明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

読む|メールマガジン

/* Basic CSS */ body { font-family: sans-serif; font-size: 22px; padding: 0; margin: 0; line-height: 2.5; -webkit-text-size-adjust: 100%; -ms-text-size-adjust: 100%; } table, td { border-collapse: collapse; mso-table-lspace: 0; mso-table-rspace: 0; } a { text-decoration: underline; } img { border: 0 none; height: auto; font-size: 22px; line-height: 2.5; outline: none; text-decoration: none; } a img { border: 0 none; text-decoration: none; } h1, h2, h3, h4, h5, h6 { margin: 0; line-height: 2.5; } h1 { font-size: 26px; } h2 { font-size: 24px; } h3 { font-size: 22px; } h4 { font-size: 20px; } h5 { font-size: 18px; } p { margin: 0 0 1em; color: #333; font-size: 16.5px; line-height: 2.1;} ◆◆船井総研「製造業」経営レポートvol.007 2018年3月13日号◆◆

『ファクトリービジネス.COM』
http://factory-business.com
                               本メールマガジンは、船井総研の製造業に関わる各コンサルタントが日々のコンサルティングの現場からルール化した現在の時流や業界情報、成功事例等を無料で配信させていただくものです。



■■■「歴史は繰り返す」に学ぶ、中小製造業の経営

(執筆:�船井総合研究所 上席コンサルタント 片山 和也)


「歴史は繰り返す」といいますが、フランスの歴史学者であるフェルナン・ブローデルによれば500年周期で歴史が繰り返すといいます。
例えば「ビット・コイン」バブル。
バブルが起きるメカニズムの1つに歴史的な低金利があります。ご周知の通り、現在はマイナス金利とよばれる異常な状態です。一般論として、金利が2%を下回ってしまうと、資本側が得るものはほぼゼロになると言われます。
そして現在も含め、歴史上2回、金利が2%を下回る時期があったといいます。
2回目が今回のマイナス金利。
1回目は500年前、16世紀のイタリア・ジェネバだそうです。15世紀半ばにジェネバの金利は9%まで跳ね上がり、1619年には1.125%まで金利が低下しました。
なぜイタリア・ジェネバで低金利が起きたのかというと、それは投資先が無くなったからです。その当時、投資先といえばワインくらいしかなかったそうです。
ところが当時のイタリアでは山という山が全て葡萄畑にされ、これ以上投資する先が無くなってしまった、といいます。
その結果、起きたのがオランダのチューリップ・バブルです。
当時の金融の中心地であったジェノバから、投機先を求めてオランダ・アムステルダムに大量の資金が流入したのです。
そして16世紀から500年後、21世紀のビット・コインバブル。
現在も超低金利(マイナス金利)の時代であり、500年前と同じメカニズムでバブルが発生している、というのは興味深い事実だと私は思います。
では、今、我々は何に投資をするべきか。あるいはどの様に財産を保全するべきか。
まず財産の保全について、様々な意見があるかと思いますが私は個人的に「株式」だと考えています。なぜなら国家が破綻しようが、その企業が永続している限り「株式」の価値は永続するからです。ですから自身が詳細を理解している永続しそうな会社の「株式」を持つ、というのは現実的な財産保全だと思います。
例えば「金(ゴールド)」の場合、あまりに価値が普遍的であるが故に、歴史的にみて国家が個人から金を強制的に回収するケースがあります。あまり知られていませんが、アメリカが大恐慌に陥った後の1930年代において、ニューディール政策の目玉政策の1つは個人の金保有の禁止でした。この時は国が国民の保有する金を、強制的に買い上げるという施策が取られています。
日本の場合も、現在では500g以上の金を購入しようとすると、なぜか住民票などの提出を求められます。財務省によるとマネーロンダリングの防止だそうですが、歴史は繰り返すの観点からいえば、不安になるのは私だけではないと思います。
さらに、これから何に投資をするべきなのか?
歴史的に最も確実な投資とされるのが、「教育」です。
個人的な話で大変恐縮ですが、私には子供が3人いますが、3人とも私立中学に入れるつもりです。「教育」は最も確実な投資だと、歴史的にも私の個人的な経験からも私は考えています。
では企業の場合はどうなのか。「社員教育」といいたいところですが、「社員教育」の前に、何よりも経営者ご自身への投資が必要だと思います。
例えば経営者向けセミナーに出る。経営者向け勉強会に出る。経営者向け視察セミナーに参加してみる。
特に情報が集まってくるのは東京です。東京に定期的に行く機会をつくる。
人生の充実度は移動距離に比例する、といいます。セミナーに参加する際、勉強会に参加する際の移動の時間も、本を読むあるいは自社の戦略・ビジョンに考えを巡らす、といった時間に充てることができます。
実際、私が知る限り高収益企業の経営者というのは、共通して出張が多いです。
また「自社のビジネスモデル」に投資をする、ということも確実な投資だと思います。
逆説的な話になりますが、今、業績が振るわない・儲かっていない会社の共通点は「営業力が低い」ということです。「営業力が低い」というのは、言い換えれば新規開拓能力が低い、ということです。つまりビジネスモデルが弱い、ということです。
逆に儲かっている会社、ここ数年で利益率を大きく伸ばしている会社の共通点は例外なく「営業力が高い」会社です。そして「営業力が高い」会社には人が集まりますから、なぜか採用もうまくいきます。
そしてビジネスモデルが強い結果、良いお客と付き合うことができるので、社員も育ちます。社員を育てる最も良い方法は「良い仕事」「良いお客」を与えることです。
今の時代、「ビジネスモデル」と「社員の採用・育成」は裏表の関係、と考えてよいでしょう。
そして「ビジネスモデル」はちょっとしたコンセプト、言い方を変えれば「見せ方」で大きく変わることがあります。
例えば、ものすごくわかりやすい例でいえば「焼き肉屋」と「肉バル」。
「焼き肉屋」も「肉バル」も、肉を焼いて提供する、という根本は変わりません。
ところが「肉バル」に業態転換すると、「焼き肉屋」と比較して収益性で約2倍、店員の採用応募についていえば3倍もの差がでる、といいます。
似た様な例が「喫茶店」と「カフェ」。「喫茶店」は構造不況業種ですが、「カフェ」は成長産業です。では「喫茶店」と「カフェ」は何が違うのか?
大きな違いは「見せ方」と「店員の意識」の差です。
製造業の場合も同じです。単なる下請け・受託の町工場と見られるのか、VA・VE提案能力を持つ専門サプライヤーとして見られるのか、全く収益性が異なります。
ちょっとした「情報」を知っているのか、知らないか、で大きく命運を分ける時代だと私は思います。

