.mag2.com/m/0001259090.html

〔最後まで読んでいただきありがとうございます。〕
──────────────────────────────
業界の最新情報が集まる業種別経営研究会
全国の意識の高い経営者様と一緒に切磋琢磨しながら成長できます。
http://www.funaisoken.co.jp/study/


──────────────────────────────
【メールマガジンの配信停止について】

● パスワードをお持ちの方
下記URLよりマイページにログインし、
「メルマガ情報」で手続きを行なってください。
http://www.funaisoken.co.jp/mypage/

● パスワードを忘れた又はお持ちでない方
配信停止希望のメールマガジン名を明記して、
webmaster@funaisoken.co.jp 宛にご連絡ください。


発行元 株式会社船井総合研究所
http://www.funaisoken.co.jp/

日刊ミウラレポート