バックナンバーCD
『 FUNAI メンバーズ Plus 』 2017年09月第2号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

従業員により価値の高い仕事をしてもらうためにはどうしたら 良いのでしょうか。
今回は『働き方改革』の時代に、 経営者が抱えるお悩みに注目したコラムをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

主体的に働く従業員を育てるために経営者がすべきことは?
人財採用・人材育成・組織活性化のヒントがここに

▼船井総合研究所 人材開発コンサルティング▼
http://funai-jinzai.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【時流をつかめ】異業種に学ぶ経営者のためのメールマガジン
FUNAI メンバーズ メールマガジン 2017年9月第2号
※船井総合研究所のお客様(会員やメルマガ読者)にお届けしている
メールマガジン(弊社からのお知らせメール)です。


 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗■(1)コンサルタントコラム その1
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

『「働き方改革」の時代に社員に主体的に働いてもらう』

執筆者:船井総合研究所 医療支援部
     医療・人財開発グループ 安室 圭祐

■従業員の働きに満足されていますか?

2018年問題と言われる“人不足時代”で、 『働き方改革』という言葉が世の中で叫ばれ始めている昨今。
「ブラック企業」という言葉も横行し、
「給与アップ」「福利厚生の充実」「職場環境改善」などに注力して、
やっと人財を確保できるかどうか…という経営者のご相談をよくいただきます。

権利ばかり主張し、相応の価値を発揮しない従業員に対し、

「長い時間働けとは言わないが、
せめてもっと価値を発揮してもらえる働き方をしてほしい!」

というのが多くの経営者様の本音ではないでしょうか?

今回は、「従業員に、より価値の高い仕事をしてもらうためのポイント」
について、ご説明させていただきます。


■経営方針発表会で社員に明るい未来を示しましょう

従業員に、主体的に働いてもらい、
より価値の高い仕事をしてもらうためには
「中長期ビジョン・短期的経営戦略」と「目標達成後の幸せな未来」を
示すことが必要です。

それらを従業員に伝えるためにオススメしているのが
経営方針発表会の開催です。
開催前には、当然、経営者として経営方針を決めることになります。

開催前には、当然、経営者として経営方針を決めることになります。
その際に、重要なポイントは
「社員が現状の会社に対して、どこに満足しているか、
どこに不満を感じているか把握する」ことです。

方法は船井総研「組織力診断~Growth~」を活用したり、
社員へのヒアリングを実施したり、多々あるかと思います。
しっかりと社員の満足ポイント・不満ポイントを把握していきましょう。

ここをしっかりと把握ができれば、
経営方針発表会の中に組み込んでいきましょう。
マーケティング的な目標が達成されることで、
従業員の皆様が、働きがいを持って、安心して働ける会社になるビジョンを
お伝えしましょう。

また、経営方針発表会の最後には必ず社員へのアンケートをとりましょう。
アンケートでとりたい項目としては、
「現在の会社(あるいは、店舗)の強みだと思う点・課題だと思うこと」
「会社が良くなるために、個人として取り組みたいと思うこと」
などが挙げられます。

経営方針を把握した上で、どうすれば会社が良くなりそうかを
全従業員に考えてもらうことがポイントです...



経営方針発表後にさらに従業員のやる気を上げる方法は?
続きはこちらから
http://funai-jinzai.com/news_pt/20170913/

----------------------------------------------------------------------

従業員が働きがいを感じる組織を作るためにはどうすればいいの?
人財採用・人材育成・組織活性化のヒントがここに
▼船井総合研究所 人材開発コンサルティング▼
http://funai-jinzai.com

----------------------------------------------------------------------

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗■(2)コンサルタントコラム その2
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

『幹部・先輩社員が必ず知っておきたい「人材定着化」3つのポイント​』

執筆者:船井総合研究所 フードビジネス支援部
     フードビジネス・人材・マネジメントグループ 原 康雄


■幹部・先輩社員が必ず知っておきたい「人材定着化」3つのポイント

こんにちは、船井総研の原です。
今年も半年が過ぎました。
今春に入社された新入社員やパート・アルバイトも、 業務に慣れたでしょうか。

そんな中で、入社1ヶ月で「辞めたい」という声が挙がっている、
という企業様の話を、チラホラと耳にします。
「人員が足らなくなってしまう。早急に補充しなければ」
と募集をかける動きもあります。


■こんな先輩社員がいる職場は要注意!