───────────────────────────── セミナーを開催いたします!!
特別ゲスト:株式会社群協製作所 遠山 昇 様
機械部品製造業「社長の仕事」、人を増やさず利益を増やす方法

<日程・場所>
◆4月11日(水)船井総合研究所 五反田オフィス

<時間>
◆13:00〜17:00(受付12:30)

↓↓↓セミナーの詳細・お申込みはこちら
http://www.funaisoken.co.jp/material/factory-business/030191_lp.html

経営者の方限定、先着25名様限定のセミナーです。
機械部品・要素・材料メーカー生産性向上セミナー

<プログラム>

◆第1講座:残業無しで売上を伸ばす我が社の超効率経営の秘密
 ・なぜ残業無しで3年間で年商4億2000万円から6億3000万円に伸びたのか?
 ・外勤1名・内勤6名のセールスで全国4000社の顧客を維持する超効率経営
 ・真の働き方改革とは、労働時間を減らして利益を増やすこと!

【講師】株式会社群協製作所 代表取締役 遠山 昇様

◆第2講座:
生産財業界は営業のデジタル化で儲けなさい!!
 ・人に頼らず新規営業案件を増やす、マーケティング・オートメーション
 ・営業コストを下げて売上を上げる、マーケティング・オートメーション
 ・最小限の営業人員で最大限の成果を出す、マーケティング・オートメーション

【講師】カイロスマーケティング株式会社

◆第3講座:
人を増やさず利益を増やす、ビジネスモデルのつくり方
 ・人は増やさず、付加価値率10ポイントアップを目標とするビジネスモデル
 ・IoT・AI関連市場等、成長市場・優良顧客にアプローチできるビジネスモデル
 ・成熟業界でも社員を前向きにし、組織を活性化させるビジネスモデル

【講師】 株式会社船井総合研究所 
上席コンサルタント 片山 和也/外山 智大

◆第4講座:
明日からすぐに取り組んでいただきたいこと
 ・いつまで続く現在の活況?この次の不況に備えておくべきこと
 ・社員を1名も増やさず、新たなビジネスモデルを構築する方法
【講師】株式会社 船井総合研究所
上席コンサルタント 片山 和也

<費用>
一般企業:30,000円(税抜)/ 会員企業:24,000円(税抜)

↓↓↓セミナーの詳細・お申込みはこちら
http://www.funaisoken.co.jp/material/factory-business/030191_lp.html