明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

読む|メールマガジン

人手不足時代に対応した、これからの飲食店経営“収益性が高く”“生産性の高い”「新業態開発」のススメ【船井流 飲食店繁盛メルマガ】
船井総研フードビジネス支援部 外食グループ発行
船井流 飲食店繁盛メルマガ
◆ テーマ ◆ 業態
マーケットインの発想で業態リニューアル
〜肉バル開業のポイント〜
フードビジネス支援部部  外食・フードマーケティングチーム 
チームリーダー シニア経営コンサルタント 石本 泰崇

★今回の要点は…★
【要点1】
 低坪低投資のバル業態へのリニューアルが増えてきています。

【要点2】
 特にお肉を主力とした肉バル業態の開発が目につきます。

【要点3】
この記事では、肉バル業態の開発のポイントをご紹介します。

Point1

-->昨今、業態として認識されてきている「バル業態」その中でもお肉をメイン商材とした「肉バル業態」の店舗数が伸びてきています。低坪(15坪〜30坪)で参入可能であり、異業種(美容室、パチンコなど)からの参入も増えてきています。ここでは肉バルの開業のポイントをご紹介します。

目次
1,「肉バル ビジネスモデル紹介」
2,開業に向けての準備に関して
3,食材の仕入れに関して
4,このような方にお勧め
1,肉バル ビジネスモデル紹介
そもそもバル業態は、10年程前から注目されるようになりました。気軽にワインが飲める「ヨーロッパ風立ち飲み業態」であり、低価格・小ポーションのタパス(小皿料理)と安いワインで若年層がオシャレにお酒を楽しむ低価格業態でした。しかし、出店が急激に進むにつれ、市場は転換期を迎え、業態の細分化が進みます。ワインが安いというだけでは集客できず、フード商品を強化した「魚介バル」「ピザバル」などが現れます。その一つが、「肉バル」であり、一番強い集客を誇っているのです。「肉バル」はまだまだ成長期にある業態であり、衰退どころか今から更に成長していく事は間違いありません。
また、飲食業界全体で人材不足の中で今後もますます採用難が深刻化しておりますが、そんな中、肉バルのようなオシャレイメージのある業態にはスタッフが集まりやすい傾向があります。時給を上げなくても採用できるという事は、高収益を生み出す一つの好要因になるのです。


◇肉バル業態の魅力◇
�「ご馳走食材である"ステーキ"が安い」は目的来店性を高められる......
肉バル開業のポイント(記事全文を読む) ≫


ノウハウ・事例満載の、無料PDFレポート


「肉バル」への業態リニューアルで 売上1.8倍を達成!成功事例レポート
「強みを明確にしたいが打ち手が見えない....」当時そんな状況だったカフェ&ダイニング業態から思い切って「肉バル業態」にリニューアル!
レポートをダウンロードする ≫


採用力強化のための
カフェ開発のススメ
ただ待っていても人材は集まらない。
若い労働力が集まり、定着する職場にするにはどんなカフェがよいのか?どのような業態にすべきか?
ポイントをぎゅっとまとめています。

レポートをダウンロードする ≫


飲食店の採用革命!
ほしいパート・アルバイトを 新しい採用ルートで 獲得できる!
パート・アルバイトの突発的な人員不足や
膨れ上がる求人費にお悩みの飲食店様、必見です!
レポートをダウンロードする ≫
役に立つレポートは、他にもあります!≫

お読み下さり、ありがとうございました!次回もお楽しみに!
◆ お問い合わせ
発行元 : 株式会社船井総合研究所 フードビジネス支援部
ホームページ : http://funai-food-business.com/

【メールマガジンの配信停止について】

● パスワードをお持ちの方
下記URLよりマイページにログインし、「メルマガ情報」で手続きを行ってください。
http://www.funaisoken.co.jp/mypage/

● パスワードを忘れた、またはお持ちでない方
配信停止希望のメールマガジン名を明記して、webmaster@funaisoken.co.jp 宛にご連絡ください。