しかし!ちょっとお待ちください!
仮に補充人員を採用できたとしても、
新人の受け入れ環境に問題はありませんか?

アルバイトであれば1週間以内、正社員なら3ヶ月以内、
という早期離職が見られる職場の課題は、
ズバリ「新人の受け入れ体制」です。

例えば、こんな店長や先輩社員がいる職場は、
早期に人が辞めてしまう可能性が高いです。

□店長が、1日に1度も新人とのコミュニケーションがないことがある
□店長が、本人のいないところで、新人の陰口を言う
□パソコンの画面を見ながら、新人の顔を見ずに報告を聴く
□新人に「こんなことも知らないの?」というツッコミをする
□イライラする感情が、顔や態度に出てしまう

・・・etc

このような風土の職場では、新人と先輩社員との心理的距離感が広がり、
人間関係の悪化を引き起こしてしまいます。
たとえ優秀な新入社員だったとしても、先輩が十分に業務を教えることなく、
ほったらかしにしていれば、定着率も、企業の業績も向上しません。
では、どうすれば短期間での離職を防ぐことができるのか?
ここで大切なポイントが3つあります...

新入社員の離職を防ぐ3つのポイントとは?続きはこちらから
http://funai-jinzai.com/news_pt/20170913-3/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗ ■(3)人気のコラム&レポート 月間ベスト5 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

最新の船井総研のコラムやレポート記事の中から、 アクセス数が多く、かつ、
評価の高かったものを5つ厳選しました。


L..■ 第1位
【成功事例】~株式会社メーカーズ~
経営に活きてくる 組織の定期点検・整備

2011年頃参加したグレートカンパニー視察セミナーでグーグル本社に訪れた際、
社員がやりがいをもって働ける職場にならない限り、
雇用も企業成長もないと強く感じ、
社員満足の取り組みをいくつか手掛けました...

▽全文はこちら(どなたでもご覧いただけます)▽
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/SuccessfulExample/s_138.html

▽スマートフォン向け▽
http://www.funaisoken.co.jp/m/column/SuccessfulExample/s_138.html


L..■ 第2位
【コンサルタントコラム】
「ほとんどの人がまだ知らない人手不足対策の奥の手“RPA”」
執筆者:船井総合研究所 ITビジネス経営研究会主宰 斉藤 芳宜

【無料公開期間:2017年10月16日まで】

日本全国で人手不足感が強まっていますが、
現在の状況はまだまだ序の口です。
団塊世代が60歳を超えてなお現役で働いていますが、
2025年になると彼らは75歳となり、働ける人はかなり減っているでしょう..

▽全文はこちら(今回は特別に無料でご覧いただけます)▽
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/TopConsultant/saitoyoshinori20170829.html

▽スマートフォン向け▽
http://www.funaisoken.co.jp/m/profile/TopConsultant/Saitoyoshinori20170829.html

L..■ 第3位
【コンサルタントコラム】
「マーケットシェアと同時に顧客シェアの発想も」
執筆者:船井総合研究所 中食・フードビジネスグループ
    グループマネージャー 堀部 太一
【無料公開期間:2017年10月16日まで】

全国のお付き合い先の中でも、
「地域一番」といわれる企業の業績がより好調となっています。
背景としては下記2点が大きいです。

①お客様側の視点
消費自体が決して活発になっていない中、
「失敗したくない」「安心できるところで購入したい」
という思いが強いようで、より新規集客が好調となっています...

▽全文はこちら(今回は特別に無料でご覧いただけます)▽
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/TopConsultant/horibe20170830.html

▽スマートフォン向け▽
http://www.funaisoken.co.jp/m/profile/TopConsultant/horibe20170830.html

L..■ 第4位
【コンサルタントコラム】
「管理職を自主的に目指したくなる制度と文化づくり<前編>」
執筆者:船井総合研究所 内科経営研究会主宰 戸澤 良親

【無料公開期間:2017年10月16日まで】

働き方革命、生産性の向上、時間効率…
このような言葉がメディアでは露出し続けています。
このような改革を目指すためには、
下記の項目が満たされていることが条件です。

(1)商品自体に魅力がある(圧倒的一点突破商品がある)
(2)IT活用を積極的に行い、省人(省力)化施策を推進している
(3)幹部、管理職の意識が高い...

▽全文はこちら(今回は特別に無料でご覧いただけます)▽
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/TopConsultant/TozawaYoshichika20170907.html

▽スマートフォン向け▽
http://www.funaisoken.co.jp/m/profile/TopConsultant/tozawaYoshichika20170907.html


L..■ 第5位
【成功事例】
~弁護士法人 丸の内ソレイユ法律事務所~
弁護士と事務局とのチーム制による連携で上がる新たな事業フェーズ

従来からもっとも強みとして行ってきた離婚分野に加えて事業領域を
拡大していくために、弁護士のみならず事務局スタッフの増強も図り、
2009年は3名だった組織が今では30名規模にまでなりました。
2016年を第二創業期の 1年目と位置づけ、社員たちとスタートを切っています。

この規模になったことで、あらためて組織として体制を整える必要性を感じ...

▽全文はこちら(今回は特別に無料でご覧いただけます)▽
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/SuccessfulExample/s_137.html

▽スマートフォン向け▽
http://www.funaisoken.co.jp/m/column/SuccessfulExample/s_137.html

▽お試し会員登録で、3ヶ月間コラムが見放題!
 FUNAI メンバーズ Plus とは?▽
http://www.funaisoken.co.jp/help/privilege.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗■(4)編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

『目標・目的』

皆様も何か行動を起こすときには、
目標や目的をもっているのではないでしょうか。

「健康のためにジョギングをする」、「知識が欲しいから本を読む」
など目標や目的が明確であればあるほど行動も明確になり、
そしてモチベーションも高く保たれると思います。

今回のコラムにもあったように、従業員に主体的に働いてもらうためには、
会社の目的と、それを達成したときの未来を示すことで、
従業員一人ひとりに腹落ちした目的を持ってもらうことが
大事なのだと思いました。

ちなみに、私は今「引越しのために貯金」をしています。
目的のない頃よりは溜まるペースが早くなりましたが、
まだまだ達成には遠いようです。

(編集部:O)

----------------------------------------------------------------------

主体的に働く従業員を育てるために経営者がすべきことは?
人材採用・人材育成・組織活性化のヒントがここに
▼船井総合研究所 人材開発コンサルティング▼
http://funai-jinzai.com

あなたにぴったりの勉強会が見つかる
船井総研の経営研究会カタログ
▼デジタルブックのダウンロードはこちらから▼
http://funaisoken.ne.jp/mt/form01/study-digitalbook-dl.html

BookletやCD、ニュースレターによる、経営者向け情報サービスの決定版
▼FUNAI メンバーズ Plusとは?▼
http://www.funaisoken.co.jp/help/privilege.html


■コンサルティングのご相談は無料経営相談窓口まで
 TEL:0120-958-270(平日 9:00-18:00)
 https://www.funaisoken.co.jp/form/consulting/index.html


■船井総合研究所Facebookページ
 「いいね!」でお役立ち情報をタイムラインでチェックできます。
https://www.facebook.com/funaisoken

最後までお読みいただきありがとうございました。

───────────────────────────────────

◎ メールソフトの設定を等角フォントにしてご覧ください。

● 配信停止をご希望の会員様へ
弊社 Web サイト(http://www.funaisoken.co.jp/)にログイン後、「マイページ」の中の
「会員情報の変更」を選び、ページ下部にある「弊社からのお知らせメール」の
受け取るのチェックボックスを、はずしてください。

 

(※配信停止をご希望の方で、会員登録をされた覚えのない方へ)
 このメールに「船井総研のお知らせメール配信停止」という件名でご返信ください。
(本メルマガは会員登録されている方と、当社のコンサルタントのメールマガジンを
ご購読されている方にお送りしています。)

● メールアドレスの変更をご希望の会員様へ
弊社 Web サイト(http://www.funaisoken.co.jp/)にログイン後、
「マイページ」の中の「会員情報の変更」を選び、ご登録メールアドレスを ご変更ください。

● パスワードを紛失された会員様へ
https://www.funaisoken.co.jp/mypage/password_step01.html
よりお手続きください。

───────────────────────────────────


■ このメールマガジンに関するお問い合わせは……
webmaster@funaisoken.co.jp

発 行 元  株式会社 船井総合研究所 http://www.funaisoken.co.jp/
        東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F
編   集  株式会社 船井総研コーポレートリレーションズ

Copyright (C) 2017 Funai Consulting Inc. All Rights Reserved


 

『FUNAIメンバーズBasic』お申し込みへ